RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

ル・コルビュジエ 機械とメタファーの詩学

アレグザンダー・ツォニス、繁昌 朗(編集)
鹿島出版会、2007年、240ページ
ISBN=4306044661

> 10+1 DATABASE内「ル・コルビュジエ 機械とメタファーの詩学」検索結果 (251件)

[インタヴュー]

堀口捨己 モダニズムから「日本的なもの」への転回 | 磯崎新日埜直彦

Sutemi Horiguchi: Turning from Modernism to "Japan Style" | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...おける近代建築史のストーリーとして、例えば・コビュジエのアトリエに前川國男さんや坂倉準三... ...の論文を引用しました。 私はかつてギリシャのパテノンの傍に立ったことがあった。(…中略…)ギ...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.187-197

[論考]

住宅の廃墟に──建築家と住居をめぐる七つの物語 | 五十嵐太郎

On the Domicile's Ruins: Seven Tales of Architects and Domestic Spaces | Igarashi Taro

...フィンドレイ・パ−トナ−シップ《トラス・ウォ−・ハウス》1993 内部と外部が連続したかのような、... ...−の賜物である例えば、小さな家には古い暖炉とブーの絨毯と子犬と〈あなた〉が存在せねばならな...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.130-145

[インタヴュー]

五旗会、『現代建築愚作論』、 スターリニズムからの脱却 一九五〇年代における建築運動とその思想性 | 磯崎新日埜直彦

Goki-kai, GENDAI KENCHIKU GUSAKURON, Breaking Away from Stalinism: Architecture Movement and Ideology in the 1950s | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...げられますが、むしろ重要なのは都市をアイロニカに見ていく視線がここにまとめられたいくつかの... ...され、モダニズムの英雄的な建築家像とは異なるオタナティヴな建築家像がそこで模索されていたわ...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.169-176

[インタヴュー]

『日本の都市空間』の頃──『建築文化』、「間」展、デリダ | 磯崎新日埜直彦

Around "Japanese Urban Space": "Kenchiku Bunka","MA-Espacel Temps auJapon", Festival D'Automne á Paris,Jacques Derrida | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...では、「間(イマジナリー・スペース)」「シンボ」「見えない都市」といったそれ以降の思考に連... ...ばしていて、それはとうていサンプリングやフィードワークという枠にとどまるものではありません...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.187-199

[建築の還元 1]

関係の切断 | 南泰裕

Severing Relations | Minami Yasuhiro

...の破片がしみ込んでいる。二〇世紀の初めに、マ・デュシャンがその一角を鮮やかにひき剥がし... ...マクスがその問題を先取りした。マクスは都市と農村との分離から交通Verkerを見出したが、マク...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.2-12

[オルタナティヴ・スペース 3]

屋上の過激な使い方 | 貝島桃代

On the Radical Usage of Roofs | Kaijima Momoyo

...問題。テラーニや・コビュジエにあって、ミースに無いものなんだ? ……答えは屋上。 九八年水... ...り、明かり採りのために突き出した五つの階段ホー塔屋、それらを繋ぎ日陰を提供するキャノピーと...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.32-34

[建築の解體新書 4]

テニヲハと納まり | 岡崎乾二郎中谷礼仁

The "Te-Ni-Wo-Ha" Particles and Harmony | Okazaki Kenjiro, Nakatani Norihito

...る試みでした[註参照]。不思議なことに、ヘーゲ的美学を援用した井上充夫氏よりも、さらにはそ... ...にも包み込まれた入れ子、懸詞の変転によるロジカ・タイプの違犯などなど。これらにほぼぴたりと...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.13-26

[建築の還元 2]

表現することの方法と基準をめぐって──建築的還元 | 南泰裕

On the Methodology and Criteria of Representation: Architectural Reduction | Minami Yasuhiro

...了解は、近代を価値づけている関係主義的なベクトに広く包含されうるものである。その最も分かり... ...持ちすぎているように感じられることなのだ。 エンスト・カッシーラーは関係(関数)という概念を...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.2-12

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 3]

魚座の建築家、フランク・ゲーリー──路上から転がり続けること | 五十嵐太郎

Pices Architect, Frank Gehry: From the Road, Still Rolling | Igarashi Taro

...ぎ神戸に近づくにつれて、雨漏りを防ぐ青いビニーシートをかけた屋根が増えるのが見え、電車の窓... ...コンストラクションへの批判として、それがリテラに建物を傾けたり、歪めているというのがあった...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.243-253

[都市の傷痕とRe=publik 4]

広場嫌悪とスタイルの増殖 | 柿本昭人

Agoraphobia and the Propagation of Style | Kakimoto Akihito

...つれた表情。携帯電話から恋人に待ち合わせのメーを送る。恋人のオフィス。デスクの上のパソコン... ...の場所は夕刻の繁華街(「梅田」なので関西ローカのCMかもしれない)。J-PHONE「スカイウォーカー」...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.28-29

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 1]

ヴィリリオ/パランからジャン・ヌーヴェルへ──転回点としての一九六八年 | 五十嵐太郎

From Virilio/Parent to Jean Nouvel: Turning Point 1968 | Igarashi Taro

...ようになった。 当時まだ一〇代の少年だったポー・ヴィリリオは、この夏にそれまで近づくことの禁... ...ャン・ヌーヴェはフランスで生まれた。 パリは燃えていた 一九六八年、パリのカチェ・ラタンで...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.213-224

[論考]

ル・コルビュジエ・ソニエ著『建築をめざして』初版本の謎について | 伊從勉

An Enigma of the first Edition of Ver une Architecture by Le Corbusier-Saugniere | Tsutomu Iyori

...  共同の署名「・コビュジエ・ソニエ」:オザンファンの証言 1-2     「・コビュジエ・ソニ... ...れ」から「私」への変更:「・コビュジエ・ソニエ」から「・コビュジエ」への序章 2-3    改...

『10+1』 No.11 (新しい地理学) | pp.199-220

[インタヴュー]

建築家の言説──建築、建築家、書くこと | マーク・ウィグリービアトリス・コロミーナ松畑強

Architects' Discourse: Architecture, Architect, Writing | Mark Wigley, Beatriz Colomina, Matsuhata Tsuyoshi

...まえに、まずは『カレー・ド・ラ・シウタ』誌のことを含めて、あなたのバセロナでの活動につい... ...(以下BC)──わたしが研究に興味を持ったのはバセロナ時代だったのね。わたしの実家は建築家なの...

『10+1』 No.11 (新しい地理学) | pp.41-46

[連載 7]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 7 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 7 | Yatsuka Hajime

...ネ憲章」がCIAMの内部での総決算などではなく、・コビュジエ個人のヴィジョンとしての側面が強か... ...たものとしてのCIAMの格子を取り上げた。そして・コビュジエの思想のなかに存在する二重性につい...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.177-190

[論考]

ユニヴァーサル・スペースの起源──ミース・ファン・デル・ローエvsハンナ・アーレント | 八束はじめ

The Origin of Universal Space: Mies van der Rohe vs. Hannah Arendt | Yatsuka Hajime

...1 ミース・ファン・デ・ローエの作品を美術のミニマリズムと関連づけて論じることはしばしば行なわ... ...方があるという。この論理を敷衍するとK・マイケ・ヘイズのポスト・ストラクチャリスト的な読み、...

『10+1』 No.12 (東京新論) | pp.191-200

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 6]

批判的地域主義再考──コンテクスチュアリズム・反前衛・リアリズム | 五十嵐太郎

Rethinking Critical Regionalism: Contexturalism/ Antivanguard/ Realism | Igarashi Taro

...野蛮ギャドの住宅 それは大地に「映える」のではなく、大地から「生える」建築だった。数年前、建... ...る復古主義ではない。 設計者はインターナショナ・ヴァナキュラーという言葉を使っていたように思...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.205-216

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 2]

D+Sの変タイ建築論──ポストヒューマニズムの身体へ | 五十嵐太郎

Diller and Scofidio's Perversion of Architectural Theory: Toward a Post-Humanist Body | Igarashi Taro

...変えていくことになるだろう。 一九三五年、リカド・スコフィディオ誕生。 一九五四年、エリザベ... ...とめて、新世界に高層ビのプロトタイプを根づかせたミース・ファン・デ・ローエも、同じく、一...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.249-260

[非都市の存在論 11]

《言葉》と《建築》──性差という分割 | 田中純

"Language" and "Architecture": Sexual Difference as Division | Tanaka Jun

...年七月二三日の深夜、オーストリアのザンクト・ペテンで屋外展示されていたジョン・ホワイトマン... ...シカゴから移設されたものであった。ザンクト・ペテンは一九八六年にウィーンに代わってニーダー...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.15-26

[都市の傷痕とRe=Publik 7]

《技術》と建築 | 柿本昭人

Technique and Architecture | Kakimoto Akihito

...今から七〇年前(一九三〇年)、エンスト・カッシーラーは「形式と技術」という論文のなかでこう... ...一。 前回取り上げた山陽新幹線のトンネ剥落事故とトコ大地震以降も、「どうしてまた、そんなこ...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.35-36

[CONCEPTUAL 日本建築 5]

第五章──関西普請編 | 黒沢隆

Ages of KANSA'I School of Architecture: SAMURAI culture had been grown in far east part of Japan, which fruited to SHOIN Zukuri style, and popularized over Japan under the TOKUGAWA Despotism. However, it was to be swallowed by western (KANSA'I) culture, towards modern ages. | Takashi Kurosawa

...ではないか。 箱根の山麓を掘りぬいた丹那トンネが難工事の末に開通し(一九三一)、特急「燕」が... ...かかった卒業後、欧米に建築行脚する。イタリア・ネサンス建築にいたくうたれ、さて、日本人にと...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.306-319

[連載 3]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 3 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 3 | Yatsuka Hajime

...の必要があった★一。前回に取り上げたクレマンテは彼の商務省に技術部を新設し、そこに鉱山技術... ...介者でもあったアンリ・=シャトリエ(後にコレージュ・ド・フランスやソボンヌ大学で教鞭も執...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.291-305

[景観の視学/史学/詩学 5]

街の記憶とマテリエル──パリ | 南明日香

Memories of the Cities and Material: Paris | Minami Asuka

...市のレ・アー地区再開発は、歴史と物語を過剰なまでに背負った住民と行政と建築家グープの、思... ...二年に、整備された中央市場にする目的で、バターの設計による鋳鉄建築の一〇のパヴィリオンが...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.28-30

[都市とモードのフィールドノート 4]

インティメイト・アーキテクチャー | 成実弘至

Intimate Architecture | Hiroshi Narumi

...ば建築やモダン・デザインを特集するライフスタイ雑誌があふれている。 これまで建築とファッショ... ...」の順番に進むという。彼はDCや欧米ブランド、グメのブームに続いて、つぎは住空間がトレンドにな...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.34-36

[現代住宅論 1]

現代住宅の諸問題 1──なぜサステイナブル・デザインなのか | 難波和彦

Contemporary House Issues 1: On Sustainable Design | Namba Kazuhiko

...』 (彰国社、1999)実験住宅「アミエコハウス」 本年九月から「アミエコハウス」[図4・5]の解体... ...調査が実施されることになった。この住宅はアミニウム合金を主構造とする実験住宅として一九九九...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.200-209

[現代建築思潮]

討議:フォールディング・アーキテクチャー 横山太郎──《横浜大さん橋国際客船ターミナル》/ジン・ヨハネス──プロジェクト・スタディを交えて | 日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝横山太郎ジン・ヨハネス

Folding Architecture: Crossing Views; Taro Yokoyama, "Yokohama International Port Tarminal", Gin Johannesヤ Project Studies | Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka, Yokoyama Taro, Gin Johannes

...フォーディング・アーキテクチャー──その実践の系譜 ソフィア・ヴィゾヴィティ  日埜直彦|訳 ... ...おけるまったく新しい建築を求める議論からフォーディングは登場した☆一。ここで簡潔にその系譜...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.47-62

[現代建築思潮]

討議:建築家の有名性の生産、流通および消費 | 南後由和成実弘至日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝

Producing, Distributing and Consuming Architectural Fame | Yoshikazu Nango, Hiroshi Narumi, Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka

...在、例えば世界的なファッション・ブランドであるイ・ヴィトンやプラダなどのショップの設計を有... ...uter Williamsonが、例えばフランク・ロイド・ライトやイス・カーンなどの建築家が有名性を獲得する与...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.27-44

[1990年代以降の建築・都市 16]

ユートピアとしての平壌 | 五十嵐太郎

Utopia Pyongyang | Igarashi Taro

...訪れた人が少ないからではない。もともとは、ワードカップの予選で日本×北朝鮮の試合が平壌で開催... ...裏を勝手に歩くことはありえない。市内はすべてクマで移動し、不測の事態が起きないよう、一般市...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.23-25

[建築の還元 3]

表現することの方法と基準をめぐって──純粋化への意志 | 南泰裕

On the Methodology and Criteria of Representation The Will to Purification | Minami Yasuhiro

...応答は、次のようなものだった。新しさ。ディテー。プロポーション。社会性。快適性。有用性。環... ...、もっとも強い純粋化への意志=強度を持つベクトの磁場がそこに発現する。諸々の事態の単純化は...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.189-199

[建築とイマージュ 7]

舞台(セーヌ)について──あるいは言語の病理学が明らかにするもの | 松岡新一郎

Une réflexion sur la scène: Clearing Up the Pathologies of Language | Matsuoka Shinichirou

...とだ。 2 我々が参照した辞書の編者であるエミー・リトレが一八八〇年に、『言葉の病理学、あるい... ...いるというかのように。言語(ヴェブ)の代わりに言葉(パロー)を語ること自体がすでに病的(...

『10+1』 No.11 (新しい地理学) | pp.30-32

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 8]

ミレニアムの都市(後編)──ディズニーランド化×マクドナルド化 | 五十嵐太郎

The City in the Millenium Part 2: Disneylandization vs. McDonaldization | Igarashi Taro

...カのディズニーワードでは、マイケ・グレイヴスの設計した《スワン・ホテ》がオープンした★... ...計者による《ドフィン・ホテ》も登場する。いずれも名前の通りに巨大な白鳥やイカが付随した...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.200-212

[論考]

南方主義建築の系譜──南のモダニズム・フランス植民地での実践 | 大田省一

A Genealogy of the Architecture of "Austral-ism": The Modernism of the Equatorial South in French Colonial Practice | Ota Shoichi

...、《アジェ総督府庁舎》(設計ジャック・ギオーシャン[Jacques Guiauchain]、アジェリア・アジェ... ...地」と呼ばれた)と乾燥地域向け(同様に「セネガ型植民地」と呼ばれた)にそれぞれ特化したもの...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.195-204

[循環する都市 2]

手探りの文化復興──谷崎潤一郎『春琴抄』再読 | 丸川哲史

The Renaissance of Cultural Groping: Re-reading Tanizaki Jun'ichiro's "Shunkin-sho" (A Portrait of Shunkin) | Tetsushi Marukawa

...堺を見たポトガ宣教師の報告を通じて見るならば、当時の堺は、日本国中他にその右に出でるもの... ...部分に出て来る文章だが、まさにこのエクリチューは、「輪郭(りんかく)の整った瓜実顔(うりざ...

