RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

乾久美子 (イヌイ・クミコ)

1969年生まれ。建築家。乾久美子建築設計事務所主宰。

(最終更新:2011年4月5日)

> 10+1 DATABASE内「乾久美子」検索結果 (9件)

[ダブル・ストーリー 3]

意識と無意識のあいだをゆれている対象──「猫に時間の流れる」と「ハウスK」 | 乾久美子

The Object Swinging Between Conscious and Unconscious: 'Neko ni Jikan no Nagareru' and 'House K' | Inui Kumiko

デザイナーふたりのための計画をしている。敷地は大きな公園に面していてとても眺めがよいが、間口が狭く、細長い。ふたりはどちらも男性で、それぞれにキッチンやバスルー...ってあるのだから。 「ハウスK」模型 提供=乾久美子建築設計事務所保坂和志『猫に時間の流れる』 ...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.43-44

[ダブル・ストーリー 4]

生け捕りという手法 「無情の世界」と「安中榛名の小屋」 | 乾久美子

Capture Method: 'MUJYO-NO-SEKAI' and 'ANNAKA-HARUNA House' | Inui Kumiko

銀座に店を構えるギャラリーのオーナーが東京から車で一時間半ほどの場所に農家を購入し、ウィークエンドハウスとして利用したり、若いアーティストに製作スペースとして貸...列的にならんでいるからだ。 敷地風景 提供=乾久美子建築設計事務所このようなパーツのごった煮をや...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.47-48

[1990年代以降の建築・都市 3]

反フラット建築論に抗して | 五十嵐太郎

Agaist Anti-Flat Architecture | Igarashi Taro

...ている。反響もそれほど大きくない。ただし、乾久美子のコメントは興味深いものだった★四。飯島が... ...建築と言説』INAX出版、二〇〇一)。 ★四──乾久美子「月評」(『新建築』二〇〇二年一月号)。 ★...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.142-153

[ダブル・ストーリー 2]

視点の錯綜と親密さ──「噂の娘」と「T邸」 | 乾久美子

The Intricacy and Intimacy of Perspective: 'UWASA NO MUSUME' and 'T House' | Inui Kumiko

プランをマイクロソフトウィンドウズのロゴマークのようにゆがめてみること。四人家族のための住宅「T邸」のために、このような方法を試してみた。基本となるプランはグリ...ー・トムソン『生物とかたち』 (東京大学出版会、1973)「T邸」平面図 提供=乾久美子建築設計事務所...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.48-49

[ダブル・ストーリー 1]

否定からひろがっていくこと── 「奥村さんのお茄子」と「広尾アパートメント」 | 乾久美子

Expansion from Negation: 'OKUMURA-SAN NO ONASU' and 'Hiro-o Apartment' | Inui Kumiko

最近「広尾アパートメント」というプロジェクトが着工した。場所は六本木通りを広尾側にすこし入ったところで、周辺は暮らしぶりが想像つかないほど巨大な住宅と、裕福そう...。 「広尾のアパートメント」敷地周辺 提供=乾久美子建築設計事務所「奥村さんのお茄子」より 引用...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.31-32

[ゼロ年代の建築・都市 3]

家型の二一世紀 | 五十嵐太郎

House Form in the 21st Century | Igarashi Taro

建売住宅から学ぶこと 家型という視点から眺めていくと、一九八〇年代の建築は基本的に七〇年代の延長にあり、記号的な表現をさらに展開し、思考を深めている。 石井和紘...感覚のリノベーションといえるかもしれない。乾久美子の《新八代駅前モニュメント》(二〇〇四)は...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.33-34

[ゼロ年代の建築・都市 1]

家型の一九五〇年代 | 五十嵐太郎

House Form in 50s | Igarashi Taro

家形が増えている 最近、卒業設計やアイディア・コンペを審査する機会が多いのだが、印象深いのは家型のデザインが明らかに増えていることだ。いわゆる三角屋根をもつ建築...西沢大良の《諏訪のハウス》(一九九九)や、乾久美子の《新八代駅前モニュメント》(二〇〇四)。...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.45-46

[インタヴュー]

景観の現在──グローバリゼーションのなかでの変容 | 隈研吾今村創平

Contemporary Landscape: Transformation in Globalization | Kuma Kengo, Imamura Sohei

表参道の景観の場合 今村創平──ここ数年のことですが、表参道ヒルズや六本木ヒルズ、あるいは汐サイトなどができたことに代表されるように、東京各所の風景が変わってき...村──商業ビルをどういうプロセスで作るか、乾久美子さんに話を聞いたことがあります。クライアン...

『10+1』 No.43 (都市景観スタディ──いまなにが問題なのか?) | pp.82-93

[現代建築思潮]

討議:建築家の有名性の生産、流通および消費 | 南後由和成実弘至日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝

Producing, Distributing and Consuming Architectural Fame | Yoshikazu Nango, Hiroshi Narumi, Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka

1日目:建築家の有名性──戦中・戦後の建築雑誌にみる丹下健三の表象 南後由和 南後由和──日本の建築家を取り巻く制度、建築ジャーナリズムの系譜を追いかけながら、...しい価値観を出しているわけです。 次の写真は乾久美子さんのディオール銀座店です。メタルメッシュ...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.27-44

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

乾久美子, 西沢立衛, 藤村龍至『乾久美子|そっと建築をおいてみると
(INAXo、2008年)