RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

隈研吾 (クマ・ケンゴ)

1954年生まれ。建築家。東京大学教授。
http://www.kkaa.co.jp/

(最終更新:2009年9月30日)

> 10+1 DATABASE内「隈研吾」検索結果 (34件)

[論考]

26:ユニット派あるいは非作家性の若手建築家をめぐって | 五十嵐太郎

The Unit Group: On the Non-Authorship of Young Architects | Igarashi Taro

...的なオブジェになることが多い。 岡田哲史は、隈研吾や阿部仁史が形態は重要でないと述べたことを契... ...的に建築を思考している。ユニットではないが、隈研吾も同じ立場だ。実際、飯島は隈の『反オブジェ...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.134-145

[インタヴュー]

景観の現在──グローバリゼーションのなかでの変容 | 隈研吾今村創平

Contemporary Landscape: Transformation in Globalization | Kuma Kengo, Imamura Sohei

...の景観をめぐるさまざまな動きについて、建築家隈研吾さんのお考えを伺いたいと思います。 例えば日... ...ていることを話していただければと思います。 隈研吾──おそらくその二つの話は関連していて、ここ...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.82-93

[現代建築思潮]

討議:建築家の有名性の生産、流通および消費 | 南後由和成実弘至日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝

Producing, Distributing and Consuming Architectural Fame | Yoshikazu Nango, Hiroshi Narumi, Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka

...が、槇文彦さんも安藤忠雄さんも伊東豊雄さんも隈研吾さんも、《代々木国立屋内総合競技場》を丹下... ...きく膨らませるものであった」と答えているのは隈研吾さんです。また、万博直後の高校生の進路調査...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.27-44

[鼎談]

建築と書物──読むこと、書くこと、つくること | 隈研吾五十嵐太郎永江朗

Architecture and Books: Reading, Writing and Creating | Kuma Kengo, Igarashi Taro, Nagae Akira

...それがまず根本的な疑問としてあるのですが。 隈研吾──言われてみれば確かにそうなのかもしれませ... ...かは微妙なところがあるんですけれども。 1──隈研吾氏記憶に残る書物の気合い? 永江──これまで...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.54-70

[制度─都市]

2:隈研吾《ONE表参道》──建築家のバランス感覚 | 山本想太郎

Kengo Kuma,"ONE-OMOTESANDO": Harmony as Architect | Yamamoto Sotaro

...コンクリートがそうであるとも言えるし、近年の隈研吾の建築におけるルーバーもそれにあたろう。ル... ...には、高度なバランス感覚が必要なのである。 隈研吾は、その作風の変遷も含め、実にバランス感覚に...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.136-139

[対談]

公共性と集合住宅 | 大野秀敏隈研吾

Publicity and Collective Housing | Hidetoshi Oono, Kuma Kengo

...対談のもうひとつのテーマだと思っています。 隈研吾──モダニズムが最初から孕んでいた一種の矛盾... ...積率は一〇〇〇を超えてもいいというように。 隈研吾氏デザイナーズ・マンションの可能性 隈──デザ...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.54-65

[論考]

内破する万博 | 五十嵐太郎

Imploding EXPO | Igarashi Taro

...ではないか。当初、中沢が建築家として竹山聖、隈研吾、團紀彦を推薦し、一九九六年に三人がスケッ... ...くちゃにする、正しく「戦後初」の万博なのだ。隈研吾は一九九七年から会場計画のリーダーになり、...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.155-163

[現代住宅研究 5-3]

外装 | 塚本由晴

Exteriors | Tsukamoto Yoshiharu

...にも波及するわけで、例えば《森/スラット》(隈研吾、一九九五)[図6]などは、鈍く光を反射する... ...  《松山桑原の住宅》  平面図 縮尺1/4006──隈研吾《森/スラット》  平面図 縮尺1/400このように...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.39-43

[対談]

ポスト地政学の趣都論──ストリート/建築への眼差し | 隈研吾森川嘉一郎

Post-Geopolitics, Community of Interest and the City: Eyes to the Street/ Architecture | Kuma Kengo, Morikawa Kaichiro

隈——建築への関心がそれまでの内部から「お外」へと志向し始めたのは九○年代の最初の頃だったでしょうか。地面でゴロゴロする若者、いわゆる「ジベタリアン」が増えてき...否定し続けることが、僕にとって最も楽しい。 隈研吾氏オイルショック体験と建築へのニヒリズム 森川...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.64-78

[論考]

