RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

松山巌 (マツヤマ・イワオ)

1945年生まれ。小説家、評論家。東京理科大学理工学部建築学科、法政大学教養学部、東京芸術大学建築学科非常勤講師。

(最終更新:2009年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「松山巌」検索結果 (2件)

[非都市の存在論 3]

〈路上〉の系譜──バラックあるいは都市の〈忘我状態〉 | 田中純

The Genealogy of "The Road" : The Shanty, or the "Trance State" of the City | Tanaka Jun

1 Modernologio──〈現在〉の考古学 首都東京を壊滅させた一九二三年の関東大震災は、欧米における第一次世界大戦に対応する歴史の断絶をもたらした。そし...東京の都市空間との相関関係については、例えば松山巌の江戸川乱歩論『乱歩と東京』が鮮やかに描き...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.16-27

[鼎談]

建築と書物──読むこと、書くこと、つくること | 隈研吾五十嵐太郎永江朗

Architecture and Books: Reading, Writing and Creating | Kuma Kengo, Igarashi Taro, Nagae Akira

建築と書物の親和性 永江朗──「建築家はどのように書物と関わるのか」というのがこの鼎談のテーマです。最初に素朴な感想をもうしますと、芸術家のなかで建築家ほど書物...。これは難しい。修業しないと。その最良の例が松山巌さんの作品でしょう。でも、荷風だって川本三...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.54-70

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

松山 巌『住み家殺人事件 建築論ノート
(みすず書房、2004年)

松山 巌『建築はほほえむ
(西田書店、2004年)