RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

山本想太郎 (ヤマモト・ソウタロウ)

1966年生まれ。建築家。山本想太郎設計アトリエ主宰、東洋大学非常勤講師、明治大学兼任講師。
http://park16.wakwak.com/~prospector/
http://www.atyam.net/

(最終更新:2010年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「山本想太郎」検索結果 (7件)

[論考]

アート・モデル表現に可能性はあるか? | 山本想太郎

Does Art-modeled Expression have Possibility? | Yamamoto Sotaro

...山本想太郎設計アトリエ)[図2] 《池沢の家》(アート:アイシャ・エルクメン、建築:山本想太郎設... ...文男文庫》(アート:カン・アイラン、建築:山本想太郎設計アトリエ)[図5] 空家プロジェクトを継...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.130-131

[鼎談]

建築の技法──つくることの楽しさへ | 今村創平南泰裕山本想太郎

The Art of Architecture: Pleasure of Creation | Imamura Sohei, Minami Yasuhiro, Yamamoto Sotaro

なぜ「技法」なのか? 今村──今回の「建築の技法」という特集は、建築について語る時、建築家によるコンセプトにそのまま寄り掛かるのではなく、また建築の技術について...変でしょうが、不可能ではないと思います。 山本想太郎氏コミュニケーションあるいは建築家というト...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.72-87

[制度─都市]

2:隈研吾《ONE表参道》──建築家のバランス感覚 | 山本想太郎

Kengo Kuma,"ONE-OMOTESANDO": Harmony as Architect | Yamamoto Sotaro

オーギュスト・ペレはその著書『建築理論への寄与』のなかで、建物を美へと結びつける道標として「特質、スタイル、調和」を挙げている。それは構築的なるものの美に関する記述であるが、鉄筋コンクリートという新素材と建築の伝統の意匠様式が融合する地平を切り開いていったペレならではのバランス感覚がそこにはあると思う。同時代の多くのコ...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.136-139

[論考]

スマートハウス考 《トヨタ夢の住宅PAPI》 | 山本想太郎

On Smart House: TOYOTA Dream House PAPI | Yamamoto Sotaro

│1│ 建物概要 《トヨタ夢の住宅PAPI》(以下《PAPI》)は、トヨタ自動車(株)およびトヨタホーム(株)によって、「愛・地球博」に合わせて愛知県長久手町につくられた実験住宅である。東京大学情報学環、坂村健教授を監修に迎えていることからも、同氏の《TRON電脳住宅》(一九八九─一九九三)の流れを汲む情報技術を中心と...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.105-112

[論考]

ジャン・プルーヴェの工場製・組立住宅における実験的試み | 山名善之

Jean Prouvé's Experimental Built-up House as Factory Products | Yoshiyuki Yamana

...nth and Twentieth Century Architecture, MIT Press, Cambridge, 1995.  邦訳=松畑強+山本想太郎訳、TOTO出版、二〇〇二。...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.90-97

[建築家的読書術]

必読書をめぐって | 難波和彦

Essential Books for Architecture | Namba Kazuhiko

五年前、はじめて大学に研究室を持つことになったとき、研究室の方向性を明確に示すために「難波研必読書二〇」をリストアップすることにした。大学生にはちょっと無理かも...トン『テクトニック・カルチャー』(松畑強+山本想太郎訳、TOTO出版、二〇〇二)。 一〇、コーリン・...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.86-88

[生産─技術]

2:《国立西洋美術館》免震レトロフィット──免震は「技法」であるべきではない | 山本想太郎

"The National Museum of Western Art", Seismic Isolation Retorofit: Seismic Isolation Must Not Be Technique | Yamamoto Sotaro

日本の建築家なら、だれでも一度くらいは地震のある国で設計しなければならないことを恨めしく思ったことがあるのではないだろうか。ル・コルビュジエは近代建築の原則として「自由」を提唱し、新しい技術と思想がもたらす自由は近代建築の基本概念のひとつとなったが、もちろん建築にはまだまだ多くの制約がある。構築物としての建築が地球上で...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.116-119

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

ケネス・フランプトン、松畑 強(編集), 山本 想太郎(編集)『テクトニック・カルチャー──19-20世紀建築の構法の詩学
(TOTO出版、2002年1月)