『10+1』 No.24 (フィールドワーク/歩行と視線) | pp.193-200

[現代住宅研究 2-4]

〈エスプリ・ヌーヴォー型〉 | 塚本由晴

Pavillon de l' Esprit Nouveau | Tsukamoto Yoshiharu

...いて建設された《エスプリ・ヌーヴォー館》(・コビュジエ、一九二五)[図1]は、集合住宅の一... ...ブの小屋として作られた、分譲マンションのモデーム、ということになろうか。《エスプリ・ヌー...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.21-25

[建築の言説、都市の言説 5]

ゲシュタルトのユートピア──コーリン・ロウ──透明性の翳り | 大島哲蔵

Gestalt Utopia: Colin Rowe's --Blurring of Transparency | Oshima Tetsuzo

...。そこでの教育は一般的なカリキュラム──ボザー、バウハウスの折衷──で充分間に合ったはずだ... ...点を導入することを決断した。というよりヴァーク研究所で修得した「正統的な」建築観を背景...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.26-28

[論考]

二〇世紀日本建築の「悦ばしき知識」──丹下研究室の国土・都市・建築 | 豊川斎赫

Japanese Architecture of The 20th Century: "La gaya scienza": The Research of Regional, Urban, and Architecture in Tange Laboratory | Saikaku Toyokawa

...光が当てられ、焼け野原というタブラ・ラサに・コビュジエを模して勝手気侭に引いたお遊戯的都... ...変貌を遂げる過程で、国土・都市・建築・ディテーを連関させた丹下研の手法と思想に迫った。 丹下...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.80-95

[論考]

「批判的工学主義」のミッションとは何ですか?2── 「虚の不透明性」をめぐる空間概念編 | 柄沢祐輔

What is the Mission of "Critical Engineering-ism" ? 2: "Phenomenal Opacity" and the Spatial Concept | Yuusuke Karasawa

...use》(二〇〇五)、妹島和世の《鬼石町多目的ホー》(二〇〇三)、これらの空間には近代建築の空... ...ロウは『マニエリスムと近代建築』において、・コビュジエの建築に代表される近代建築の特質を...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.96-97

[鼎談]

アルゴリズムで表層と深層を架橋せよ | 柄沢祐輔南後由和藤村龍至

Cross-link between Superficial Layer and Deeper Layer with Algorithm | Yuusuke Karasawa, Yoshikazu Nango, Ryuji Fujimura

... 藤村龍至──世界経済のグローバな動きの反映として、高層ビの林立のような現象が起こっている... ...ことはあると思います。しかし、そうしたグローバな動きによって都市がドラスティックに変容しつ...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.62-75

[論考]

「美術館都市」は可能か? | 暮沢剛巳

Is the "Art Museum City" Possible? | Kuresawa Takemi

...Q──最近、六本木アート・トライアングってよく聞くけど、あれって何のことなの? A──ここ数年... ...館が開館したじゃない? そのなかでも、六本木ヒズの森美術館、乃木坂の国立新美術館、それに東...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.132-133

[論考]

「空間」と「経済」のデュアリティ 五〇—六〇年代アメリカ・アーバニズムの深層 | 唯島友亮

Duality of "Space" and "Economy": The Depth of United States Urbanism in the 50s and 60s | Yusuke Tadashima

...あった。 1 アーバンデザインの展開──フィラデフィアvs.ボストン 五〇年代アメリカの建築・都市計... ...ラデフィアのペンシヴァニア大学は一九五〇年に、当時ハーヴァードで教鞭をとっていたホムズ...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.161-172

[論考]

20 Years Before 1960. And Now──内田祥文から見える今の世界 | 金子祐介

20 Years Before 1960. And Now: Today Seen by Yoshifumi Uchida | Yusuke Kaneko

...・コーハースに対して磯崎新が「彼がもう少し長く生きていれば丹下健三の最大のライヴァになっ... ...一三)年生まれだから丹下と同年であり、ライヴァ、友人として親しく交わったといわれる。内田の...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.114-120

[論考]

50 Years After 1960──グローバル・シティ・スタディーズ序説 | 八束はじめ

50 Years After 1960: Introduction to the Global City Studies | Yatsuka Hajime

...のバベの塔?(実際、早大の尾島俊雄研究室の、人口三〇〇〇万を収容する高さ一万メートの構造... ...物の構想は「バベ」と呼ばれた[図3])。 私の研究室では、この数字の根拠を問うべく、くだんの長...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.62-76

[論考]

ユルバニスムをめぐって | 松田達

Concerning the "Urbanisme" | Matsuda Tatsu

...クソン世界において一般的になっているだけで、ゲマン世界、ラテン世界においてはまったく異なる... ...いては都市建設 Städtebauが、フランスにおいてはユバニスムurbanismeが対応しているが★一、いずれも「...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.160-168

[インタヴュー]

トレーシング・ザ・藤森照信 | 藤森照信中谷礼仁清水重敦青井哲人

Tracing Terunobu Fujimori | Fujimori Terunobu, Nakatani Norihito, Shimizu Shigeatsu, Aoi Akihito

...中谷礼仁──まずはタイトの「トレーシング・ザ・藤森照信」について若干説明しておきます。私た... ...分野から自らの活動を始めました。あらゆるジャンでもそうですが、そこには必ず先達者がいる。特...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.54-77

[論考]

ジャン・プルーヴェの工場製・組立住宅における実験的試み | 山名善之

Jean Prouvé's Experimental Built-up House as Factory Products | Yoshiyuki Yamana

...〇世紀という工業化の時代を生き抜いたジャン・プーヴェ(一九〇一─一九八四)がコンストラクタ... ...レ・ステヴァンス、トニー・ガニエ、ボードワン&ロッズ、・コビュジエなどフランス近現代建...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.90-97

[論考]

アンビルトの実験住宅の系譜──その必然性について | 今村創平

Genealogy of the Unbuilt-Experimental Houses: On Its Inevitability | Imamura Sohei

...は、アンビトの実験住宅について見ていくのだが、そもそも実体を持つ建築というジャンにおいて... ...で、まずは住宅に限らず、建築全般におけるアンビトについて考えてみる。 計画が頓挫してしまい実...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.98-104

[インタヴュー]

岸田日出刀/前川國男/丹下健三──日本における建築のモダニズム受容をめぐって | 磯崎新日埜直彦

Hideto Kishida, Kunio Maekawa and Kenzo Tange: On Adoption of Modernism-Architecture in Japan | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...あると主張します。この運動は戦前のアヴァンギャドの運動の型を受け継いでいます。、政治と芸術... ...行大森支店襲撃事件(一九三二)──銀行をピストをもって襲撃して、党の活動資金を奪った──と...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.149-158

[論考]

となりの超高層 | 吉村靖孝

The Skyscrayper Next Door | Yoshimura Yasutaka

...人物の地位が居場所の高低へと翻訳され、超高層ビに支配者、地下世界に労働者という、無声映画で... ...のまま息づいているからである。いまだに超高層ビは成功者の場所であり、富と権力の在処である。...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.120-125

[インタヴュー]

景観の現在──グローバリゼーションのなかでの変容 | 隈研吾今村創平

Contemporary Landscape: Transformation in Globalization | Kuma Kengo, Imamura Sohei

...創平──ここ数年のことですが、表参道ヒズや六本木ヒズ、あるいは汐サイトなどができたことに... ...イラインが壊れるような場合ですね。唐突に高いビなどが建つと、それまでのバランスを崩し、結果...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.82-93

[翻訳]

新加被歌的路(シンガポール・ソングラインズ)☆一──ポチョムキン・メトロポリスのポートレート あるいは 三〇年のタブラ・ラサ | レム・コールハース太田佳代子八束はじめ

Singapore Songlines: Portrait of a Potemkin Metropolis... or Thirty Years of Tabula Rasa | Rem Koolhaas, Kayoko Ota, Yatsuka Hajime

...いう古い中国信仰。 シンガポーのグリーンプラン:われわれはブドーザを適正な場所に導きたい。 ... ...イムズ紙』一九九〇年五月二七日 私はシンガポー港で八歳になった。上陸はしなかったけれども、臭...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.173-197

[対談]

グローバル・シティ・スタディーズの諸相 | 今村創平八束はじめ

Aspects of the Global City Studies | Imamura Sohei, Yatsuka Hajime

...始めるのはどうでしょうか。ドバイは、中近東のガフ(湾岸地域)と呼ばれるエリアのなかにある、UA... ...が伝えています。またレム・コーハースのような人がかなりのエネギーを割いてリサーチやプロジ...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.217-227

[建築とイマージュ 2]

円柱論のための覚え書きI──有限と無限の対立 | 松岡新一郎

Notes for a Theory of the Pillar 1: A Confrontation between the Finite and the Infinite | Matsuoka Shinichirou

...元した上でそこからさまざまな 隠 喩 (メタフオー)を読みとる、建築に対するそうした理解の仕方... ...は可能な限り禁欲的であること、われわれが〈スカパの疑い(ドウト)〉と呼んだのはそうした姿勢...

『10+1』 No.06 (サイバーアーキテクチャー) | pp.31-33

[建築の言説、都市の言説 1]

構築者のテクストまたはアーキテクトの罠──六〇年代を牽引したプロタゴニストの遍歴と漂着 | 大島哲蔵

Builder's Texts and Architects' Traps: Charting the Course of a Few Sixties Protagonists | Oshima Tetsuzo

...重層的で全体性のあるものに押し上げて行く。 ・コビュジエは一九二三年に『Vers une architecture』を... ...、それは六年後に早くも邦訳出版され、そのタイトは『建築芸術へ』だった。磯崎新氏が六〇年代に...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.28-29

[翻訳]

白く燃え上がる彼方──都市の哲学に関するノート | ダヴィド・D・エキモヴィッチ+田中純

Burning White Beyond──Notes on the Philosophy of the City | David Deyan Ecimovich, Tanaka Jun

...てそれは、マチメタファーの形でこそ存在する。最も直接的にそれが示すのはハプスブク帝国終焉... ...って、国内および国際レヴェで同時にその反映を見た。したがって、マチメタファーであることに...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.245-262

[建築の言説、都市の言説 4]

写真者のテクスト──建築写真術の過剰 | 大島哲蔵

Text for Photographer: An Excess of Architectural Photography | Oshima Tetsuzo

...一貫したラインで成立していたわけだが、そのレーの布設が一人の傑出した技能と直感力の持ち主の... ...能なザッハリヒでニュートラなアングが確立された。個別のスケーと性向を秘めた撮影対象──...

『10+1』 No.08 (トラヴェローグ、トライブ、トランスレーション──渚にて ) | pp.28-31

[千年王国論(六)]

計画の王国の挫折の彼方に | 八束はじめ

Millenarian Theory 6: Beyond the Collapse of the Planned Kingdom | Yatsuka Hajime

...、調和のイメージを築こうとしたユートピア・モデと重なっている。ユートピアは計画の王国だが、... ...挿がある。あるいは飛躍がある。それは未知のモデに基づいているが故にユートピア(無場所)なの...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.216-226

[グローバリズム 5]

グローバリズムの彼岸と此岸 | 八束はじめ

Paramita and Otherside in Globalism | Yatsuka Hajime

...江デタ):スーパーバブ=一九七八以降  PART 2 前回に引き続いてハーヴァードの「珠江デタ」の... ...部分はあるのでお断りしておく。 もともと珠江デタは両端に香港とマカオを抱えている。返還に備え...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.190-206

[論考]

建築場理論とは何ですか? | 松川昌平

What is Architectural Place Theory? | Shohei Matsukawa

...『10+1』No.49の拙論「アゴリズム的思考とは何か」のなかで、「アゴリズム的思考」とは「建築に限... ...。そこで本稿では本特集の形式を踏襲して、シンプながらしかし建築において本質的な問いを複数用...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.102-103

[インタヴュー]

エーゲ海の都市/見えない都市/霧状のモナド──都市構造とアーバンデザインの方法をめぐって | 磯崎新日埜直彦

Aegean City/ Invisible Cities/ Misty Monad: On Urban Structure and Urban Design Methodology | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...つかあります。そのうちのひとつ、『朝日ジャーナ』(一九六五年一月三日号)に「空からの視角」... ...かじめ計画も情報もまったくないから、まずはホテに行って、フロントでいろいろ聞いて、それから...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.167-175

[インタヴュー]

アルゴリズム的思考の軌跡をめぐって | 磯崎新柄沢祐輔

In the Footsteps of Algorithmic Thinking | Isozaki Arata, Yuusuke Karasawa

...ほか訳、東大出版会、一九七三)、テイヤー・ド・シャダン『Le Phénomène Humain』(邦訳=『現象と... ...トムソンにひそんでいます。むしろテイヤー・ド・シャダンの人類の宇宙意識への生長溶解のイメ...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.72-81

[リード]

建築におけるアルゴリズム的思考 | 柄沢祐輔

Algorithmic Thinking in Architecture | Yuusuke Karasawa

...「アゴリズム的思考と建築」という特集を組むにあたって、まず建築におけるアゴリズムとは何か... ...アゴリズムとは言葉の正確な定義において算法、算術のことである。それでは、建築におけるアゴ...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.70-71

[インタヴュー]

アルゴリズム的思考と建築の「新しいリアル」 | 伊東豊雄フロリアン・ブッシュ柄沢祐輔

Algorithmic Thinking and "The New Real" in Architecture | Ito Toyo, Florian Busch, Yuusuke Karasawa

...セシ・バモンドとのコラボレーション 柄沢祐輔──伊東さんはロンドンの《サーペンタイン・ギャ... ...》などのセシ・バモンドさんとのコラボレーションを経て以来、構成に独特のを与える方法...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.82-93

[インタヴュー]

新たな秩序の現われとして | 藤本壮介柄沢祐輔

A New Order Breaking Out | Fujimoto Sosuke, Yuusuke Karasawa

...──アゴリズムとは、建築の文脈でいうと、建築の構成に明示的なを与えて、そのを積... ...グさせて建築を設計する立場のことです。なにかを発見したときに、それを広く提示し、同時に...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.94-102

[翻訳]

何が(実際のところ)なされるべきなのか?──MVRDVの理論的コンセプト | バート・ローツマ松田達桑田光平

What is (really) to be Done?: The theoretical concepts of MVRDV | Bart Lootsma, Matsuda Tatsu, Kohei Kuwada

...計画を連続したフィードとして捉える方法を発見したことであり、そのフィードのなかで彼らはさ... ...さまざまなレヴェについて、さまざまなコンテクストのなかで、さまざまなスケーにおいて、建築...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.136-148

[非都市の存在論 7]

メモリー・クラッシュ──都市の死の欲動(ドライヴ) | 田中純

Memory Crash: Desiring the Death of the City | Tanaka Jun

...1 都市と死──記憶のエクリチュー 建築家であり、かつてユーゴスラヴィアの首都ベオグラードの市... ...クリチューの概念とは大きく重複しており、都市とは強力な〈超=言語的エクリチューのシステム...

