RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

木下光 (キノシタ・ヒカル)

1968年生まれ。香港研究、都市計画。関西大学准教授。
http://www.arch.kansai-u.ac.jp/urban/TOP.html

(最終更新:2009年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「木下光」検索結果 (6件)

[1990年代以降の建築・都市 1]

アジアのジェネリック・シティとレム・コールハース | 五十嵐太郎

Rem Koolhaas and Generic Cities in Asia | Igarashi Taro

...市の政治学』(岩波書店、一九九四) ★六──木下光「交通と運輸」(可児弘明編『もっと知りたい香... ...たい。 ★一〇──2G, No.10, Editorial Gustavo Gili, 1999. 木下光「OMAアジア──コンセプトとしてのタブラ・ラ...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.177-187

[論考]

島(シマ)=現代の中世都市・香港 | 木下光

Hong Kong as Island, the Contemporary Medieval City | Kinoshita Hikaru

0 非生産都市=香港 香港という都市は、如何にして成立しているのか。例えば、香港における農業・漁業のGDP(国内総生産)に占める割合はわずか〇・一パーセントにすぎない★一。基本的なことであるが、食料を都市の外に、それもかなりの割合で依存しているのである。これは香港が元来、香港島という島(シマ)であり、中国に返還された今...

『10+1』 No.21 (トーキョー・リサイクル計画──作る都市から使う都市へ) | pp.177-186

[論考]

高層高密都市に潜む──ホンコン・スタイル | 木下光

Living in a High-Rise,High-Density City:Hong Kong Style | Kinoshita Hikaru

1都市を浮遊するように生活するーホンコン・スタイル ノーマン・フォスターの新しい空港ができて、啓徳空港にジェットコースターのように降り立つスリリングさは二度と味わえなくなったが・香港ヘランディングする数十分間は、まさに都市の断面図を見る瞬間でもあった。空港は都市の心臓部に位置しており、飛行機の窓からは高密度な建物群を見...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.133-143

[東アジア建築世界の二〇〇年]

一九世紀の波、二〇世紀の風 2:第一章 ゆるやかな建築の再編 | 村松伸

Chapter 1: A Gentle Re-organization of Architecture | Muramatsu Sin

一─一 モデル都市シンガポール ラッフルズのユートピア トーマス・スタンフォード・ラッフルズ(一七八一─一八二六)がシンガポールに足を踏み入れ、海岸沿いの地にユ...ヤ・ジャヤパール『シンガポール都市の歴史』(木下光訳、学芸出版社、一九九六)二〇─二七頁も参...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.181-194

[都市史/歴史]

方法論の展開──90年代都市史文献序説 | 奈尾信英岩谷洋子

The Development of Methodology: An Introduction to Books on Urban History Published in the 90s | Nao Nobuhide, Iwaya Yoko

都市史における五つの潮流 一九九〇年代の都市史関係の文献を回顧すると、それには大きく分けて次の五つの潮流があるように思われる。まずひとつめは新たな都市権力論の登...ヤ・ジャヤパール『シンガポール都市の歴史』(木下光訳、学芸出版社、一九九六)★七、村松伸監修...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.120-123

[香港]

23:OMAアジア:コンセプトとしてのタブラ・ラサ | 木下光

OMA Asia: Tabula Rasa as a Design Concept | Kinoshita Hikaru

アーロン・H・H・タン Aaron H. H.Tan:1963年シンガポール生まれ。1994年、レム・コールハースとともにOMAアジアを設立し、翌年より同ディレクターを務める。主なコンペ受賞=「広州国際コンヴェンション+エクシビジョン・センター」、「オーチャード・マスタープラン」、「北京国際金融センター」など。主な作品...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.128-129

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

村松 伸, 五十嵐太郎, 大月 敏雄, 牧 紀男ほか、村松 伸(編集), 村松 伸(編集), 大月 敏雄(編集), 牧 紀男(編集), 大田 省一(編集), 木下 光(編集), 五十嵐 太郎(編集)『アジア建築研究──トランスアーキテクチャー/トランスアーバニズム
(INAXo、1999年12月20日)