RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.14>ARTICLE

>
なぜ建物ではなく女が装飾されねばならないのか──アドルフ・ロースをめぐる諸考察 | ジョージ・ハーシー+篠儀直子 訳
Why Should Women But Not Buildings Be Ornamented? : Reflection on Adolf Loos | George Hersey, Shinogi Naoko
掲載『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) pp.155-160

公開を制限しています

>ジョージ・ハーシー(ジョージ・ハーシー)

イエール大学美術史 教授。

>篠儀直子(シノギ・ナオコ)

翻訳者。表象文化論、アメリカ史。

>『10+1』 No.14

特集=現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築