RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.45>ARTICLE

>
タウトが歩いた東京 1933-1936 | 斉藤理
Bruno Taut, Walking in Tokyo 1933-1936 | Tadashi Saito
掲載『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) pp.179-186

公開を制限しています

>斉藤理(サイトウ・タダシ)

1972年生
上智大学、慶應義塾大学非常勤講師。建築史。

>『10+1』 No.45

特集=都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?