RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

ケヴィン・ニュート (Kevin Nute)

1958年生まれ。オレゴン大学建築学科准教授。

(最終更新:2009年5月25日)

> 10+1 DATABASE内「ケヴィン・ニュート」検索結果 (3件)

[日本]

31:遠藤秀平:連続する曲面による空間の可能性──遠藤秀平と連綿体の建築 | ケヴィン・ニュート五十嵐光二

Shuhei Endo: Potential of Space Consists of Continuous Curved Surface | Kevin Nute, Igarashi Koji

...hei Endo, published by Editorial Gustavo Gili, SA Author: Kevin Nute © Kevin Nute All Rights Reserved 註 ★一──緯度上は比較...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.154-157

[論考]

夢みられた場所──サバ─ブ/サバ─ビア/コミュニティ | 生井英考

Dreamed Places: Suburb/Suburbia/ Community | Ikui Eiko

...って、必ずしも線的で前進的な変化をともなうニュートン的な時間認識を必要とはしない。──ガルシ... ...ぺりした居住地だと見なされている。たとえばケヴィン・リンチは言う── 私たちの新しい郊外住宅地...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.137-147

[批評]

「節合」する都市論──アーバン・スタディーズからカルチュラル・スタディーズへ | 毛利嘉孝

On the Articulated City: From Urban Studies to Cultural Studies | Mori Yoshitaka

...築することにも繋がっている。都市は、決してニュートラルな存在ではないし単に重層的な存在でもな... ...いるのかは、たとえばデヴィッド・モーリーとケヴィン・ロビンズの最近の書物『アイデンティティの...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.141-153

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

Kevin Nute『Place, Time and Being in Japanese Architecture
(Routledge、2004年4月8日)