『10+1』 No.11 (新しい地理学) | pp.16-27

[技術と歴史 1]

文化財になったアメリカの未来住宅 | 松村秀一

The American Future House Registered as Cultural Properties | Matsumura Shuichi

...プリントのうち一枚目は、《ガラスの家》と 《アミネア》という二つの住宅をセットにしてあります... ...のです──とピエー・コーニッグがやった《ケーススタディハウスno.22 スター邸》という非常に有...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.180-193

[一九九〇年代以降の建築・都市 13]

仏教とメタボリズム──黒川紀章論 | 五十嵐太郎

Buddhism and Metabolism: Kisho Kurokawa | Igarashi Taro

...壁という既成概念から組み立てるのではなく、エネギーの流れを反映して、まったく異なる構造を考... ...メタボリズムを唱え、社会の「動民」化と、カプセ建築の到来を予言していた。未来に対する楽観的...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.37-39

[視覚の身体文化学 2]

色のショック体験 | 榑沼範久

Shock Experience of Colors | Kurenuma Norihisa

...なかったこと。それどころか、世界の表面はカラフであり、色はわれわれが生きていくための情報で... ...ソン『視覚世界の知覚』(一九五〇)と同時期のオダス・ハクスリー『知覚の扉』(一九五四)が描...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.33-34

[現代建築思潮]

物質と形式──建築における想像力の問題 | 佐々木一晋田中陽輔今村創平今井公太郎日埜直彦

Material and Form: On Imagination of Architecture | Sasaki Isshin, Tanaka Yosuke, Imamura Sohei, Imai Kotaro, Hino Naohiko

...ヘツォーク&ド・ムーロン『Natural History』を読む  佐々木一晋+田中陽輔 佐々木──今日は「素材の... ...コンテクスト」と題して、ヘツォーク&ド・ムーロンの『Herzog & De Meuron: Natural History』(Lars M殕ler, 2002...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.49-56

[CONCEPTUAL 日本建築 2]

第二章──展開編 | 黒沢隆

Being Signified: SHOIN zukuri Style was a ontology of visual signification. This is the reason why SUKIYA has not been only a free style, but the creation through semantic shift of every term (elements) which consist of the ontology. | Takashi Kurosawa

...祠後(うしろ)の待合[まちあい=当時のラブホテ]岡目に往きて復び飲む。秀梅欷戯[ききょ=す... ...衷、中廊下式間取りのハイカラな家だ。建て主はベギー系帰化人。谷崎は『陰翳礼讃』を書く一方、...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.208-221

[技術と歴史 7]

歴史のなかの都市グリッド | 伊藤毅

The Urban Grid in History | Ito Takeshi

...ことができず、人類文化という点では何平方メートかの土地を意味するにすぎなかった。アメリカ、... ...ギリスの小説家ディケンズは一八四二年にフィラデフィアを訪れ、その感想を述べています(『アメ...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.213-224

[連載 8]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 8 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 8 | Yatsuka Hajime

...17 機能主義という抽象モデ ・コビュジエの一連の都市計画のモデは機能主義的ともいわれるわ... ...ろん、機能主義モデは彼の専売でもオリジナでもなく、彼は普遍化できるモデとして構想してい...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.198-212

[現代住宅研究 6-2]

| 塚本由晴

Window | Tsukamoto Yoshiharu

...やリテラな透明性は、「敷地」、「量塊」の持つ避け難さへの抵抗だと言えるし、・コビュジエ... ...窓から、ミースのガラス壁、そしてカーテンウォーに至るまでの展開は、壁をなくすというよりは、...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.23-28

[1990年代以降の建築・都市 6]

九坪ハウス考 | 五十嵐太郎

On "Kyutsubo House" | Igarashi Taro

...た[図3]。わずかな変更はあるものの、オリジナの最小限住宅と同じサイズ、同じ構成である。建築... ...ではなく、九坪の家に暮らすという、ライフスタイそのものなのだ」と述べている。前述のシンポジ...

『10+1』 No.30 (都市プロジェクト・スタディ) | pp.184-193

[CONCEPTUAL 日本建築 7]

第七章──作庭編 | 黒沢隆

Garden Design: Gardening is important matter in architectural design always. However, garden and building have been continual one-body, specially in Japanese residencial architecture. Furthermore, it is not inner-garden (patio), but the tempered environment of fruitful nature it's own. It may be able to say 'No-wall civilization' in all means. | Takashi Kurosawa

...すれば、「豆砂利入りモの流い出し」仕上げだ。 そもそも、モとはセメントと砂(細骨材... ...わざ「豆砂利入りモ」という。これを打って、乾くまえに、ハケでモを洗い出して豆砂利...

『10+1』 No.42 (グラウンディング──地図を描く身体) | pp.186-200

[連載 4]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 4 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 4 | Yatsuka Hajime

...ロシア・アヴァンギャドの文章であったら、そう訳さねばならないが、・コビュジエはそれに「... ...この読みは否定される。二〇世紀建築の革命児・コビュジエの文章としてみてしまうと、この読み...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.159-176

[現代建築思潮]

討議:バルセロナ・オリンピック──都市の成長と発展 | 梅岡恒治岩元真明今浦友恵今井公太郎今村創平日埜直彦吉村靖孝

Barcelona Olympic, The Growth and Development of Barcelona City | Koji Umeoka, Masaaki Iwamoto, Tomoe Imaura, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka

...セロナの成長と発展を取り上げることにします。その理由としては、バセロナが一九九二年のバ... ...に評価されていることが挙げられます。今回は、バセロナの都市誕生から現代に至るまでの都市史を...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.64-72

[連載 6]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 6 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 6 | Yatsuka Hajime

...ること(名付けること)と配置すること 15-3 バベの塔としてのCIAM 近代都市計画の原点ないし聖典の... ...イツ語圏の(主に左翼的な)建築家/計画家と・コビュジエたちとの間の綱引きがあった。全般的...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.198-211

[CONCEPTUAL 日本建築 8]

第八章──モダニズム編 | 黒沢隆

Back to the MODERNISM: Through the hard researchs of 'Japonisme' by the Japanese and French estheticians or comparative culturists in 1980's, it was excavated clearly, that Impressionism in painting, Illustration in printed media, DESIGN itself on products, those were revelated deeply from the Japanese arts and crafts at that time. But, it was lapsted out from the memory as time went on. However, each time, that Modern Design specially in architecture, have built the new stage, Japan esthetics appeared again and again, deeper and deeper, finally to Mies (a last period of the prosperous Modern Times, may be). Nevertheless, 'semiologie' --one of core charactor of Japan esthetics--, has been cleared off at the new design activities. | Takashi Kurosawa

...色の濃い画風。P・セリュジェ、A・オーリ、J・ヴェカット、M・ドニなど)、ナンシー派、ラファエロ... ...州立大学などの客員もつとめた。最初のバイリンガ書だった『日本建築図集』はいまも相模書房から...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.222-237

[技術と歴史 5]

近代建築における素材について──伝統と革新 | 安田幸一

On the Material in Modern Architecture: Tradition and Innovation | Koichi Yasuda

...と思います。 最近の建築の特徴として、ディテーのつくり方が少し変わってきていると感じています... ...、その変曲点、つまりエッジやコーナーでディテーは発生してきました。それをうまく納めるのが建...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.212-221

[現代住宅論 2]

建築の四層構造 | 難波和彦

Four Layers of Architecture | Namba Kazuhiko

...今回はサステイナブ・デザインの理論的根拠について考えてみたい。そのために、まず建築を総合的... ...ることから始めよう。 ローマ時代の建築家ウィトウィウスは、建築を三つの条件によって定義してい...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.225-233

[連載 9]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 9 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 9 | Yatsuka Hajime

...17─4  アパトヘイト都市? 近代都市計画の最も基本的な構成要素を、面と線、つまりゾーニングの画... ...まで小さなコミュニティ・モデの域を出ず、後者はイメージとスタイを出るものではない(それに...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.182-199

[現代住宅論 7]

技術と歴史 | 難波和彦

Relationship of Technology and History | Namba Kazuhiko

...前回の「建築的無意識」では、ヴァター・ベンヤミンの「複製技術時代の芸術作品」からヒントを得... ...ことなのだ。 ヴァター・ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」 『ボードレー他五篇』(野村修編...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.277-285

[技術と歴史 12]

デザイン・マインドと資本とのあいだで | 山名善之

Between Design Mind and Capital | Yoshiyuki Yamana

...山名善之──ジャン・プーヴェは、家具デザイナー、エンジニア、プレファブの始祖という言い方が... ...によって生み出されたものであります。しかし、プーヴェに対する私の興味はそこだけに留まらず、...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.252-262

[図版構成4]

shrinking cities × fibercity @ akihabara 縮小する都市に未来はあるか? ファイバーシティ二〇五〇 | 大野秀敏

shrinking cities × fibercity @ akihabara: Is there a Future beyond Shrinking? fibercity 2050 | Hidetoshi Oono

...実に現実化しました。エベネザー・ハワードや・コビュジエなどの建築家は、二〇世紀のために都... ...うな未来都市を描いて見せました。 その後、オイショックを挟んで、先進諸国が新自由主義的政策を...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.168-171

[会議2日目「福利更正」]

小論4:田園都市はなぜまるい? | 岡田愛

Column 4: Why Garden Cities are Round? | Okada Ai

...園都市、レッチワース(一九〇三)[図3]とウェウィン(一九一九)。これらはともに田園的居住や... ...るロンドンに懸念を抱き、都市の規模はコントローされるべきであると考えていたのだ。均質なグリ...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.108-109

[福岡]

福岡リビングコンディション──GAO/ゴースト・アーキテクト・オフィスのためのコレクション──もうひとつ別の現実:シミュラークルプロジェクトとしてのドットシティ | 石田壽一九州芸術工科大学石田研究室

Fukuoka Living Conditions: Collection for the GAO/Ghost Architects Office Dots City as the Simulative Project for the Another Alternative Reality | Ishida Toshikazu, Kyusyu Institute of Design Ishida Lab.

...研究室とのコラボレーションプロジェクトのタイトである[図1─10]。プロジェクトは「GAO:ゴース... ...ユニット(アトリエ・ワン)に変換しているサンプを探し出し、「FLC」としてカタログ化したもので...

『10+1』 No.30 (都市プロジェクト・スタディ) | pp.156-171

[会議4日目「国土改造」]

討議4:ディスカッション──先行デザイン宣言をめぐって | 藤森照信岡崎乾二郎連鎖都市研究会環境ノイズチーム清水重敦

Discussion4: Discussion: Over "Manifesto of Preexisting Design" | Fujimori Terunobu, Okazaki Kenjiro, Enviromental Noise Element, Shimizu Shigeatsu

...ン手法について議論し、その後、最も大きいスケーの問題提起である四日目の会議「国土改造」で提... ...これはそれぞれに閉じた生活単位が勝手にスプローしていくような、アメーバが増殖するようなダイ...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.146-161

[インタヴュ―]

廃墟、空白、生成──一九五〇─七〇を俯瞰する | 磯崎新日埜直彦

Ruin, Vacuum, and Genesis: Looking Back over the 1950s to 1970 | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...ますが、それがモダニズムと結合した不思議なアマガム状の指向性となってこの時期を牽引しました... ...で書かれた『日本建築愚作論』(一九六一)はベト・ブレヒトに重なって見えるし、「都市破壊...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.263-276

[現代建築思潮]

東京オリンピック計画 | 今井公太郎今村創平日埜直彦吉村靖孝金子祐介北脇将史新井崇俊安藤祐子上杉昌史桂奨東京大学生産技術研究所 今井研究室鈴木豊

Tokyo Olympic Game Project | Imai Kotaro, Imamura Sohei, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka, Yusuke Kaneko, Masashi Kitawaki, Takatoshi Arai, Yuko Ando, Masashi Uesugi, Susumu Katsura, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo, Imai Lab., Yutaka Suzuki

...している。ここで提案する計画は、それに対するオタナティヴとして、千駄ヶ谷の国立競技場から青... ...ならば、むしろ縮小を見据え、成熟した都市のモデを示す必要がある。前回より圧倒的に都市化が進...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.41-56

[現代住宅論 3]

「アルミエコハウス」の開発と実験 | 難波和彦

Development and Experiment of Alumi-Ecohouse | Namba Kazuhiko

...「アミエコハウス」の開発・実験プロセス 伊東豊雄を座長として「住まいとアミ研究会」が発足し... ...者が参加を要請され、アミニウム構造に造詣の深い構造家・飯嶋俊比古とアミニウムのデザインを...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.209-221

[インタヴュー]

丹下研究室から独立した頃およびル・コルビュジエ受容をめぐって──一九六〇年代の都市計画とプロセス・プランニングへの過程 | 磯崎新日埜直彦

After Independence from the Tange Kenzo Studio, and the Reception of Le Corbusier: Urban Planning in the 1960s and History of Process Planning | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...・コビュジエとミース・ファン・デ・ローエ受容をめぐって 磯崎新──いわゆるモダニズムの受... ...のです。その手がかりとして、・コビュジエとミース・ファン・デ・ローエがそれぞれどんな具...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.172-181

[連載 10]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 10 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 10 | Yatsuka Hajime

...六〇年の東京世界デザイン会議はメタボリズム・グープの旗揚げとなったことでも知られているが、... ...の空中写真が掲載されていた。カスバはもともとトコ人やアラブ人等がつくった城塞都市を指すが、...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.176-192

[現代住宅論 5]

モデュールの現在 | 難波和彦

The Module Today | Namba Kazuhiko

...れた展覧会「・コビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡」において、・コビュジエの《... ...トリエ》、《小さな休暇小屋(カップ・マタン)》、マセイユの《ユニテ・ダビタシオン》の住戸...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.226-233

[『日本の民家』再訪 7]

民家へ 伊豆大島編 | 瀝青会中谷礼仁大高隆

Toward "Minka": Revisiting Izu Ooshima | Rekiseikai, Nakatani Norihito, Takashi Otaka

...とときの勢いは落ち着いている。 異星のようなカデラの三原山、セライと呼ばれる定期的に方向を変... ...東京の有名大学を卒業して帰ってきた。島ではサの小説を取り寄せて読んでいたという。家は裕...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.12-27

[現代建築思潮]

討議:中間的/総括的──現代建築思潮研究会二〇〇三─二〇〇五 | 今井公太郎今村創平日埜直彦吉村靖孝

Medium-term Roundup: Contemporary Architectural Trend Studies, 2003-2005 | Imai Kotaro, Imamura Sohei, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka

...議論の新しいスタイ? 10+1──「現代建築思潮研究会」はこれから三年目に入りますが、月例で研究... ...築における「部分的/離散的」、No.35での「フォーディング・アーキテクチャー」、No.39での「建築/...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.24-28

[部屋の文化研究 4]

究極のワンルームとコーポラティヴハウス | 西川祐子

The Ultimate One-Room and the Cooperative-House | Nishikawa Yuko

...衝撃が記憶にあったからかもしれない。究極のワンームを見たと思った。建築も印象的であったが、... ...前回カンガーハウスとのつながりは、子ども中心という生きた仕掛けだろうか。カンガーハウスの...

