RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

テクトニック・カルチャー──19-20世紀建築の構法の詩学

ケネス・フランプトン、松畑 強(編集), 山本 想太郎(編集)
TOTO出版、2002年1月、638ページ
ISBN=4887062079

> 10+1 DATABASE内「テクトニック・カルチャー──19-20世紀建築の構法の詩学」検索結果 (6件)

[論考]

スマートハウス考 《トヨタ夢の住宅PAPI》 | 山本想太郎

On Smart House: TOYOTA Dream House PAPI | Yamamoto Sotaro

│1│ 建物概要 《トヨタ夢の住宅PAPI》(以下《PAPI》)は、トヨタ自動車(株)およびトヨタホーム(株)によって、「愛・地球博」に合わせて愛知県長久手町につくられた実験住宅である。東京大学情報学環、坂村健教授を監修に迎えていることからも、同氏の《TRON電脳住宅》(一九八九─一九九三)の流れを汲む情報技術を中心と...

『10+1』 No.41 (実験住宅) | pp.105-112

[論考]

アート・モデル表現に可能性はあるか? | 山本想太郎

Does Art-modeled Expression have Possibility? | Yamamoto Sotaro

建築は芸術である、あるいは建築は芸術ではない、というような議論は多分に定義の遊びに陥りがちだが、一般にはやはり「建築」と「アート」は異なった表現形式として認識されている。そして特にその表現価値の考証において、それらはたびたび対照されるものでもある。ここでは、現代アートの表現概念が建築・都市にもたらしうる可能性をひとつの...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.130-131

[制度─都市]

2:隈研吾《ONE表参道》──建築家のバランス感覚 | 山本想太郎

Kengo Kuma,"ONE-OMOTESANDO": Harmony as Architect | Yamamoto Sotaro

オーギュスト・ペレはその著書『建築理論への寄与』のなかで、建物を美へと結びつける道標として「特質、スタイル、調和」を挙げている。それは構築的なるものの美に関する記述であるが、鉄筋コンクリートという新素材と建築の伝統の意匠様式が融合する地平を切り開いていったペレならではのバランス感覚がそこにはあると思う。同時代の多くのコ...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.136-139

[生産─技術]

2:《国立西洋美術館》免震レトロフィット──免震は「技法」であるべきではない | 山本想太郎

"The National Museum of Western Art", Seismic Isolation Retorofit: Seismic Isolation Must Not Be Technique | Yamamoto Sotaro

日本の建築家なら、だれでも一度くらいは地震のある国で設計しなければならないことを恨めしく思ったことがあるのではないだろうか。ル・コルビュジエは近代建築の原則として「自由」を提唱し、新しい技術と思想がもたらす自由は近代建築の基本概念のひとつとなったが、もちろん建築にはまだまだ多くの制約がある。構築物としての建築が地球上で...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.116-119

[鼎談]

建築の技法──つくることの楽しさへ | 今村創平南泰裕山本想太郎

The Art of Architecture: Pleasure of Creation | Imamura Sohei, Minami Yasuhiro, Yamamoto Sotaro

なぜ「技法」なのか? 今村──今回の「建築の技法」という特集は、建築について語る時、建築家によるコンセプトにそのまま寄り掛かるのではなく、また建築の技術について語る時、その技術だけを取り出してきて客観的に記録にすることが目的ではありません。建築家の考えとそれを支える技術のつながりを、きちんと描写しようというのが趣旨です...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.72-87

[批評]

テクトニック、という視座をめぐる省察 | ケネス・フランプトン南泰裕

Reflections on the Scope of the Tectonic Kenneth Frampton | Kenneth Frampton, Minami Yasuhiro

現代建築の歴史は必然的に多様なものであり、雑多ですらあるだろう──建築そのものから離れた、人間的な環境を形成するための構造の歴史。そしてそれらの構造を統制し方向づけようとする歴史。そうした試行の政策や方法を考案しようとした知識人たちの歴史。完全で明確な言葉へと辿り着くことを断念した、新しい言語についての歴史。これらの歴...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.129-154