住居の現在形──住居の個人史あるいは脱家族──脱住居への欲望 | 芹沢俊介+隈研吾

Housing in the Present Tense: A Personal History of Housing, or: Desiring De-Domestication | Serizawa Syunnsuke, Kuma Kengo

郊外住宅の周辺から 芹沢──僕は現在茨城県の牛久に住んでいますが、今度別のところに住もうと思っているんです。三人の子供のうち二人が家を出たものですから、なるべく...めてしまったように思えるのです。 芹沢俊介隈  研吾                                 ...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.40-55

[論考]

メディアと建築──建築史の中の写真 | 五十嵐太郎

Media and Architecture: The Position of Photography in Architectural History | Igarashi Taro

...築には、外部と交流する内部空間が存在する。 隈研吾は、建築における「窓は主体が対象を見るための... ...遠藤知巳訳、十月社、一九九七)。 ★一〇──隈研吾『新・建築入門』(ちくま新書、一九九四)。 ★...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.117-132

[論考]

90年代都市プロジェクト | 奈尾信英

Urbanism Projects of the 90s | Nao Nobuhide

...」(シーザー・ペリ) ◆「愛知万国博覧会」(隈研吾建築都市設計事務所ほか) ◆「福岡空港新第2タ... ...河貢・都市居住研究共同体) *「海/都市」(隈研吾建築都市設計事務所) ◆「東京港フェリーターミ...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.97-105

[鼎談]

建築の技法──つくることの楽しさへ | 今村創平南泰裕山本想太郎

The Art of Architecture: Pleasure of Creation | Imamura Sohei, Minami Yasuhiro, Yamamoto Sotaro

...延長上にいる、むしろより隠したくなっている。隈研吾さんのルーバーの話も今回書きましたが、ルー... ...としての力を持ちうるのではないか。 作品例 ・隈研吾《ONE表参道》 ・妹島和世+西沢立衛/SANAA《ディ...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.72-87

[批評]

大地を刻む──ランドスケープからランドスクレイプへ | 五十嵐太郎

Carving the Earth: From Landscape to Landscrape | Igarashi Taro

...構築のなかの豊饒さが引き起こしたものなのだ。隈研吾は「建築」から排除され続けてきた洞窟の特質... ...口裕弘訳、二見書房、一九七八年)。 ★八──隈研吾『新・建築入門』(筑摩書房、一九九四年)。 ★...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.88-99

[建築の言説、都市の言説 8]

隠喩としてのテクスト──多木浩二の病理的ゲーム | 大島哲蔵

Metaphorical Texts : Koji Taki's Pathological Game | Oshima Tetsuzo

多木浩二氏(以下敬称略)が「今後基本的に建築を論じることはないだろう」として瓢然と建築界に背を向けてから、かれこれ一〇年が経過している。それでも本誌のバックナン...イズ」に落ちついているが、こうしたステージは隈研吾氏の『新・建築入門』程度の論旨と狙い(ここ...

『10+1』 No.12 (東京新論) | pp.30-31

[1990年代以降の建築・都市 2]

アポカリプスの都市 2001──ニューヨーク/アフガン/ベルリン | 五十嵐太郎

Apocalyptic Cities 2001: New York/Afghanistan/Berlin | Igarashi Taro

世界貿易センタービルの崩壊──二〇世紀建築の終わり 僕たちは下に降りて、外に出たんだ。それはアポカリプスの風景だった。原爆がどんなものかは知らないけれど、きっ...滅した。物質文明のはかなさを痛感した」という隈研吾の感想は、多くの人も抱いただろう★四。林昌...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.181-194

[論考]

東京のタイポ・モルフォロジー | 塚本由晴藤村龍至

Typology/ Morphology of Tokyo | Tsukamoto Yoshiharu, Ryuji Fujimura

このところ東京都心部では、「東京ミッドタウン」や「新丸ビル」等、大規模再開発による大型商業施設が続々とオープンしている。経済構造改革と連動した「都市再生」と呼ば...ている。例えば《サントリー・ミュージアム》(隈研吾)[図3]では、アルミパイプに桐の突板が練付...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.76-84

[ゼロ年代の建築・都市 3]

家型の二一世紀 | 五十嵐太郎

House Form in the 21st Century | Igarashi Taro

建売住宅から学ぶこと 家型という視点から眺めていくと、一九八〇年代の建築は基本的に七〇年代の延長にあり、記号的な表現をさらに展開し、思考を深めている。 石井和紘...(一九九〇)や、非対称性を強調する篠原聡子+隈研吾の《DE町屋》(一九九〇)が挙げられるだろう。...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.33-34

[インタヴュー]