『10+1』 No.21 (トーキョー・リサイクル計画──作る都市から使う都市へ) | pp.34-36

[現代建築思潮]

オランダ現代建築をめぐって | 今村創平今井公太郎日埜直彦吉村靖孝

On Dutch Present-day Architecture | Imamura Sohei, Imai Kotaro, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka

...し始めた。僕は彼のことをいつもインターナショナな画家だと思ってきたが、彼がオランダ人の画家... ...のレンブラント(一六〇六─六九)およびフェメー(一六三二─七五)、哲学者のスピノザ(一六...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.39-46

[トキョー・建築・ライナーノーツ 5]

オールド・ニュータウン | 貝島桃代

Old Newtown | Kaijima Momoyo

...する生活を始めた。南北一八キロメート、東西六キロメート。山の手線の内側とほぼ同じ大きさの... ...パスといい、スイス、チューリッヒ郊外のヘンケクにある、スイス連邦工科大学チューリッヒ校...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.55-58

[グローバリズム 2]

ナショナリズムとその美学化 | 八束はじめ

Nationalism and Its Idealization | Yatsuka Hajime

...T1 前回「ペキン 二〇〇三」の冒頭で引用したコーハースのテクストは、「日本に関して」という箇... ...てではなく日本の都市についてのものだった。コーハースはそれを「カオス」と形容した日本人建築...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.230-238

[ポストモダニズムと建築 2]

ポスト=古典主義としての現在 | 日埜直彦

Modernity, as Post-Classicism | Hino Naohiko

...ある。 例えば近代主義における機能主義の規範のーツをたどれば、ソクラテス(B.C.470─B.C.399)やプ... ...言えるだろう。美学の歴史においてこうした意識のーツは、ソクラテスよりさらにさかのぼるピタゴ...

『10+1』 No.33 (建築と情報の新しいかたち コミュニティウェア) | pp.40-42

[ポストモダニズムと建築 3]

『ユーパリノス』註解 | 日埜直彦

Note on "Eupalions" | Hino Naohiko

...接近して見てみたい。 思想家・詩人であったポー・ヴァレリーの一九二一年のテクスト『ユーパリノ... ...り初期に、私を恐慌状態に陥れたのはたとえばポー・ヴァレリーが『エウパリノスまたは建築家』で...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.42-44

[都市とモードのフィールドノート 3]

ファッションと建築の近さについて | 成実弘至

On Fashion and Architecture | Hiroshi Narumi

...いし着こなしが難しいので、活動的なライフスタイには向いていないと考えられている。対して洋服... ...飾様式である。マーク・ウィグリーによると、・コビュジエが発表したマニフェスト『建築へ』は...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.37-39

[現代住宅研究 5-3]

外装 | 塚本由晴

Exteriors | Tsukamoto Yoshiharu

...器タイが全面的に用いられている。曲面はさまざまな太陽入射角を受け止めることで、タイと目地... ...るやり方は、偏執狂的な草間彌生やジャン=ピエー・レイノーのインスタレーションを彷佛させる。...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.39-43

[大島哲蔵追悼]

タイポロジー──アルド・ロッシからドナルド・ジャッドまで | 大島哲蔵

Typology: From Aldo Lossi to Donald Judd | Oshima Tetsuzo

...ェ 今日はタイポロジーをめぐって、アド・ロッシからドナド・ジャッドまでお話する予定です。ま... ...めましょう。 私はかつて、イタリアの建築家、アド・ロッシの主著である『都市の建築』(福田晴虔...

『10+1』 No.29 (新・東京の地誌学 都市を発見するために) | pp.181-191

[都市観測者の手帖 7]

庶民の田園都市 | 三浦展

A Garden City for the Common People | Atsushi Miura

...がった道が嫌いだ。・コビュジエがまずそういう思想の持ち主だった。・コビュジエは書いて... ...するのはろば的なのだ。私はろばです。 さらに・コビュジエは書く。「直線は、都市の魂にとって...

『10+1』 No.28 (現代住宅の条件) | pp.37-39

[ルポルタージュ]

実験住宅訪問記──住宅における実験的試みを目撃する | 今村創平

On-the-Experimental House Coverage: See the Experimental Attempts of Houses | Imamura Sohei

...パネという木製積層パネに内外の左官仕上げをしただけの壁で作られており、それはセフビド... ...実際には建物の軽量化にも役立っている(このパネによる壁面で簡単に組み立てるという発想は、お...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.52-63

[1990年代以降の建築・都市 4]

世紀の変わり目の建築について | 五十嵐太郎

On Architecture at the Turn of the Century | Igarashi Taro

...近代都市のアー・ヌーヴォー 今から一〇〇年前、地下鉄が近代都市のシンボだった頃、パリのメト... ...ロの入口が、エクトー・ギマーの設計によって華麗に飾りたてられた[図1]。鉄がのたうちまわり...

『10+1』 No.28 (現代住宅の条件) | pp.156-166

[都市表象分析 7]

双子の死──パルチザン戦争の空間 | 田中純

The Death of Twins: Space of Partisan War | Tanaka Jun

...1 非正規性のグローバ化 二〇〇一年九月一一日、アメリカ合衆国を襲った同時多発テロは、六〇〇〇... ...させられた都市の姿は、広島・長崎やベリンから近年のベイートやサラエヴォにいたるまで、数多...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.2-11

[大島哲蔵追悼]

斜視の虎──ダッカの議会堂 | 大島哲蔵

Bozz-Eyed Tiger: National Assembly Hall in Dacca | Oshima Tetsuzo

...インド圏でのイス・カーン(一九〇一─一九七四)の足跡は、アーマダバードの経営大学(一九六二... ...る。前者はグジャラードの州都で、この地域は・コビュジエのパトロンでもあったサラバイ家に象...

『10+1』 No.29 (新・東京の地誌学 都市を発見するために) | pp.172-180

[1990年代以降の建築・都市 1]

アジアのジェネリック・シティとレム・コールハース | 五十嵐太郎

Rem Koolhaas and Generic Cities in Asia | Igarashi Taro

...に船は漂っていた。朝靄のなかから海に迫る高層ビ群と山が現われる。感動的な風景だった。もとも... ...銀行のプロジェクトに採用し、資本主義のカテドラを建設した。これらの銀行は香港の紙幣のデザイ...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.177-187

[都市表象分析 18]

「メタ世界」としての都市──記憶の狩人アルド・ロッシ | 田中純

The Urban as "Meta-World": Memory Hunter "Aldo Rossi" | Tanaka Jun

...1 建築の「情念定型」 アド・ロッシの『学としての自伝』(邦題『アド・ロッシ自伝』)は、この... ...体現するかのようなイメージとして、ロッシは「エバ島の木小屋」と題したドローイング(一九七五...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.2-12

[ミュージアム・テクノロジー随想 1]

博物館的思考あるいは記憶の劇場 | 菊池誠

Museum-Thinking or Memory Theatre | Kikuchi Makoto

...ずお目にかかれない。既設博物館の増改築のコンサティングの話があるといった程度で、日常的には... ...の活動を行なっている。 ところで去年のゼミナーで数人の学生を分担した際、さて何をやろうかとじ...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.41-42

[ミュージアム・テクノロジー随想 4]

ストックとフローのあいだに、 あるいは非同期の情報伝達テクノロジー | 菊池誠

Between Stock and Flow, or Technology for Non-Realtime Communication | Kikuchi Makoto

...触れた「メディアとしての建築」展の図録に、・コビュジエの絶筆「思考のほかに伝えうる何もの... ...急速に広まる時期に、新しい技術が可能にするリアタイム処理というのが、ずいぶんと喧伝されたよ...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.39-41

[モノとマチの向こうに見えるもの 4]

プロダクト化再考 | 北川卓松本淳

Reconsidering Design for Production | Taku Kitagawa, Jun Matsumoto

...に 最近、身の回りで愛好者が増えているポータブミュージックプレイヤー「iPod mini」の裏面にある「D... ...ア、プロダクトのフォムをデザインするプロダクトデザイナーなど、アップ社お抱えのさまざまな...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.29-31

[現代建築思潮]

討議:建築/統計/アーバン・デザイン──ビョルン・ロンボルグ『環境危機をあおってはいけない』、MVRDV「REGIONMAKER」を端緒に | 田村順子吉村靖孝今井公太郎今村創平日埜直彦

Architecture, Statistics and Urban Design: Bjo/ rn Lomborg, The Skeptical Environmentalist and MVRDV "REGIONMAKER" | Lunko Tamura, Yoshimura Yasutaka, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Hino Naohiko

...告 I─吉村靖孝 吉村──今回の研究会はビョン・ロンボグの『環境危機をあおってはいけない』(... ...ボグの著作も、テーマは違うけれども同じような問題提起の仕方をしていると言えます。 ロンボグ...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.48-56

[集中連載 2]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 2 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to History of Architectural Theory: The 1930s 2 | Yatsuka Hajime

...4 人文地理学的空間 前回に・コビュジエが「フランスの植民地事業への支持を隠さなかった」とい... ...八一年、安南=ヴェトナム一八八三年、マダガスカ一八八五年、チャド一九〇〇年、モロッコ一九一...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.194-207

[都市の傷痕とRe=publik 8]

《不定さ》を担う建築──あるいは球形の荒野 | 柿本昭人

An Architecture of "Indefiniteness," or Spherical Wilderness | Kakimoto Akihito

...築業界のドン。このドキュメンタリーに関するパネ・ディスカッションでも彼はこう述べる。 わたし... ...かってなかったのです。空間についても、ディテーについても、人がどう感じるかも、人がどうやっ...

『10+1』 No.21 (トーキョー・リサイクル計画──作る都市から使う都市へ) | pp.31-32

[技術と歴史 2]

空間構造に見る構造合理主義の系譜──近代から現代への変容 | 佐々木睦朗

A Genealogy of Structural Rationalism in Spatial Composition: Transformation from the Modern to the Present Age | Sasaki Mutsuro

...有のフライングバットレスも見えます。ヴィオレ・・デュクはゴシック建築が──フライングバット... ...ンジニアリングが好きだったようで、マジョカ島のパマ大聖堂の構造をものすごく綿密に調査して...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.208-219

[技術と歴史 4]

開放系技術について | 石山修武

On Open-Tech | Ishiyama Osamu

...中がアメリカに亡命した歴史、それからオフィスビの歴史とロケット開発、宇宙飛行物体の開発の歴... ...きたいと思います。一九一九年に始まったワイマー・バウハウスと、飛行物体の歴史が同じ歴史をた...

『10+1』 No.42 (グラウンディング──地図を描く身体) | pp.175-185

[連載 5]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 5 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 5 | Yatsuka Hajime

...のは偶然ではない★一。コンペに参加していた・コビュジエは既にその状況を知悉していたわけだ... ...に、このプロジェクトに関わっていた際にも、・コビュジエは国際連盟本部のプロジェクトの方は...

『10+1』 No.42 (グラウンディング──地図を描く身体) | pp.158-174

[現代建築思潮]

[討議/ブックガイド] 建築情報の受容再考 「正統性」から「生産性」へ/文化の受容・翻訳・発信を考察するためのブックガイド20 | 今村創平今井公太郎日埜直彦吉村靖孝

From Orthodoxy to Efficiency/ 20 Book Guides for the Study of Reception, Translation and Transmission of Culture | Imamura Sohei, Imai Kotaro, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka

...。この例のように、明治の早い時期から民間レヴェではどん欲に西洋建築を取り入れ、キッチュとも... ...は明治も四〇年近く経っていた。しかし現場レヴェでは西洋建築の導入は先んじてどんどんやってい...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.47-54

[ポストモダニズムと建築 5]

編成的指向と解釈的指向 | 日埜直彦

Compiling and Interpreting | Hino Naohiko

...真正さを求めない。極端な場合にはそれはモンテカロ・シミュレーション★一における乱数に似たも... ...フローを条件の複雑さに対応してフィードバック・ープ化したものと考えられる。計画に関わる当事...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.43-44

[都市の傷痕とRe=publik 3]

相互主観的閉所嫌悪 | 柿本昭人

The Interdependent Subjectivity of Claustrophobia | Kakimoto Akihito

...人波に包まれながら、新宿駅に向かって運ばれる。ミネの角の広い横断歩道。風に吹かれて舞う、砂... ...ある。名古屋でなら、一も二もなく、車というシェターでもって移動してしまうところだ。 それにひ...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.32-33

[インタヴュー]

「桂」/タウト──重層的なテクストとしての | 磯崎新日埜直彦

KATSURA/ Taut: As a Multilayered Text | Isozaki Arata, Hino Naohiko

...》、そして《桂》と切っても切れない関係にあるブーノ・タウトについてお話しいただければと思っ... ...います。実はこの『KATSURA』はフランチェスコ・ダ・コーがElecta社の編集長的な立場にいることから作...

