RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

大田省一 (オオタ・ショウイチ)

1966年生まれ。建築史、アジア都市研究。東京大学生産技術研究所助手。

(最終更新:2009年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「大田省一」検索結果 (5件)

[東アジア建築世界の二〇〇年]

一九世紀の波、二〇世紀の風 4:第三章 手先・シンボル・蕩尽・知の制覇──建築・都市の帝国主義 | 村松伸

Series: 19th-Century Waves, 20th-Century Winds 4 Chapter 3: A Minion, Symbol, Waste and the Hegemony of Intellect: Imperialism of Architecture and City | Muramatsu Sin

...論文、私家版、二〇〇〇)八七頁。 ★一四──大田省一『仏領期ベトナムにおける建築・都市計画の研... ... University of California Press, Berkeley, 1989. ★二七──大田省一、前掲書、二一─二四頁。 ★二八──同前、一...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.196-204

[論考]

南方主義建築の系譜──南のモダニズム・フランス植民地での実践 | 大田省一

A Genealogy of the Architecture of "Austral-ism": The Modernism of the Equatorial South in French Colonial Practice | Ota Shoichi

熱帯型の建築 今の世の中から植民地主義の時代を顧みるとき、またその枠組みのなかでの建築家の活動をみるとき、植民地主義は、まさに、建築家が本国とは異なった環境と出逢う契機を与えたと言える。 ヨーロッパを出て、植民地の開発のために建築家が出向く先は、アフリカ、アジアの熱帯地域がそのほとんどを占めた。地中海の向こうに広がる、...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.195-204

[論考]

首都空間の変容──中心をどう表現するか──ヴェトナムの事例 | 大田省一

The Transition of Capital Space: How to Express the Center; Vietnam as an Example | Ota Shoichi

ネイション・ステートを懐疑的に見なくてはいけない今日の状況下では、もはや首都という存在すらユートピアになりかねない。幸田露伴が「一国の首都」で説いたモラルたっぷりの「自覚」★一を、昨今の東京で見つけるのは不可能であろう。かつて日本でも「国家的デザイン」が議論されたことはあった。これからもその議論が行なわれる契機はあるだ...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.210-220

[東アジア建築世界の二〇〇年]

一九世紀の波、二〇世紀の風 6:第五章 建築とオリエンタリズム/ ナショナリズム | 村松伸

Series: 19-th Century Waves, 20-th Century Winds 6: Chapter 5: Architecture and Orientalism / Nationalism | Muramatsu Sin

五─一  オリエンタリズムと「簒奪様式」 畏敬の存続★一 ウィーンのバロック建築家フィッシャー・フォン・エルラッハ(一六五六─一七二三、Johann Bernh...建築保護、新しいスタイルの誕生については、大田省一『仏領期ベトナムにおける建築・都市計画の研...

『10+1』 No.28 (現代住宅の条件) | pp.172-181

[東アジア建築世界の二〇〇年]

一九世紀の波、二〇世紀の風 2:第一章 ゆるやかな建築の再編 | 村松伸

Chapter 1: A Gentle Re-organization of Architecture | Muramatsu Sin

一─一 モデル都市シンガポール ラッフルズのユートピア トーマス・スタンフォード・ラッフルズ(一七八一─一八二六)がシンガポールに足を踏み入れ、海岸沿いの地にユ...──佐藤洋一、前掲論文、七二頁。 ★三一──大田省一『仏領期ベトナムにおける建築・都市計画の研...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.181-194

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

村松 伸, 五十嵐太郎, 大月 敏雄, 牧 紀男ほか、村松 伸(編集), 村松 伸(編集), 大月 敏雄(編集), 牧 紀男(編集), 大田 省一(編集), 木下 光(編集), 五十嵐 太郎(編集)『アジア建築研究──トランスアーキテクチャー/トランスアーバニズム
(INAXo、1999年12月20日)

大田 省一、増田 彰久(編集)『建築のハノイ──ベトナムに誕生したパリ
(白揚社、2006年)