RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

狭小住宅 (Small House)

日本の都市の特殊な敷地条件によって余儀なくされた狭小住宅や建築物。切り売りされ細分化された狭い敷地や変型した土地に、さまざまな創意と工夫によって建てられたこれらの建築をガイドした『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』が、東京工業大学塚本由晴研究室によってまとめられている。ペット・アーキテクチャーとは建物の大きさは「犬小屋以上ウサギ小屋」の意。

> 10+1 DATABASE内「狭小住宅」検索結果 (9件)

[1990年代以降の建築・都市 6]

九坪ハウス考 | 五十嵐太郎

On "Kyutsubo House" | Igarashi Taro

...O』は、毎号のように、狭小住宅を特集し、その集大成として『MEMO別冊 狭小住宅のすべて』(二〇〇一... ...部屋』二〇〇一年六月号「特集=都会に建てる狭小住宅のすべて」(同)。 ・『MEMO男の部屋』二〇〇一...

『10+1』 No.30 (都市プロジェクト・スタディ) | pp.184-193

[キーワード]

「住宅」にまつわるエトセトラ──住宅環境をとりまく言葉についての八抄 | 瀬山真樹夫

Miscellany on Residences: Eight Works on Housing Environment Terms | Seyama Makio

...れることが多い。例えば『Memo 男の部屋』の「狭小住宅のすべて。」と銘打った特集★一においては、住... ...─『Memo 男の部屋』二〇〇一年六月号「特集=狭小住宅のすべて。」(ワールドフォトプレス)。 ★二...

『10+1』 No.28 (現代住宅の条件) | pp.100-119

[現代建築思潮]

オリンピック/都心の郊外──まだ見ぬ郊外論に向けて | 日埜直彦今井公太郎吉村靖孝今村創平

Olympic Game/Suburbs in City Core: Toward Different Suburb Studies | Hino Naohiko, Imai Kotaro, Yoshimura Yasutaka, Imamura Sohei

山の手/下町/サード・ドメイン | 日埜直彦 クーベルタン男爵のコスモポリタニズムに始まったオリンピックが、反転してベルリン・オリンピックに象徴されるネーション...くるのである。 あたらしい敷地 《森山邸》は狭小住宅ではないし、郊外の邸宅でもない。高層ビルの...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.48-56

[福岡]

福岡リビングコンディション──GAO/ゴースト・アーキテクト・オフィスのためのコレクション──もうひとつ別の現実:シミュラークルプロジェクトとしてのドットシティ | 石田壽一九州芸術工科大学石田研究室

Fukuoka Living Conditions: Collection for the GAO/Ghost Architects Office Dots City as the Simulative Project for the Another Alternative Reality | Ishida Toshikazu, Kyusyu Institute of Design Ishida Lab.

福岡リビングコンディション 「福岡リビングコンディション(以下FLC)」は、第二回福岡アジア美術トリエンナーレ二〇〇二に招待されたアトリエ・ワンと九州芸術工科大...松1丁目 • 東西65m×南北105mの一街区に100近い狭小住宅がひしめき合っている • 隣接する護国神社の所...

『10+1』 No.30 (都市プロジェクト・スタディ) | pp.156-171

[1990年代以降の建築・都市 17]

Renewal of Modernism──谷口吉生論 | 五十嵐太郎

Renewal of Modernism: Yoshio Taniguchi | Igarashi Taro

巨大なスケールと精巧なディテール 谷口吉生は特異な日本人建築家である。経歴を調べると、以下の二点が指摘できる。 第一に、ほとんど住宅作品がない。通常、日本の建築...宅作品がない。通常、日本の建築家は、自邸や狭小住宅を手がけてから、公共施設にステップアップし...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.20-21

[論考]

二〇世紀日本建築の「悦ばしき知識」──丹下研究室の国土・都市・建築 | 豊川斎赫

Japanese Architecture of The 20th Century: "La gaya scienza": The Research of Regional, Urban, and Architecture in Tange Laboratory | Saikaku Toyokawa

建築にいながら何をやっているんだと或は人から思はれる位、一寸見ると建築とは縁がなさそうに見えるかもしれないような基礎理論を各方面から切り開いて行かなければならな...族総出による長時間労働でこれを支え、低質の狭小住宅に我慢するのがつねで、これにより建物の老朽...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.80-95

[素材─構造]

1:妹島和世《梅林の家》──厚い壁 | 吉村靖孝

Kazuyo Sejima, "House in a Plum Grove": The Thick Wall | Yoshimura Yasutaka

妄想 東京に暮らしていると、隣接するビルとビルのあいだに空いたあの無駄な隙間にまったく違和感を感じなくなる。たしかにそれは普段なら見すごしていてもなんら不都合の...んら不都合のない微小な空間であるが、しかし狭小住宅の設計になぞかかわると、いかにも恨めしい隙...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.88-91

[フィールドワーク]

被災都市のフィールドワーク──プランナーズネットワーク神戸 | 松原永季田中正人

Fieldwork in the Disaster-Stricken City──Planner's Network KOBE | Matsubara Eiki, Masato Tanaka

1:フィールドワークへ向けて 松原永季 暗闇の中に、何か白いものがぼんやりと浮かんでいた。 地震でなぎ倒された電柱からぶら下がる電線を、道行くに人に気付かせるた...る空地2──基礎が残るゴミ置き場と化した空地狭小住宅 ─住宅の極小規模化─ 震災復興の再建住宅は...

『10+1』 No.24 (フィールドワーク/歩行と視線) | pp.70-84

[現代建築思潮]

討議:建築家の有名性の生産、流通および消費 | 南後由和成実弘至日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝

Producing, Distributing and Consuming Architectural Fame | Yoshikazu Nango, Hiroshi Narumi, Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka

1日目:建築家の有名性──戦中・戦後の建築雑誌にみる丹下健三の表象 南後由和 南後由和──日本の建築家を取り巻く制度、建築ジャーナリズムの系譜を追いかけながら、...行くと、七〇年代の都市住宅に始まって、今の狭小住宅につらなる戸建て住宅ブームというのは、実は...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.27-44

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

東京工業大学建築学科塚本研究室, アトリエ・ワン『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック
(ワールドフォトプレス、2001年8月)