『10+1』 No.42 (グラウンディング──地図を描く身体) | pp.147-157

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 4]

チャールズ、チャールズ──ポスト・モダンの折衷主義と保守主義 | 五十嵐太郎

Charles vs. Charles: Postmodern Eclecticism and Conservatism | Igarashi Taro

...二人のチャーズ 一九七二年七月一五日午後三時三二分、アメリカのセントイスでモダニズム建築は... ...死亡した。 チャーズ・ジェンクスの著書『ポスト・モダニズムの建築言語』(一九七七)は、このよ...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.226-236

[集中連載 1]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 1 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to History of Architectural Theory: The 1930s | Yatsuka Hajime

...たがう疲れを知らぬ職人である。     ポー・ヴィダ・ブラーシュ 一つの国際的な言語が、白色人... ...。      ル・コビュジエ 0 国際主義 上に引用した・コビュジエの一節が述べているのは、...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.169-179

[対談]

実験住宅と発明 個別技術が可能にしたもの | 藤森照信中谷礼仁

Experimental House and Origination: Individual Art That Enables Things | Fujimori Terunobu, Nakatani Norihito

...んど社会改良的な関心からきていますねよね。・コビュジエのドミノもそうだし、トロッケンバウ... ...見ると、近代のなかでどうやって人々の生活レヴェを上げるかという社会改良的な流れです。土浦亀...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.38-51

[論考]

偽装する住宅──非決定論的住宅論の試み | 山中新太郎

Camouflaged Housing: An Essay on an Indeterminate Theory of Housing | Yamanaka Shintaro

...兄弟の問題は、身近な問題としてつねにアクチュアなものである。しかし、個別の問題はそのままで... ...いかと。住宅はビディングタイプのひとつに過ぎないのだからと★四。住宅がビディングタイプの...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.111-120

[批評]

バウハウスの図的表現──その建築における軸測投象の使用について | 加藤道夫

Bauhaus and Graphic Representation: Architectural Applications of Axonometry | Kato Michio

...展に際して公刊された『国立バウハウス・ワイマー1919-1923』★二の冒頭に収録されたグロピウス★三... ...画の「国立バウハウス展1923の一家族住宅(アムホンの住宅)」[図1]とグロピウス設計、バイヤー★...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.185-195

[論考]

高層高密都市に潜む──ホンコン・スタイル | 木下光

Living in a High-Rise,High-Density City:Hong Kong Style | Kinoshita Hikaru

...都市を浮遊するように生活するーホンコン・スタイ ノーマン・フォスターの新しい空港ができて、啓... ...にどこまでも建物が続くのではなく、超高密な・コビュジエの「輝く都市」★一を見るようである...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.133-143

[論考]

イームズ自邸についての考察 | ビアトリス・コロミーナ後藤武

Beatriz Colomina | Beatriz Colomina, Goto Takeshi

...ームズ自邸》は生まれた。それはまったくオリジナで、まったくアメリカ的だ。 ピーター・スミッソ... ...つであった。一九七〇年にチャーズは、ハーヴァード大学のチャーズ・エリオット・ノートン詩学...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.166-181

[論考]

住居の現在形──住居の個人史あるいは脱家族──脱住居への欲望 | 芹沢俊介+隈研吾

Housing in the Present Tense: A Personal History of Housing, or: Desiring De-Domestication | Serizawa Syunnsuke, Kuma Kengo

...高級住宅地の代名詞みたいな場所です。そこにはブジョワの子弟が大勢いる。私の家は戦前からのボ... ...鵠沼の連中と付き合うようになって、彼らのスタイやインテリアもいじわるに観察していました。 芹...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.40-55

[批評]

トランスアーキテクチャー──思惟のふちを建てること | マーコス・ノヴァック五十嵐太郎

transArchitecture: Building the Edge of Thoght | Marcos Novak, Igarashi Taro

...、且つそれがイデアでもあるのである」。 ——マティン・ハイデガー「技術への問い」一九五五年 イ... ...。文字通りの足場、すなわち建設中のアーチやヴォトを支えるようなものがある。産業の足場、すな...

『10+1』 No.06 (サイバーアーキテクチャー) | pp.76-89

[インタヴュー]

篠原一男インタヴュー 一九五〇─六〇年代の建築とその言説空間 | 篠原一男石崎順一

An Interview with Kazuo Shinohara: The Space of Architectural Discourse in the 1950s and 60s | Shinohara Kazuo, Ishizaki Junichi

...が問題なのではなくて、民衆の内面にうごめくエネギーのもつリアリティを引き出し、ひとりの建築... ...るもの──の文脈で位置づけられ、その後、そのオタナティヴとして、白井晟一の荒々しい農民と武...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.166-180

[論考]

「日本近代建築」の生成──「現代建築」から『日本の近代建築』まで | 倉方俊輔

The Formation of Modern Japanese Architecture: From "Contemporary Architecture" to the "Modern Architecture of Japan" | Kurakata Shunsuke

...を対象とした研究成果を発表している★三。フィードワークと史料読解に基づいて、大家族制度を中... ...歴史の範疇です」と答え★八、自らの通史のタイトを(おそらく意識的に)同名にした藤森照信は「...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.149-163

[対談]

「日本近代建築史」の中の「日本建築史」 | 八束はじめ五十嵐太郎

mail Dialogue: A "History of Japanese Architecture" in the "History of Modern Japanese Architecture" | Yatsuka Hajime, Igarashi Taro

...すね。 五十嵐──日本の近代建築を言説のレヴェで読み直すことは興味があって、大学院の頃、論文... ...築沿革略」の連載を開始し、「未来ノ方針ヲ指示ス」ことを述べているものの、デザイン的な細部に...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.62-76

[批評]

神話とモダニズム──バウハウス・プロジェクト一九一九―一九九九 | 大口晃央

Myth and Modernism: Bauhaus Project 1919-1999 | Okuchi Akio

...ー国立バウハウス」開校八〇周年を記念し、本年ワイマー市と同市のバウハウス大学ワイマー及... ...デッサウ市のバウハウス・デッサウ財団、ベリン市のベリン・バウハウス資料館では、数々の記念...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.66-80

[論考]

戦前の建築評論家の建築観 | 藤岡洋保

The Prewar Critic's View of Architecture | Fujioka Hiroyasu

...識されていた点も見のがせない。ヨーロッパにアー・ヌーヴォーという新様式が登場したことはこの... ...意識は、国家的事業として建設されるモニュメンタな建築に象徴的に投影されることになる。黒田が...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.77-86

[論考]

直線か、曲線か──伊東忠太と岸田日出刀を中心に | 五十嵐太郎

A Straight or Curved Line?: With a Focus on Chuta Ito and Hideto Kishida | Igarashi Taro

...案した。ここで彼は・コビュジエの「パリ改造計画」を参照している。・コビュジエの計画は... ...』2──・コビュジエの構想した現代都市 出典=・コビュジエ『ユバニスム』・コビュジ...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.119-129

[論考]

西山夘三と日本における西洋理論の伝播 | カローラ・ハイン佐藤美紀

Nishiyama Uz*** and the Spread of Western Concepts in Japan | Carola Hein, Sato Miki

...これは最近の意見ではなく、早くも一九三六年にブーノ・タウトが述べたものである★一。日本の都... ...のような認識をもっていた。トマス・J・ウォートスによる銀座煉瓦街(一八七二)やベックマン&エ...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.143-148

[論考]

第三日本という墓碑銘──日本工作文化連盟の視座と射程 | 矢代真己

Epitaphs for the Third Nippon: The Views and Parameters of the Nippon Plastic Culture Association | Yashiro Masaki

...座をもっていた。また、普遍的(インターナショナ)な理念としての「モダニズム」を超えて、日本... ...年の「ラトー」、「メテオー」、そして二七年の「インターナショナ建築会」など、多様なる運動...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.130-142

[批評]

インフォメーション・アーキテクチャー──ヴァーチュアルな環境の表現 | ラリー・バークス+横山亮

Information Architecture: The Representation of Virtual Environments | Larry Burks, Yokoyama Ryou

...っとも強力なコンピュータを使ってもいまだにモデ化できないほど複雑なプロセスなのである。私た... ...との対話を成立させるために、それを具体的なフォムに転換しようと苦闘する。デザインとは、曖昧...

『10+1』 No.06 (サイバーアーキテクチャー) | pp.120-133

[批評]

サイバーシティという想像的な現実の世界──電子コミュニケーション時代の都市 | M・クリスティーヌ・ボイヤー毛利嘉孝

The Imaginary Real World of CyberCities: The City in the Age of Electronic Communication | M.Christine Boyer, Mori Yoshitaka

...サンゼスのように見える、と言った時以来★一、コンピュータ・ネットワークのヴァーチュア・ス... ...のないメガロポリス、スプロー都市であると同時に都会のジャングだったのである★二。この比較...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.92-108

[論考]

アスガー・ヨルンにおける地図のエピステモロジー | 上野俊哉

Epistemology of the Map──The Work of Asger Jorn | Ueno Toshiya

...・ヨンの《コペンハーゲンの終わり》[図1・2]を見たときのことは忘れない。『スペクタクの社会... ...』の著者であるギィ・ドゥボーとの協働で作られたその作品はポップ・アートの出現に先立つことお...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.54-66

[論考]

現代建築におけるノーテーションの冒険──見えない建築へ | 八束はじめ

Notational Explorations in Contemporary Architecture—Toward an Invisible Architecture | Yatsuka Hajime

...しい社会単位をジェネレートする施設タイプのモデを考察しようとするこのプロジェクトは、施設を... ...周辺に形成されたメタボリズム・グープが、既存の都市へのオタナティヴとして建築化された巨大...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.16-28

[論考]

流浪の建築 | アンソニー・ヴィドラー+太田晋

Vagabond Architecture | Anthony Vidler, Ohta shin

...とも呼ぶべきものを讃えること。 ──ボードレー、『赤裸の心』☆一 最近出版されたリガとウラジ... ...て少しずつ集められたオブジェ群によるカーニヴァ旅団の一座は、いまや無限に膨張してゆくかに見...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.67-73

[論考]

国際画像言語──都市計画のためのノーテーション・システム ──オットー・ノイラートとCIAM | エンリコ・シャベル+三井邦子

The International Pictorial Language as a Notational System for Town Planning —Otto Neurath and the C.I.A.M. | Enrico Chapel, Mitsui kuniko

...三年八月四日夜、アテネ、理工科大学構内野外ホー。オーストリアの社会学者にして統計学者オット... ...近代建築国際会議(CIAM)に名を連ねる各国一六グープの代表者を前にしたノイラートに託された課題...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.107-125

[論考]

Parasitical Notation(たとえば、るくー、あるいは、さてぃ、しゅーまん) | 五十嵐太郎

Parasitical Notation | Igarashi Taro

...連鎖は尽きないかもしれない。 ──J・L・ボヘス『コウリッジの夢』 しみ──不可視の連続体 一... ...フランス革命期の建築家(?)ジャン・ジャック・クー(LEQUEU)(もっとも実現した作品は極めて少...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.172-184

[論考]

建築のオペレーション・フィールド ──あるいは、サイバースペースの記法と慣例 | 菊池誠

The Operating Field of Architecture, or Notation and Convention in Cyberspace | Kikuchi Makoto

...                 ヴァーチュア・リアリティ・システムのヘッド・マウンテッド... ...ッチン・メーカーが作る、多色の〈リア〉なヴァーチュア・キッチンよりも、この素朴な画像のな...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.126-135

[千年王国論(四)]

メトロポリスのニヒリズム | 八束はじめ

Millenarian Theory 4: The Nihilism of the Metropolis | Yatsuka Hajime

...ことを考え出す必要はない。 ミース・ファン・デ・ローエ ハリウッドの映画セットと同様、この都市... ...は、毎週明け、新しく作り直される。 レム・コーハース 前回でも書いたように、メトロポリスは単に...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.168-175

[批評]

都市と死 | ボグダン・ボグダノヴィッチ+篠儀直子

The City and Death | Bogdan Bogdanoviォc, Shinogi Naoko

...ロアティア社会主義共和国政府によって、ヴコヴァのドゥディクにモニュメントを設計することを委... ...ウスタシャ〔クロアティアのファシスト組織〕がセビア人やその他の政治的敵対者、つまり、抵抗運...

『10+1』 No.08 (トラヴェローグ、トライブ、トランスレーション──渚にて ) | pp.161-177

[インタヴュー構成]

現代日本建築写真の系譜 | 磯達雄

A Genealogy of Contemporary Japanese Architectural Photography | Iso Tatsuo

...写真を意識するようになったのは《パレスサイドビ》の撮影でしたね。日建設計の林昌二さんが従来... ...お壕端の丸の内ビ街の三〇メートに揃った水平のラインと、《パレスサイドビ》の丸型のコアの...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.62-82

[論考]

住宅を構想することは可能か──近代における住宅の試み | 柏木博

Imagined Homes:Modern Experiments with Living Space | Kashiwagi Hiroshi

...に維持するという計画。そしてもうひとつは、・コビュジエに代表されるように、反対に、人口集... ...る。したがって、たとえば、八〇年代の泡沫(バブ)経済の出現もまた、住宅問題と深くかかわって...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.146-153

[論考]

千年王国とダブルバインド・シティ | 八束はじめ

The Millennium and Double Binded Cities | Yatsuka Hajime

...象を秘めているのだ。 ──ジャン・ボ─ドリヤ─★一 フレドリック・ジェイムソンが「近年、最悪... ...を必要としない。 政治上、芸術上のアヴァンギャドが活躍したハイモダニズムの時期の様々な試みを...

『10+1』 No.04 (ダブルバインド・シティ──コミュニティを超えて ) | pp.21-32

[批評]

視覚的無意識としての近代都市──三つの都市の展覧会をめぐって | 五十嵐太郎

The Modern City as Visual Unconscious: On Three Urban Exhibitions | Igarashi Taro

...の冬、ナダーは飛んだ。操縦士のゴダーと気球に乗って。雨まじりの空を八〇メートほど上昇し... ...紀から実験されていたのだし、すでにブランシャーがドーバー海峡を横断していたのだから、さして...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.154-167

[論考]

新宗教の建築・都市、その戦略論序説 | 五十嵐太郎

Learning from Tenri: "The Heavenly City" | Igarashi Taro

...、モモン教徒の放浪の末、ブリガム・ヤングが「ここがその場所である」と宣言し、現在のソトレ... ...したように。あるいはホフマンの小説、『クレスペ顧問官』の主人公が、敷地の庭をうろうろしなが...