「アーキラボ」/あるいは建築のキュレーションについて | マリ=アンジュ・ブレイエ今村創平

"ARCHILAB"/Or Curate an Architecture | Marie-Ange Brayer, Imamura Sohei

「アーキラボ」について 今村創平──マリ=アンジュさんは「アーキラボ」展に関連して多くのインタヴューを受けられ、すでに質問されることにはうんざりされていることと...家は非常に実験的だからです。長谷川逸子さんや隈研吾さん、伊東豊雄さんなどは自然と建築との一体...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.150-158

[都市とモードのフィールドノート 1]

ブランド化する建築 | 成実弘至

Brand Architecture | Hiroshi Narumi

いつか大学の同僚との会話のなかで、建築とファッションには共通するところが多いのだから、両方とも同じコースで教育すればいい、と利いた風な意見を述べたことがある。す...妹島和世+西澤立衛(SANAA)の「ディオール」、隈研吾の《ONE表参道》(LVMHグループの店舗が入る)が...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.30-32

[1990年代以降の建築・都市 5]

自由な建築──坂本一成論 | 五十嵐太郎

Architecture of Freedom: An Essay on Kazunari Sakamoto | Igarashi Taro

重層的な決定のシステム 一九九九年、坂本一成の設計による《HOUSE SA》が竣工した[図1]。ギャラリー・間の坂本一成展「住宅──日常の詩学」が、名古屋の愛知...そして半透明のFRPの緑色と自然の緑が共振する。隈研吾の《PLASTIC HOUSE》(二〇〇二)にも通じる手法で...

『10+1』 No.29 (新・東京の地誌学 都市を発見するために) | pp.194-204

[論考]

「美術館都市」は可能か? | 暮沢剛巳

Is the "Art Museum City" Possible? | Kuresawa Takemi

Q──最近、六本木アート・トライアングルってよく聞くけど、あれって何のことなの? A──ここ数年、六本木には立て続けに大きな美術館が開館したじゃない? そのなか...トリー美術館は古美術のコレクションが中心で、隈研吾のデザインもそれを尊重した作りになっている...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.132-133

[技術と歴史 1]

文化財になったアメリカの未来住宅 | 松村秀一

The American Future House Registered as Cultural Properties | Matsumura Shuichi

はじめに 今日は二〇世紀の「建築生産の工業化」という文脈の中で語られることの多い四つの住宅についてお話したいと思います。個人的な背景として、私自身の研究の主たる...ないものを用意しました。これは、一九九六年に隈研吾さんと再建中の《アルミネア》と《ウィチタハ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.180-193

[現代建築思潮]

討議:中間的/総括的──現代建築思潮研究会二〇〇三─二〇〇五 | 今井公太郎今村創平日埜直彦吉村靖孝

Medium-term Roundup: Contemporary Architectural Trend Studies, 2003-2005 | Imai Kotaro, Imamura Sohei, Hino Naohiko, Yoshimura Yasutaka

議論の新しいスタイル? 10+1──「現代建築思潮研究会」はこれから三年目に入りますが、月例で研究会を行なってきたこの二年間を振り返ってどんなことを考えますか。...い軸が生まれてきているように見えるんですね。隈研吾さんも『負ける建築』とおっしゃっているよう...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.24-28

[フィールドワーク]

タウトが歩いた東京 1933-1936 | 斉藤理

Bruno Taut, Walking in Tokyo 1933-1936 | Tadashi Saito

...イデル [実行委員長]磯崎新 [会場デザイン]隈研吾 [協力]東京大学工学部建築学科/群馬県立歴... ...ものだ。(それを思うと1800年代にエンデとボェックマン(原文ママ)の手になる建築物[図23]はなん...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.179-186

[中国]

21:張永和:バンブー・チャイナ | 村松伸

Zhang Yonghe: Bamboo China | Muramatsu Sin

1956年北京生まれ。南京工学院建築系卒業。84年渡米して、建築を学ぶ。ライス大学で教鞭をとっていたが、中国の変化に魅力を感じ96年帰国。妻とともに93年、「非...表現されている。 二〇〇〇年九月から、ぼくは隈研吾さん、張永和さんとともに、彼が経営する北京大...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.124-125

[都市/メディア]

九〇年代、メディアのなかの都市 | 松田達

An Introduction to the Urban in the Media of the 90s | Matsuda Tatsu

ここ数年、いわゆる建築雑誌以外のメディアにおいて建築が取り上げられる機会が多くなってきた。NHKの『ETVカルチャースペシャル』で「建築家バトル」が行なわれたの...鵜沢隆研究室が制作したCGが見られる。『SD』の隈研吾特集のように、今後CD-ROMが付属された建築雑誌が...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.116-119

