RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.22>ARTICLE

>
31:遠藤秀平:連続する曲面による空間の可能性──遠藤秀平と連綿体の建築 | ケヴィン・ニュート+五十嵐光二 訳
Shuhei Endo: Potential of Space Consists of Continuous Curved Surface | Kevin Nute, Igarashi Koji
掲載『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) pp.154-157

公開を制限しています

>ケヴィン・ニュート(ケヴィン・ニュート)

1958年生
オレゴン大学建築学科准教授。

>五十嵐光二(イガラシ・コウジ)

1966年生
東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。表象文化論、美術史。

>『10+1』 No.22

特集=建築2001──40のナビゲーション