『10+1』 No.04 (ダブルバインド・シティ──コミュニティを超えて ) | pp.90-109

[スタディ]

バックミンスター・フラーの現代性 | 難波和彦山代悟谷口景一朗林盛逸見豪森田悠詩

Rediscovery of R.Buckminster Fuller | Namba Kazuhiko, Yamashiro Satoru, Taniguchi Keiichiro, Hayashi Sei, Hemmi Go, Morita Yushi

...る。彼は近代建築の巨匠・コビュジエ(1887-1965)やミース・ファン・デ・ローエ(1886-1969)より... ...ラーは「住宅は住むための機械である」という・コビュジエのテーゼに共感して文字通り機械のよ...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.155-166

[批評]

日常性と「他者」の空間 | メアリー・マクレオード+佐藤美紀

Everyday and "Other" Spaces | Mary McLeod, Sato Miki

...AAスクーといった建築教育機関と関わりをもつことの多い、いわゆるネオ・アヴァンギャドと呼ばれ... ...オロギーはさまざまだが、おおむね二つの大きなグープに分類できる。一方は建築の脱 構 築(デコン...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.188-205

[批評]

テクトニック、という視座をめぐる省察 | ケネス・フランプトン南泰裕

Reflections on the Scope of the Tectonic Kenneth Frampton | Kenneth Frampton, Minami Yasuhiro

...。 マンフレッド・タフーリ、フランチェスコ・ダ・コー “L′architettura contemporanea” 1976 フランスの卓... ...築理論家であるウージェーヌ=エマニュエ・ヴィオレ==デュクは一八七二年に彼の傑作である『...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.129-154

[日本]

38:丸山洋志:差異・反復・転倒 | 後藤武

Hiroshi Maruyama: Distinction, Repetition, Reversal | Goto Takeshi

...ザイン』(彰国社、1985)、A・ツォニス+R・フェーブ『古典主義建築——オーダーの詩学』(SDライ... ...していたのだった。つまりロウはパラディオと・コビュジエの平面に同一の幾何学的形式を見出し...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.170-171

[日本]

34:玉置順:白のプロポーション | 大島哲蔵

Jun Tamaki: White Proportion | Oshima Tetsuzo

...彼はなかなかの偉丈夫(身長は一八〇センチメートを超えるのではないか)で、それでもやはりつく... ...周囲に不思議な感覚を送り届ける。私の場合は・コビュジエが最初に描いた《暖炉》(一九一八)...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.162-163

[論考]

不連続性の問題と密度の問題 | 松田達

On Noncontinuity and Density | Matsuda Tatsu

...る(一階一九九・〇四平方メート、四階四二六・四八平方メート)。実際に近寄るにしたがって、... ...めている何かというものも感じさせる。それは・コビュジエ的な造形言語かもしれないし、プラン...

『10+1』 No.28 (現代住宅の条件) | pp.120-128

[鼎談]

建築の技法──つくることの楽しさへ | 今村創平南泰裕山本想太郎

The Art of Architecture: Pleasure of Creation | Imamura Sohei, Minami Yasuhiro, Yamamoto Sotaro

...頁「建築の技法──解題」の原案)に付けたタイトは「リアライズの技法」でした。例えば敷地にき... ...きたいという思いがあります。パーソナな問題をパーソナに解いた部分ではなく、それなりに一般...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.72-87

[生産─技術]

2:《国立西洋美術館》免震レトロフィット──免震は「技法」であるべきではない | 山本想太郎

"The National Museum of Western Art", Seismic Isolation Retorofit: Seismic Isolation Must Not Be Technique | Yamamoto Sotaro

...めしく思ったことがあるのではないだろうか。・コビュジエは近代建築の原則として「自由」を提... ...行なわれてきた感があり、建築における「一般ツー」にはまだまだなりえていない。しかし私自身が...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.116-119

[素材─構造]

5:スティーヴン・ホール《サルファティストラート・オフィス》──シンセサイズの着床点 | 南泰裕

Steven Holl, "Sarphatistraat Offices": Sites of Synthesis | Minami Yasuhiro

...ーの設計による《サファティストラート・オフィス》は、外観を構成する銅板のパンチングメタ... ...完成した《サファティストラート・オフィス》は、オランダの首都アムステダムのサファティ通...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.104-107

[香港]

23:OMAアジア:コンセプトとしてのタブラ・ラサ | 木下光

OMA Asia: Tabula Rasa as a Design Concept | Kinoshita Hikaru

...タン Aaron H. H.Tan:1963年シンガポー生まれ。1994年、レム・コーハースとともにOMAアジアを設立し、... ...テーマ・ワード》(中国)、《SKタワー》(韓国)、《メガ・ホー》(シンガポー)、《シドニー...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.128-129

[トルコ]

19:ベヒッチ・アク:トルコ現代建築の新潮流 | 青木美由紀

Behiç Ak: New Trend of Modern Turkish Architecture | Aoki Miyuki

...1956年トコ生まれ。イスタンブ工科大学建築学科修士課程修了。1982年からトコの老舗新聞『ジュム... ...著作は多数あり、トコ、ドイツ、日本などで出版される。1994年撮影の映画『トコ映画の検閲史──...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.120-121

[都市史/歴史]

方法論の展開──90年代都市史文献序説 | 奈尾信英岩谷洋子

The Development of Methodology: An Introduction to Books on Urban History Published in the 90s | Nao Nobuhide, Iwaya Yoko

...権力論 一九三七年に書かれたジョージ・オーウェの『ウィガン波止場への道』★二には、イギリスの... ...ていた。このような都市権力論は、八〇年代のバブ経済下を経ることで新都市権力論、社会的権力構...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.120-123

[キーワード]

90年代都市・建築キーワード/キーパーソン | 南泰裕瀧本雅志松田達

Urban/ Architecture Keywords and Key Persons of the 90s | Minami Yasuhiro, Takimoto Masashi, Matsuda Tatsu

...、とわれわれは言うことができるだろうか。ミシェ・フーコーにならってエピステーメーの変容を、... ...においては、自己自身を主張しない禁欲的でミニマなデザインが主要な潮流を作り、ライトネスが好...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.68-87

[論考]

都市計画──潜在性について | 後藤武

Urban Planning: On the Virtual | Goto Takeshi

...ったことはよく知られているわけだし、レム・コーハースはもはや存在しない職能の代理=表象者と... ...は、東京湾岸埋め立て地四四八ヘクターに、高度情報通信ビ「テレコムセンター」や国際展示場、...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.156-164

[論考]

無印な風景──九〇年代、OMA/レム・コールハースのアーバニズム | 上原雄史

Generic Landscape: The Urbanism of OMA/Rem Koolhaas, 90s | Uehara Yushi

...opolitan Architecture)は、著作・建築・都市などジャンを超えた創造活動を行なう建築家組織だ。彼らは... ...ワークに焦点を当てて、九〇年代のOMA/レム・コーハースの都市プロジェクトへの取り組みを見つめ...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.165-172

[スペイン]

14:アバロス&エレロス:花模様のアーキテクチャー | 坂本知子

Áalos & Herreros: Flower-Patterned Architecture | Sakamoto Tomoko

...タヴォ・ジリ(Gustavo Gili)から、1997年にアクター(Actar)からそれぞれモノグラフが出版されている... ...数多くの展覧会に出展し、2000年7月にはバセロナのカターニャ建築家協会で個展が開催された。代表...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.110-111

[翻訳]

ネクスト・バビロン、ソフト・バビロン──(トランス)アーキテクチャーとは、戯れの場としてのアルゴリズムである | マーコス・ノヴァック松永太郎

Next Babylon, Soft Babylon: (trans)Architecture is an Algorithm to Play in | Marcos Novak, Matsunaga Taro

...クラーク★一 イデアは、否定を知らない。 ジ・ドゥーズ★二 ニュースペースへむけての公 理(... ...再建する。 9 建築とは、居住可能(インハビタブ)な空間を仕上げていくアートであり、単なる居住...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.192-203

[鼎談]

建築と書物──読むこと、書くこと、つくること | 隈研吾五十嵐太郎永江朗

Architecture and Books: Reading, Writing and Creating | Kuma Kengo, Igarashi Taro, Nagae Akira

...る。またそれとは裏腹に、本を書くことが営業ツーになって、その本をみて仕事を頼んでくる人がい... ...じゃないかな(笑)。その一番典型的なのが、・コビュジェの『エスプリ・ヌーヴォー』に連載さ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.54-70

[建築家的読書術]

建築の現場・歴史・技術 | 石山修武

Site, History and Technology of Architecture | Ishiyama Osamu

...の内装と屋上部をセフビドする建築の現場である。教育と言っても、セフビドとは何か、クロ... ...ー・デヴィッド・ソーローの『森の生活──ウォーデン』(神吉三郎訳、ワイド版岩波文庫、一九九...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.96-97

[建築を拓くメディア]

建築と展覧会カタログ | 田中陽輔山雄和真岡部友彦佐々木一晋

Architecture and Exhibition Catalogs | Tanaka Yosuke, Yamao Kazuma, Okabe Tomohiko, Sasaki Isshin

...建築会の作品』(岩波書店、1920)2──『バーチャアーキテクチャー——建築における「可能と不可能... ...、ベアトリス・コロミーナが指摘したように、・コビュジエは『エスプリ・ヌーヴォー』誌上で、...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.146-149

[建築を拓くメディア]

建築写真を拡張する三人の写真家 | 福屋粧子

3 Photographers' Challenge: the Extension of Architectural Photography | Fukuya Shoko

...で、より「空間」に近づこうとする試みである。 イザ・ランブリの小写真集『Luisa Lambri』★一を手に... ...しつつ連続感のある写真を続ける手法は、ディオー・オムのデザイナーであるエディ・スリマンがカ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.140-141

[インタビュー]

透明なディテール──建築の消去作業としてのデザイン | 伊東豊雄槻橋修

Transparent Detail: Design as Erasure | Ito Toyo, Tsukihashi Osamu

...を含め改めて見直したのですが、一九八四年の《シバーハット》[図1]の頃から「建築を消したい」... ...を消す」ためのディテーがあるのではないか。あるいは伊東さんのディテーの決定作業をうかがう...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.70-79

[批評]

善悪の彼岸──OMA/レム・コールハースのディテール | 上原雄史塚本由晴

Beyond "Good and Bad": Detail in OMA/Rem Koolhaas | Uehara Yushi, Tsukamoto Yoshiharu

...細部・ディテー・納まり 塚本由晴──OMA/レム・コーハースのディテーは、安っぽいとか、素人... ...をそこに感じることもできる。彼の場合、ディテーというものの捉え方がいままでの建築家と違うの...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.80-89

[批評]

Stairway from/to where?──ル・コルビュジエの階段について | 米田明

Stairway from/to where? : Minimalism and Le Corbusier's Stairs | Yoneda Akira

...今回の特集において、・コビュジエの階段にどのような位置づけが期待されているのかは不明だが... ...プトに「リアヘの回帰の九〇年代におけるミニマリズム」とあるからには、まずはハ・フォスター...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.112-114

[批評]

ミース・ファン・デル・ローエ──柱と壁の系譜 | ゲヴォーク・ハルトゥーニアン五十嵐光二

Mies van der Rohe : The Genealogy of Column and Wall | Gevork Hartoonian, Igarashi Koji

...のモットー、ミシガン湖に沈みゆくクラウン・ホーを描いたスタンリー・タイガーマンのフォトモン... ...るということだ。ミースが創設したのは、語のドゥーズ的な用法での、〈マイナー言語〉なのであり...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.102-109

[建築を拓くメディア]

建築ガイドブックガイド | 岡部友彦佐々木一晋田中陽輔山雄和真

The Guide to | Okabe Tomohiko, Sasaki Isshin, Tanaka Yosuke, Yamao Kazuma

...性を与えられた「建築作品」群が、地図というツーによって都市を再描写する。けれどそのなかには... ...取り上げたガイドブックのうち、・コビュジエやアヴァ・アアトなどの巨匠の作品群を対象に...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.136-139

[建築を拓くメディア]

建築系映像ランダム・ガイド | 五十嵐太郎

Random Guide for Architectural Videos | Igarashi Taro

...建築系の映像といえば、デファイ研究所からリリースされた「現代建築家シリーズ」が基本的なビデ... ...リとデニス・スコット・ブラウンの夫妻が、サンマコ広場で発見したことを語ったり、「ディコンス...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.134-135

[建築家的読書術]

空間・秩序・弱さと建築 | 藤本壮介

Space, Order and Frailty in Architecture | Fujimoto Sosuke

...屋のあるホテの無限の宿泊客の話は非常に印象的で、それ以来、ゲオグ・カントーは僕のなかで... ...。そしてたぶん、その無限の話との繋がりから、ボヘスと出会うことになる。その話はまた別の機会...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.102-103

[建築家的読書術]

水≒鏡への憧れ | ヨコミゾマコト

Aspiration for Water as a Mirror | Yokomizo Makoto

...集成』、二〇〇〇)。 演劇論だが、ピーター・ブックの『なにもない空間』(高橋康也+喜志哲雄訳... ...しれない。 都市論として、ジャン・ボードリヤーの『象徴交換と死』(筑摩書房、今村仁司+塚原史...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.100-101

[建築を拓くメディア]

コンペティション学序説 | 中村研一

Introduction to the Competition Theory | Nakamura Kenichi

...ン社屋》でのグロピウス案や《国際連盟》での・コビュジエ案がそうであったように、むしろ敗者... ...れた落選案は《フランス国立図書館》でのR・コーハース案であろう。空間体とも呼ぶべきそのアイデ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.111-113

[建築を拓くメディア]

オープンハウスという経験 | 保前信英

Experiencing Open House | Homae Nobuhide

...経験は、ハウスメーカーのモデハウスや、新築マンションのモデームで営業マンの職業的笑顔に... ...第三者として聞いているだけでは、モデハウスで職業スマイと向き合うのと大差なくなってしまう...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.126-127

[建築を拓くメディア]

