RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

中村秀之 (ナカムラ・ヒデユキ)

1955年生まれ。社会学・映像社会論。立教大学現代心理学部教授。

(最終更新:2009年9月28日)

> 10+1 DATABASE内「中村秀之」検索結果 (8件)

[映像のトポス 1]

逃げ去る都市──遊歩の凋落と映画の出現 | 中村秀之

The Fugitive City: The Decline of the Flânerie and the Emergence of Cinema | Nakamura Hideyuki

...機械接合系としての映画という点については、中村秀之「飛び散った瓦礫のなかを──『複製技術時代... ...書、二三五頁。 ★一六──この点については、中村秀之「ヴァルター・ベンヤミンの知覚の政治学──...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.33-44

[批評]

サイレント・コメディにおける〈異空間〉の生産 | 中村秀之

Produciton of "Other Spaces" in Silent Comedy: A Tramp's Utopia and its Vicissitude | Nakamura Hideyuki

..., Symphony of a City", Aitken & Zonn, 1994, 211. ★一二──中村秀之「ヴァルター・ベンヤミンの知覚の政治学:ア...

『10+1』 No.11 (新しい地理学) | pp.138-150

[映像のトポス 2]

群衆のなかの道化──『群衆』(一九二八)における言説とアレゴリー | 中村秀之

A Clown in the Crowd: Discourse and Allegory in The Crowd (1928) | Nakamura Hideyuki

つまり、新たに始めること、わずかばかりのもので遣り繰りすること、そのわずかばかりのものから拵えあげること、そしてその際に、右や左をきょろきょろ見ないこと。 (ヴ...くま学芸文庫、一九九六)三七六頁。 ★二──中村秀之「逃げ去る都市──遊歩の凋落と映画の出現」...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.22-29

[映像のトポス 4]

路上の馬鹿息子──機械の言説そして/または機械状のイメージ | 中村秀之

The Saphead on the Street: Machine: Discourse and/ or Mechanical Images in The Cameraman | Nakamura Hideyuki

1〈機械の言説〉──英雄的個人主義 機械は、諸言説の外部にあってそれを産出する〈現実的な〉力の源泉ないし集合であると同時に、それ自体が言説の主要な構成契機として機能する。とりわけ二〇年代にあって顕著な現象は、都市=機械という局域的な複合体が社会=機械へと全域化するという過程において、表象としての「人間」と「機械」との関...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.20-29

[映像のトポス 3]

群衆のなかの道化(承前)──『群衆』(一九二八)における言説とアレゴリー | 中村秀之

A Clown in the Crowd (continuation): Discourse and Allegory in The Crowd (1928) | Nakamura Hideyuki

〈都市の言説〉としてのコニーアイランド(承前) こうして、『あれ』と『スピーディ』におけるコニーアイランド(ルナ・パーク)は、「俗」のマンハッタンに対する「遊」の世界というきわめて常識的な構図のなかに登場する。しかし、かつてボードリヤールがディズニーランドとアメリカの関係について語った洒落た警句を借りるなら★一、コニー...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.27-39

[翻訳]

複数の世界がぶつかる所──LAについての考察 | アリーン・ウィンダーマン+中村秀之

Where Worlds Collide─ Musings on LA | Allyne Winderman, Nakamura Hideyuki

序──隠喩としての「OJシンプソン裁判」 「アメリカでマイノリティであるということは、いつも試されているということだ」 ──ラジオ番粗「LAどっちへ(Which Way LA)」の出演者 「OJシンプソン裁判」は、ほとんどのマイノリティや女性がすでに知っていること──現実の知覚のしかたは多様であること──を、衆目に...

『10+1』 No.04 (ダブルバインド・シティ──コミュニティを超えて ) | pp.134-149

[映像/写真 3]

忘却は都市ゆえに | 篠儀直子

I only Lose My Memory for the City | Shinogi Naoko

スタッテン島行きのフェリーの船上で、暮れかかるマンハッタンのスカイラインを背景に、甘いテナーで男が恋人に歌う。「今夜は星は出てるかな?/曇りか晴れかわからない/...)との類似性を指摘される箇所のひとつ(前号中村秀之氏の論考を参照されたい)でもあるのだが、そ...

『10+1』 No.16 (ディテールの思考──テクトニクス/ミニマリズム/装飾主義) | pp.30-32

[建築を拓くメディア]

都市景観の変容をめぐる諸問題 | 若林幹夫

The Various Issues around the Change in Cityscape | Wakabayashi Mikio

森川嘉一郎は『趣都の誕生──萌える都市アキハバラ』(幻冬社、二〇〇三)で、未来の都市の景観を予想しようとする時、一九七〇年代までならば、建築家がつくる建築作品の...セクシュアリティ論の赤川学や映像・映画論の中村秀之、建築論の森川や五十嵐太郎、国文学の石原千...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.132-133

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

長谷 正人, 中村 秀之『映画の政治学
(青弓社、2003年)

長谷 正人(編訳, 中村 秀之(編訳『アンチ・スペクタクル──沸騰する映像文化の考古学〈アルケオロジー〉
(東京大学出版会、2003年)