RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.25>ARTICLE

>
一九世紀の波、二〇世紀の風 4:第三章 手先・シンボル・蕩尽・知の制覇──建築・都市の帝国主義 | 村松伸
Series: 19th-Century Waves, 20th-Century Winds 4 Chapter 3: A Minion, Symbol, Waste and the Hegemony of Intellect: Imperialism of Architecture and City | Muramatsu Sin
掲載『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) pp.196-204

公開を制限しています

>村松伸(ムラマツシン)

1954年生
東京大学生産技術研究所准教授、modern Asian Architecture Network(mAAN)主宰。建築史。

>『10+1』 No.25

特集=都市の境界/建築の境界