都市景観の変容をめぐる諸問題 | 若林幹夫

The Various Issues around the Change in Cityscape | Wakabayashi Mikio

...と九〇年代以降を媒介するものとして森川は渋谷パコ的な都市戦略を取り上げているのだが、ここで... ...、ミース・ファン・デ・ローエに範をとったスカイスクレーパーや、・コビュジエの《ユニテ・...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.132-133

[対談]

参照項なき風景/ランドスケープの時代 | 松畑強+松岡新一郎

The Age of Landscape Without a Referent | Matsuhata Tsuyoshi, Matsuoka Shinichirou

...、一方で松岡さんは、そういうふうな論述のスタイをむしろ切っている。つまりグリッドの問題を終... ...ギュスタン・ベクの定義でした。この二分法が適切かどうかはともかくとして、ベクの言うように...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.58-67

[批評]

観測者のランドスケープ──離散性、あるいは不連続性と「形式」の問題 | 槻橋修

Landscape of the Viewer: A Problem of ヤFormユ Concerning Discreteness and Disjunction | Tsukihashi Osamu

...ことはなかった。都市計画学のような巨大なスケーを扱うところでは公園の規模や機能をあれこれと... ...はり無条件に美しくあるべきだったのである。・コビュジエはそうであった。それ以降の建築家や...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.100-111

[図版構成]

ウルバノフィリア | 森山学

Urbanophilia | Moriyama Manabu

...して、人間と共に存在する。 今回のタイトに掲げた「ウバノ─フィリア」という語は『ポリフィリ... ...のような解釈に基づいて理解される。ここから、ウバノフィリアのさまざまなイメージを都市と人間...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.214-225

[批評]

在不在 ここと自己──アウトバーンとメディアの親近性 | マルク・リース斉藤理

fortda. hierselbst. Die Verwandtschaften von Autobahn und Medien | Marc Ries, Tadashi Saito

...うした室内の隅々──例えば書籍資料庫、写真用アバム、ラジオ受信機──へと入り込ませている。... ...形)、さらに第三に上空、円蓋(ガレリアやトンネにおけるような)、あるいは並木道に見られる葉...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.128-139

[Yellow Page1]

トーキョー・リサイクル・ガイドブック | 塚本由晴貝島桃代

Tokyo Recycle Guidebook | Tsukamoto Yoshiharu, Kaijima Momoyo

...アトリエ・ワン&リサイク・エクスプロージョンズ Atelier Bow-Wow & Recycle Explosions 塚本由晴、貝島桃代 ... ...用方法を提案すること。それは都市空間のリサイクによる都市へのゲリラ的介入であり、都市に隠さ...

『10+1』 No.21 (トーキョー・リサイクル計画──作る都市から使う都市へ) | pp.65-79

[論考]

醜くて平凡──日常の表象 | デボラ・ファウシュ篠儀直子

Ugly and Ordinary: The Representation of the Everyday | Deborah Fausch, Shinogi Naoko

...義は社会的世界を、観察者に提示されるスペクタクとして構築する。観察者はアクションに対する「... ...。この視点は、社会的世界がひとつの表象=上演(プレザンタシオン)(観念論的哲学においての意...

『10+1』 No.24 (フィールドワーク/歩行と視線) | pp.156-175

[論考]

陽のあたる洗面台──ジェンダーが裏返したプラン | 鈴木明

A Washbasin at Centre Stage: Planning; Reversed by Gender | Suzuki Akira

...くれないか? と尋ねる英国人建築家へ返信のメー。 君もよく知っている妹島和世さんの集合住宅は... ...るのだ。家を作ることにおいてはプロフェッショナな建築家であれ、普通のヒトであれ、作る側と住...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.108-115

[対談]

公共性と集合住宅 | 大野秀敏隈研吾

Publicity and Collective Housing | Hidetoshi Oono, Kuma Kengo

...ズム建築の二面性を象徴的に表わしている特別なビディング・タイプだと思います。モダニズムの二... ...強くて、モスクワに建つギンスブグのナコムフィンやコのマセイユに建つユニテダビタシオン...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.54-65

[批評]

路上の身体──ル・コルビュジエと都市計画の成立 | 五十嵐光二

Corpus of Streets: Le Corbusier and the Development of City Planning | Igarashi Koji

...基本原理の定式化を試みた著作『ユバニスム』の中で、・コビュジエは自らの都市計画の主眼を... ...ぐな街路を新たに切り通すことが必要であると・コビュジエは説く。そのようにすることで、「街...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.119-127

[批評]

直線性の重荷──ろばの都市計画 | キャサリン・イングラハム五十嵐光二

The Burdens of Linearity: Donkey Urbanism | Catheringe Ingraham, Igarashi Koji

...い。しかし、それこそモデュローなのだ。(…中略…)モデュローはろばの耳を長くのばす(ここ... ...たのとは別のろばである)。 ──・コビュジエ 本書のタイト、もしくはその一部を説明してお...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.104-118

[批評]

シンク(sink)にて──アブジェクシオンの建築 | ナディール・ラーイジD・S・フリードマン五十嵐光二

At the Sink: Architecture in Abjection | Nadir Lahiji, D.S. Friedman, Igarashi Koji

...ネーI』 「フロイトの技法論」一九五三─五四  《サヴォワ邸》[図1]のエントランス・ホーのは... ...「では、この神殿にして住宅のエントランス・ホーへと入って行くとして」、とコーリン・ロウは思...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.100-119

[批評]

現代建築批評の方法と視点──批評のモード | 米田明

Methods and Perspectives of Contemporary Architectural Criticism: Modes of Critique | Yoneda Akira

...でに七〇年代後半、デリダの弟子筋にあたるイェー学派の脱構築(ディコンストラクション)批評と... ...テヴァのテクスト至上主義に対して、晩年カリフォニアに滞在したフーコーのインパクトのもとで、...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.84-85

[批評]

なぜ建物ではなく女が装飾されねばならないのか──アドルフ・ロースをめぐる諸考察 | ジョージ・ハーシー篠儀直子

Why Should Women But Not Buildings Be Ornamented? : Reflection on Adolf Loos | George Hersey, Shinogi Naoko

...無名の存在となってしまったが、彼の考えは、ウォター・バジョット、イポリット・テーヌ、マリア... ...ト、そして退化論者のひとりであったマックス・ノダウは、美術における生物学的退化についての書...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.155-160

[批評]

鏡像──第二次世界大戦以降のアメリカ建築における、技術、消費とジェンダーの表現 | ジョアン・オックマン赤川貴雄

Mirror Images: Technology, Consumption, and the Representation of Gender in American Architecture since World War II | Joan Ockman, Akagawa Takao

...ないだろうか。ひとつは、インターナショナ・スタイ・モダニズムのイコンであり、アメリカの企... ...ムワークのなかで発達したインターナショナ・スタイは、明らかに、合理主義精神、官僚制、巨大...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.171-179

[批評]

「第三機械時代」のアルケミー──白・銀・透明をめぐるサブ・クロニクル | 吉村靖孝

Alchemy in the "Third Machine Age": A Sub-Chronicle of White,Silver and Transparency | Yoshimura Yasutaka

...かの海」に軟着陸したアポロ一一号の着陸船イーグから、人類は、「大いなる」一歩を踏み出した。... ...分というのは仮にアメリカ東部時間を採ったが、クーの生きた時間は東部のそれではなく、もちろん...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.242-248

[批評]

顔の喪失 | アンソニー・ヴィドラー大島哲蔵道家洋

Losing Face | Anthony Vidler, Oshima Tetsuzo, Hiroshi Doke

...誌に表現された恍惚感に自らを委ねる。 ──ジョジュ・バタイユ「美術館(ミュゼ)」 ジェームス... ...ガトの新しい《市立美術館(スターツ・ギャラリー)》はあらゆる点から見て、シンケの《アテ...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.180-190

[翻訳]

住まうことの快楽 | アンヌ=マリー・シャトレモニク・エレブ五十嵐光二

Le Plaisir d'Habiter | Anne-Marie Châtelet, Monique Eleb, Igarashi Koji

...的な問題について次のように書くCh・ド・ポツァンパクにおいてのみ明確に示されるようなものであ... ...所を愛する人間によって行なわれている」★一。マヌ=ラ=ヴァレの建物において、彼が特権化して...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.128-144

[論考]

離合集散モデルについての試論──可能態としての住居集合 | 南泰裕

Essay on Collective Decision Model : Gathering of Houses as a Possible Model | Minami Yasuhiro

...ックス、電子メー、携帯電話、携帯メー等々。コミニュケーションのチャンネが豊富化し、それ... ...子メーを利用し、その一方でファックスによって文書を電送する。そのおのおのはチャンネ(次元...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.145-157

[翻訳論文]

ブールヴァールの終焉 | ジョン・R・ゴールド加藤政洋

The Death of the Boulevard | John R. Gold, Masahiro Kato

...各時代の指導精神は、サント・シャペからリヴォリ街に至る、その時代を記念するような建造物のな... ...ポレオン三世のもとでセーヌ県の知事を務めたジョジュ・ユジェーヌ・オスマン(一八○九—九一)...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.125-136

[翻訳論文]

わたしはビデオカメラである | フィリップ・タボール加藤政洋

I Am a Videocam | Philip Tabor, Masahiro Kato

...かりと場所に固定されて不活発であるため、エーテのように遍在する遠距離情報通信の嵐の閃光を耐... ...という凶悪なテクノロジー──見世物(スペクタク)と監 視(サーヴェイランス)──を行使して...

『10+1』 No.33 (建築と情報の新しいかたち コミュニティウェア) | pp.163-171

[翻訳論文]

/区分線をねじる/(後編) | ジェフリー・キプニス川田潤

/Twisting the Separatrix/ (Part III) | Jeffrey Kipnis, Jun Kawata

...知っている宇宙は、宇宙の建築家デミウゴスが、創造のモデ(paradigmata)として形相(イデア、エイ... ...質的宇宙を鍛造したときに生まれた★四一。デミウゴスは宇宙の形成の際に、可能なかぎり最高の仕...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.171-185

[シンポジウム]

カウンターカルチャーと建築──アーキグラムの一九六〇─七〇年代 | ピーター・クックデニス・クロンプトンデヴィッド・グリーンマイケル・ウェブ磯崎新五十嵐太郎

Counterculture and Architecture: Archigram's 1960-70s | Peter Cook, Dennis Crompton, David Green, Mike Webb, Isozaki Arata, Igarashi Taro

...アーキグラムとカウンターカチャー 五十嵐──「アーキグラムの実験建築一九六一─一九七四」展は... ...イメージを反文化、すなわちカウンターカチャーのエネギーに結びつけ流動させていった。 磯崎新...

『10+1』 No.39 (生きられる東京 都市の経験、都市の時間) | pp.174-184

[論考]

抽象からテリトリーへ ジル・ドゥルーズと建築のフレーム | 石岡良治

From Abstraction to Territories: Gilles Deleuze and the Frame of Architecture | Yoshiharu Ishioka

...1 ヴァーチュア・ハウスと襞の形象 インターネット環境がパーソナなレヴェで普及していった... ...一九九〇年代に、さまざまな分野で「ヴァーチュア・リアリティ(VR)」をめぐる議論が交わされてい...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.184-191

[論考]

エンプティ・フェイス 近代都市計画の精神病理 | 五十嵐光二

Empty Face: Psychopathology in Modern Urban Planning | Igarashi Koji

...ったのである。そして、彼女が差し出す高尚なモデにもかかわらず、彼は頑迷にも古いおのがやり方... ...彼、すなわち社会は、彼女が熱狂的に喧伝する新エサレムの澄み切った可能性を思い描こうとするこ...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.100-107

[インタヴュー]

一回性の建築 | 山本理顕中西泰人本江正茂

Architecture as Single | Yamamoto Riken, Yasuto Nakanishi, Motoe Masashige

...1    伽藍とバザー 中西──山本理顕さんはあらかじめ決められたかたちで建築を作るのではなく、... ...た作った後にはユーザーに見せるといったスパイラ的な作り方をされている。山本さんがユーザーと...

『10+1』 No.33 (建築と情報の新しいかたち コミュニティウェア) | pp.75-82

[論考]

「最後の啓蒙」「啓蒙の最後」──コーリン・ロウ『コラージュ・シティ』をめぐって | 丸山洋志

The Enlightenment of End, The End of Enligtenment: On Colin Rowe's Collage City | Maruyama Hiroshi

...よう。一九六〇年代後半から「ネオ・アヴァンギャド」(エリート・テロリスト)として位置づけら... ...建築家ピーター・アイゼンマンの「コンセプチュア」建築である。 私の作品は、通常、構造と呼び慣...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.158-168

[論考]

ニューアーバニティーについて | 米田明

On New-Urbanity | Yoneda Akira

...ャド運動が変質し、消滅せざる をえなかったいきさつを次のように書いている。「アヴァンギャド... ...でかつ自然発生的であると考え、局所的な進化とをフローネシス(賢慮)をもって分析していか...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.153-157

[対談]

東京スタイル──部屋からの眺め | 都築響一岡崎祥久

TOKYO STYLE: View from Rooms | Tsuzuki kyoichi, Yoshihisa Okazaki

...ブがクラッシュしたということ。撮ったのは、八〇年代終わりから九〇年代の頭なのでまだバブの... ...室内は全然変わってない。それはようするに、バブの崩壊によって金持ちはヒットされたけど、貧乏...

『10+1』 No.29 (新・東京の地誌学 都市を発見するために) | pp.54-72

[column]

消されたリアリティ | ホフマン真帆子篠儀直子

Vanished Reality | Mahoko Hoffmann, Shinogi Naoko

...設計した《中銀カプセタワービ》か、渡辺洋治の設計した《第三スカイビ》にである。 そのころ... ...識されている唯一のものであった。《第三スカイビ》はメタボリズム建築の例ではないし、設計者の...

『10+1』 No.29 (新・東京の地誌学 都市を発見するために) | pp.130-134

[対談]

コンパクトシティ──都市批判としての都市をめぐって | 南泰裕太田浩史

Compact City: On the City as a Criticism toward the City | Minami Yasuhiro, Ota Hiroshi

...という大都市ではなく、コンパクトシティやスモー・シティといった中小規模の都市を取り上げるの... ...人口も増え、さしあたり、人口一〇〇〇万人レヴェの巨大都市に人口が集中していることはわかった...

