RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

黒石いずみ (クロイシ・イズミ)

1953年生まれ。都市建築理論、生活デザイン論、建築設計。青山学院大学総合文化政策学部教授・ペンシルヴェニア大学Ph.D.。

(最終更新:2009年5月14日)

> 10+1 DATABASE内「黒石いずみ」検索結果 (9件)

[『日本の民家』再訪 2]

準備編 | 中谷礼仁

Preparatory Edition | Nakatani Norihito

...授)や、初田亨氏(現教授)、そして近年では黒石いずみ氏(青山学院女子短期大学教授)など、今和... ...次郎コレクション」(同、二〇〇四年秋号)、黒石いずみ「住総研図書室だより──蔵書探訪・蔵書自...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.13-20

[建築の解體新書 6]

自明の理の発見 | 岡崎乾二郎中谷礼仁

The Discovery of Self-Evident Reason | Okazaki Kenjiro, Nakatani Norihito

正確な絵本……中谷礼仁 0 約一年前、関西に越して最初のころ、どうにも馴染めなかったのは、住まいのまわりのいたるところに古墳が点在していることでした。 下宿先...フ・リクワート『アダムの家──建築の原型とその展開』(黒石いずみ訳、鹿島出版会、一九九五)。...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.10-18

[『日本の民家』再訪 1]

民家における非田園的なるもの──今和次郎『日本の民家』再訪によせて | 中谷礼仁

Non-Arcadian Peculiarity in the Traditional Japanese House: Revisiting Wajiro Kon's 'Nihon no Minka' | Nakatani Norihito

Walking on a thin line これから約三年にわたって、志を同じくする人々と、日本国内をまわり歩くことにした。すくなくとも現在の日本のさまざまな...=今和次郎『日本の民家』初版★二──特に、黒石いずみ『「建築外」の思考』(ドメス出版、二〇〇...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.14-24

[論考]

史学・民俗学・解釈学──今和次郎再考 | 黒石いずみ

History, Folklore, Critical Studies: Wajiro Kon Reconsidered | Kuroishi Izumi

カルロ・ギンズブルグ 一九七三年にジョセフ・リクワートが『アダムの家』を著わしたとき、イギリス建築史学会の重鎮E・H・ゴンブリッチは、その書のタイトルが「天国の家」であるのにかかわらず実際は「地上の家」を扱うものだったことを揶揄した。そして、その論理が推測によって異なる文脈にあるものを連結することで成り立っており、歴史...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.87-98

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 5]

アポカリプスの都市──ロサンゼルス/ロンドン/サラエボ | 五十嵐太郎

Apocalyptic Cities: Los Angeles/London/Sarajevo | Igarashi Taro

見つめていたい 盗撮・盗聴がメディアをにぎわせている。それは小型の映像・録音機器の普及に起因しているのだろうが、最近、公開された映画はこうした状況を如実に反映し...★二三──レベウス・ウッズ「戦争と建築」(黒石いずみ訳、『a+u』一九九三年一〇月号、エー・アン...

『10+1』 No.17 (バウハウス 1919-1999) | pp.196-207

[インタヴュー]

トレーシング・ザ・藤森照信 | 藤森照信中谷礼仁清水重敦青井哲人

Tracing Terunobu Fujimori | Fujimori Terunobu, Nakatani Norihito, Shimizu Shigeatsu, Aoi Akihito

中谷礼仁──まずはタイトルの「トレーシング・ザ・藤森照信」について若干説明しておきます。私たち三人も藤森照信さんと同じ建築史という分野から自らの活動を始めました...った一連の〈建築外〉の動きのひとつだった。黒石いずみさんも指摘している通りです。そこで今和次...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.54-77

[対談]

「日本近代建築史」の中の「日本建築史」 | 八束はじめ五十嵐太郎

mail Dialogue: A "History of Japanese Architecture" in the "History of Modern Japanese Architecture" | Yatsuka Hajime, Igarashi Taro

1 八束──今回の特集では、作家や作品というよりも広義の意味での言説を中心に明治以降の近代建築史を概観するという趣旨で、ここでは「建築史」という言説タイプを取り...あって、これは今回の特集で原稿を書いている黒石いずみさんと意見交換したので、彼女が詳しく書く...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.62-76

[論考]

様式がはがれ落ちる時、あるいは構造合理主義という形而上学 | 八束はじめ

When Style Comes Off, or the Metaphysics of Structural Rationalism | Yatsuka Hajime

明治建築史を語る際に必ず言及されないではおかないほどに良く知られたイヴェントに建築学会でのシンポジウム「我国将来の建築様式を如何にすべきや」、いわゆる「様式論争...ト『アダムの家──建築の原型とその展開』(黒石いずみ訳、鹿島出版会、一九九五、原著一九七二)...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.99-106

[フィールドワーク]

被災都市のフィールドワーク──プランナーズネットワーク神戸 | 松原永季田中正人

Fieldwork in the Disaster-Stricken City──Planner's Network KOBE | Matsubara Eiki, Masato Tanaka

1:フィールドワークへ向けて 松原永季 暗闇の中に、何か白いものがぼんやりと浮かんでいた。 地震でなぎ倒された電柱からぶら下がる電線を、道行くに人に気付かせるた...ム」の自己韜晦にほかならない。 註 ★一──黒石いずみ『「建築外」の思考──今和次郎論』(ドメス...

『10+1』 No.24 (フィールドワーク/歩行と視線) | pp.70-84

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

黒石 いずみ『「建築外」の思考──今和次郎論
(ドメス出版、2000年9月)