[都市/テクスト]

九〇年代の建築/都市計画の文献をめぐって | 五十嵐太郎

An Introduction to Books on Architecture/Urbanism in the 90s | Igarashi Taro

...九八九)に読みとることができる。九〇年代には隈研吾が建築の消去を唱え、磯崎新は「都市は姿を消... ...的な動きを予告していたことを再確認できる。27 隈研吾『建築的欲望の終焉』(新曜社、1994) 80年代...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.112-115

[中国]

22:紅石:スノッビー北京を創る | 村松伸

Red Stone: Creating Snobby Beijing | Muramatsu Sin

紅石 潘石屹(Pam Shichi)と張欣(Zhang Xin)が1995年北京で創設した土地開発会社。デザインを重視した果敢な住宅開発を行ない、21世紀の中国...ャーシリーズの第一回は、山本理顕さんだった。隈研吾さんは一日遅れてやってきたから、最初に張欣...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.126-127

[鼎談]

現代建築批評の方法──ジェンダー・人間中心主義批判・表象文化論・精神分析をめぐって | 土居義岳後藤武五十嵐太郎

Contemporary Methods in Architecture Criticism: Gender/A Critique of Anthropocentrism/Psychoanalysis | Yoshitake Doi, Goto Takeshi, Igarashi Taro

建築と身体、ジェンダー 五十嵐── 今回の特集は、もともとは身体、ジェンダーなどの問題からスタートしました。僕は一九九〇年頃から美術史におけるジェンダーの問題に...な側面があります。これまた自己批判ですが。 隈研吾さんの「住宅エンジン論」ではありませんが、郊...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.62-81

[論考]

卒業設計、修士設計のメディア化。 何が起きているのですか? | 五十嵐太郎

Graduate-Design and Master-Design as Media. What has Occurred? | Igarashi Taro

卒業設計に関しては、空前の事態を迎えていると言っていいだろう。 以前から鉱脈はあったのだが、それが二〇〇三年に始まったせんだいメディアテークの卒業設計日本一決定...の傾向と対策というべきか。その射程の短さは、隈研吾であれば、卒計の「カラオケ」化と呼ぶだろう...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.82-83

[万博という問題系 3]

年代記的に──浅田孝、瀧口修造、六〇年代 | 磯崎新五十嵐太郎小田マサノリ

Arata Isozaki ×Taro Igarashi and Masanori Oda | Isozaki Arata, Igarashi Taro, ODAMASANORI

丹下研究室の浅田孝 五十嵐──磯崎さんと万博の関わりを整理しておくと、まず大阪万博の現場でテクノロジーの最前線におられたと同時に、反博のアーティストらとも交流を...本太郎」をテーマにした建築のシンポジウムで、隈研吾さんや浅田彰さんとご一緒に愛知博について発...

『10+1』 No.36 (万博の遠近法) | pp.96-111

[対談]

ポストモダン一九六八─八九──近代批判としての | 磯崎新五十嵐太郎日埜直彦

Post-Modern 1968-89: As Criticism of Modernism | Isozaki Arata, Igarashi Taro, Hino Naohiko

1 『ポスト・モダニズムの建築言語』の時代背景 日埜──今回の特集のテーマは「八〇年代建築を読み直す」としています。ポストモダンの建築に対する評価、あるいは距離...。スタルクの《アサヒスーパードライホール》や隈研吾さんの《M2》が登場して、なんだかすごいことに...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.62-77

[鼎談]

アルゴリズムで表層と深層を架橋せよ | 柄沢祐輔南後由和藤村龍至

Cross-link between Superficial Layer and Deeper Layer with Algorithm | Yuusuke Karasawa, Yoshikazu Nango, Ryuji Fujimura

リバタリアニズムと不可視のマンハッタン・グリッド 柄沢祐輔──まず始めに討議の前提を少し話してから本題にスライドさせていきたいと思いますが、二〇〇一年以降、東京...決めるのは日建設計のような組織設計事務所で、隈研吾さんや青木淳さんのようないわゆるアトリエ派...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.62-75

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

隈 研吾『10宅論
(トーソー出版、1986年10月1日)

東京現代建築ほめ殺し
(、1997年3月1日)

隈 研吾『自然な建築
(岩波書店、2008年11月20日)

隈 研吾, 清野 由美『新・都市論TOKYO
(集英社、2008年1月17日)

負ける建築
(、2004年)