『10+1』 No.31 (コンパクトシティ・スタディ) | pp.58-72

[論考]

都市に抗する都市 小都市の多数性と可能性をめぐって | 南泰裕

Regarding the Multitudinous and the Possibility of a Small City | Minami Yasuhiro

...引き継いだイス・マンフォードによっても確認され、制御不能な都市連続帯がスプロー的に世界を... ...れる、と考えてよい。これは、きわめて単純なモデ化ではあるものの、その汎用性は意外に強力であ...

『10+1』 No.31 (コンパクトシティ・スタディ) | pp.109-122

[批評]

批評と盲目性 | 後藤武

Criticism and Blindness | Goto Takeshi

...ポー・ド・マンはあるときアメリカ近代語協会から「文学の理論、その目的と方法」という主題の文... ...それは多くの場合理論が文学作品に対してメタレベに位置することから引き起こされる抵抗なのだろ...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.82-83

[鼎談]

現代建築批評の方法──ジェンダー・人間中心主義批判・表象文化論・精神分析をめぐって | 土居義岳後藤武五十嵐太郎

Contemporary Methods in Architecture Criticism: Gender/A Critique of Anthropocentrism/Psychoanalysis | Yoshitake Doi, Goto Takeshi, Igarashi Taro

...すぎないという批判が出てきた。八一年のグリゼリダ・ポロックの『女・アート・イデオロギー』は... ...識を述べておくと、まずネサンス以降、人体と建築が調和するアンソロポモフィックな、ヒューマ...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.62-81

[批評]

「2 into 1」への序説 | ヘラ・ファンサンデ+植林麻衣

Introduction to the Article "2 into 1" | Hera Van Sande, Uebayashi Mai

...イン邸と省略)は、・コビュジエがキャリアの初期の段階で、自身のスタイを探し求めていた時... ...に結実したプロジェクトとして知られている。・コビュジエ本人も「一九一八年から一九二五年に...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.198-199

[批評]

2 into 1──スタイン─ド・モンジー邸の思考プロセス | マルク・デュボワ+三宅理一

2 into 1: The Planning Process of Villa Stein-De Monzie | Marc Dubois, Miyake Riichi

...ウは、『アーキテクチュラ・レビュー』誌一九四七年三月号で、・コビュジエの「スタイン─ド... ...ラ・マコンテンタのそれを比較し、世界中の注目を集めた。そのことに刺激され、この・コビュ...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.191-197

[批評]

ル・コルビュジエ、オリエンタリズム、コロニアリズム | ザイネップ・セリック+篠儀直子

Le Corbusier, Orientalism, Colonialism | Zeynep Celik, Shinogi Naoko

...・コビュジエはその長い経歴をつらぬいて、イスラムの建築と都市形態とに魅了されつづけていた... ...クーにあっては曖昧な場で、中東から北アフリカにかけてのイスラム圏を漠然と指しており、コブ...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.200-217

[批評]

戦線──「E1027」 | ビアトリス・コロミーナ篠儀直子

Battle Lines: E.1027 | Beatriz Colomina, Shinogi Naoko

...な白い家が、フランスのカップ・マタン[マタン岬]のロクブンヌという人里離れた場所で、地... ...アファベットの一○番目の文字)、2はB、7はGを意味している。グレイが自分の家をカステラーに一...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.218-226

[対談]

《プログラム》──あるいは空間の言説と思考をめぐって | 内田隆三多木浩二八束はじめ

"Programs"—The Thought and Language of Space | Uchida Ryuzo, Taki Kouji, Yatsuka Hajime

...1 空間と制度 多木…ビディング・タイプという概念は、社会学的というよりむしろ建築論的な概念で... ...った建築の類型を作ってきたことから考えると、ビディング・タイプは社会学や歴史学の言説のなか...

『10+1』 No.02 (制度/プログラム/ビルディング・タイプ) | pp.26-49

[批評]

家具と女性性 | メアリー・マクレオード+毛利嘉孝

Furniture and Feminity | Mary McLeod, Mori Yoshitaka

...こで取りあげるのは、シャロット・ペリアンが・コビュジエとピエー・ジャンヌレと共にデザ... ...女の影響である。彼女は第二次世界大戦の初めにコビュジエのアトリエを離れたが、そのままアトリ...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.227-234

[批評]

衛生を建築する──近代的衛生者としてのル・コルビュジエ | 森山学

Raising Hygiene into Architecture: Le Corbusier's Body as a Modern Hygiene | Moriyama Manabu

...F・ド・ピエーフウは「五分間に一人の割合で、フランス人は結核のために死亡している」と一九四二... ...人間の家』で報告している。共同執筆者である・コビュジエは、この本の挿絵として、小学生──...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.181-190

[批評]

描かれた「現代都市」──ル・コルビュジエのドローイングと都市計画 | 加藤道夫

The Painted "Modern City": Le Corbusier's Drawings and City Plans | Kato Michio

...無視できないものであろう。 ここでの試みは、・コビュジエ(以下「LC」と略記)によって構想さ... ...ヌ展に出展するために用意された。『・コビュジエ、ピエー・ジャンヌレ全作品集一九一〇─一...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.171-180

[批評]

ディープ・スキン | マーク・ウィグリー松畑強

Deep Skin | Mark Wigley, Matsuhata Tsuyoshi

...・コビュジエが白い服をたえず褒めたたえたのはもちろん、色彩の過剰を攻撃していたからである... ...心に宣伝し始めたが、これは色彩をファッショナブに使うことを批判し始めたのとちょうど同じ箇所...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.95-112

[批評]

コルビュジエのまなざしと絵画、そして透明性へ──ピュリスム | 米田明

Purism: Toward Transparency in the Paintings and Expressions of Le Corbusier | Yoneda Akira

...プ」と名づけられたこの絵画[図2]では、テーブの上に、パイプ、グラス、本が置かれている。しか... ...れらの「空白」を主題とする絵画は、シャ=エドゥアー・ジャンヌレが、一九一八年に描いた「...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.77-94

[批評]

古典の発見──ジャンヌレのミメーシス | 中村貴志

Journeys of Jeanneret: Toward the Classic Origins | Nakamura Uzushi

...アリストテレスもマクスも、建築術について異口同音に述べている──「建築家は、まず、心のなか... ...する主体も、歴史的に形成されるものである。・コビュジエの制作世界も、西欧の歴史に深く投錨...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.113-122

[批評]

『ラ・ロッシュのアルバム』:ル・コルビュジエ──一九二〇−一九二二 | 岩谷洋子

"Album La Roche": Le Corbusier 1920─1922 | Iwaya Yoko

...『ラ・ロッシュのアバム』は、・コビュジエの『全作品集』の一部であるともいわれている★一... ...れているのである。この画帳が『ラ・ロッシュのアバム』と呼ばれるのは、所有者の名前に由来する...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.123-128

[批評]

保守主義、近代主義、戦争──戦前のル・コルビュジエ | 松畑強

Conservatism, Modernism, War: Le Corbusier before WWII | Matsuhata Tsuyoshi

...たとえばテラーニの初期の代表作である「カサ・デ・ファッショ」は、けっしてファシズムとモダニ... ...た世代間闘争だったと言えるのかもしれない。 ・コビュジエは当然ながら、新古典主義に転向する...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.154-170

[批評]

ル・コルビュジエの絵画──あるいはル・コルビュジエの身体像 | 呉谷充利

Paintings of Le Corbusier: Human Figures | Kuretani Mitutoshi

...画家・コビュジエ 「オトゥーユの(忍耐強い研究にあてた)私の私的なアトリエは誰にも開かなか... ...時が経って今なお建築家・コビュジエといえば、エコー・デ・ボザーに象徴される伝統的権威...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.129-137

[批評]

世界記述のプログラム | 桂英史

The Library :A Program for Recording the World | Katsura Eishi

...イドが浮かんできた。「夜感有り、コンラード・ゲスネの伝を読む。吾れ欲くは日本のゲスネと... ...そんなコミュニケーションについて、ミッシェ・セーは次のように述べている。 コミュニケーショ...

『10+1』 No.02 (制度/プログラム/ビルディング・タイプ) | pp.122-131

[批評]

地下と高架──擬似都市の建築 | トレヴァー・ボディ+末廣幹

Underground and Overhead:Building the Analogous City | Trevor Boddy, Suehiro Miki

...の歩道が建てられ、そしてその下にはタイ張りのトンネが掘られるといったように。 おもての街路... ...しい領域に一歩足を踏み入れてみよう。入口にはビのロゴマークがある。これは、この孤立した帝国...

『10+1』 No.02 (制度/プログラム/ビルディング・タイプ) | pp.147-169

[論考]

Ruin/Desolation Row──廃墟と写真をめぐって | 倉石信乃

Ruin/Desolation Row: On Ruins and Photography | Kuraishi Shino

...つであった。二人のジェントマン・サイエンティスト、ニエプスとタボットの最初期の写真を想起... ...による窓から見える納屋と鳩舎の眺め[図1]、タボットによる格子窓の映像は[図2]、写真の起源と...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.83-96

[ディスカッション]

建築は何処へ──多摩ニュータウンと快適性をめぐって | 多木浩二青木淳入江経一吉松秀樹

Whither Architecture? | Taki Kouji, Aoki Jun, Kei'ich Irie, Yoshimatu Hideki

...ましょう。 吉松…僕が多摩ニュータウンのフィードワークでまず最初に感じたことは、建築家は快適... ...すが──つまり多摩で見られるようなライフスタイが快適であるという指標が入り込んできているこ...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.76-103

[論考]

建築写真のヴァーチュアリティ | 大島哲蔵

The Virtuality of Architectural Photography | Oshima Tetsuzo

...と間違えて「小鳥がついばんだ」とされるほどリアな描写術が完成していた。いかに眼を欺くかが絵... ...にしろ、スーパーリアな描写に耐える構築物を保有する文明は、何らかのリアな写像を制作する術...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.105-116

[論考]

メディアと建築──建築史の中の写真 | 五十嵐太郎

Media and Architecture: The Position of Photography in Architectural History | Igarashi Taro

...スターヴ・・グレイとその弟子メストラは、トゥーレーヌとアキテーヌへ。アンリ・・セックは... ...ヌとアザスへ。エドゥアー・バデュスは、ブゴーニュへ。イポリット・バヤーはノマンデ...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.117-132

[論考]

ミニマリズム・ラスヴェガス・光の彫刻──「建築的美術」と「美術的建築」の連続と断絶 | 暮沢剛巳

Minimalism/Las Vegas/Light Sculpture: The Continuation and the Rupture of "Architectural Art" and "Artistical Architecture" | Kuresawa Takemi

...ない難題だ。多くの文化のフェーズにおいてジャンの横断化が叫ばれている昨今、美術や建築もけっ... ...いた美術と、「インターナショナ・スタイ」や「ユニヴァーサ・スペース」以後を窺っていた建...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.132-141

[鼎談]

廃墟・建築・零年──建築家はいかにして可能か | 鈴木了二西谷修小林康夫

Ground Zero, Architecture, The Year Zero: How the Architects are | Suzuki Ryoji, Osamu Nishitani, Yasuo Kobayashi

...らです。むしろいま言われている建築というジャンのなかには、本来の建築としての活動がほとんど... ...界と置き換えてもいいんですが。もちろん、あのビの場合には、あるキッカケで強度上弱まったから...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.54-72

[風景の修辞学 1]

「夢」の地図帖──アジェの旅するパリ | 多木浩二

Atlas of Dreams: ATGET in Paris | Taki Kouji

...ンツェ=ドゥオモ、パリ=エッフェ塔、ベリン=ブランデンブク門……。そのイメージが情けな... ...のである。認識するためにどこかから似通ったモデを借りてきたのか、それとも自分の内懐深く、い...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.2-17

[翻訳]

空間を問う──『建築講義』 | バーナード・チュミ+岡河貢

Questions of Space | Bernard Tschumi, Okagawa Mitsugu

...全に分裂したままであり、経済的拘束と技術のオーマイティ幻想、この二者の亀裂はすっかり固まっ... ...とに、歴史上ずっと努めてきた。思い出そう、デカトをもってアリストテレスの伝統が終わったこと...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.301-316

[論考]

ディアスポラの楽園 | 今福龍太

Diasporean Paradise | Imahuku Ryuta

...じたいが過度の大衆化と商品化によってその近代ブジョワ社会における巡遊(グランド・ツアー)と... ...な場になろうとしている。 たとえば、人類学者エヴェ・ヴァレンヌが「アメリカで人類学する」(一...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.148-156

[論考]

「近代都市」 | 西沢大良

"Modern Cities" | Nishizawa Taira

...ニュータウンは人口約三〇万人の二九〇〇ヘクター強の規模の街として一九六三年に計画が始められ... ...E・ハワードの《田園都市》に端を発しており、・コビュジエの《輝く都市》もまた「緑地=人間」...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.52-58

[論考]

これは都市ではない | マンフレッド・タフーリ+菊池誠

This is not a City | Manfredo Tafuri, Kikuchi Makoto

...ネ・マグリットの一連のデッサン《これはパイプではない》を分析しつつ、ミシェ・フーコーはそ... ...る。 〈カリグラム〉とは、明らかにわれわれのアファベット的伝統の対立項を消去しようとするもの...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.195-202

[対談]

ル・コルビュジエをどのように発見するか──主体/リアリティ/メタ建築 | 入江経一丸山洋志米田明

Discovering Le Corbusier Subjects, Reality, and Metaconstruction | Kei'ich Irie, Maruyama Hiroshi, Yoneda Akira

...・コビュジエというテーマ 米田──今日は、・コビュジエを建築そのものというよりも建築を... ...況から広く捉えることによって、「近代建築=・コビュジエ」という局面から抜け落ちている部分...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.64-76

[論考]

アトランタ | レム・コールハース上田知正

Atlanta | Rem Koolhaas, Ueda Tomomasa

...アビンに初めて会ったときのことをお話ししたいと思います。その時彼はシカゴについてのレクチャ... ...し、たいへんな毒舌家になりました。あのときのアビンが、恐らく、私の潜在意識に影響を与えたの...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.224-230

[インタヴュー]

磯崎新インタヴュー 破壊と救済のメトロポリス | 磯崎新五十嵐太郎南泰裕

An Interview with Arata Isozaki: The Destructive and Restorative Metropolis | Isozaki Arata, Igarashi Taro, Minami Yasuhiro

...、都市のことを考え始めたのですが、そのときモデにしたのがちょうど三〇年前に磯崎さんたちがな... ...キントッシュを手にするようになった新しいデジタ・クリエーターの「九五年世代」という言い方が...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.54-67