RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

ペネロピ・ディーン (Penelope Dean)

1969年生まれ。建築家。

(最終更新:2009年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「ペネロピ・ディーン」検索結果 (4件)

[オランダ]

04:ワン・アーキテクチャー:建築的経験主義 | ペネロピ・ディーン

One Architecture: Architectual Experientialism | Penelope Dean

マタイス・ボウ Matthijs Bouw:1967年生まれ。デルフト工科大学卒業 ヨースト・モイヴィッセン Joost Meuwissen:1951年生まれ。デルフト工科大学、エイントホーフェン工科大学卒業 主な作品=《テニスコートの下の6軒》「Stegl/ASKマスタープラン」「西ユーデンブルクのマスタープラン」《...

『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) | pp.89-91

[図版構成]

BRABANT CITY 2050 | MVRDVヴィニー・マース吉村靖孝

BRABANT CITY 2050 | MVRDV, Winy Maas, Yoshimura Yasutaka

...n Rijs and Nathalie de Vries with Arjan Harbes, Gertjan Koolen, Penelope Dean, Bas van Neijenhof, Kersten Nebielek, Gabriela Bojalil, Katie ...

『10+1』 No.20 (言説としての日本近代建築) | pp.181-188

[翻訳]

何が(実際のところ)なされるべきなのか?──MVRDVの理論的コンセプト | バート・ローツマ松田達桑田光平

What is (really) to be Done?: The theoretical concepts of MVRDV | Bart Lootsma, Matsuda Tatsu, Kohei Kuwada

MVRDVの仕事はどんな建築家や理論家よりも、民主主義的であると同時に「製作可能(makeable)」であるという西ヨーロッパの社会の伝統に深く根づいている★一...。「ノイズ・スケープ」で取り上げられたペネロピ・ディーンによる内部ヴォイドは、ほんの少しのフ...

『10+1』 No.48 (アルゴリズム的思考と建築) | pp.136-148

[コラム]

動物化する建築 | 吉村靖孝

Animalizing Architecture | Yoshimura Yasutaka

動物化するポストモダン 「ポストモダン」について交わされた膨大な量の議論は、厚く沈殿している。それらは総じて良質で、いまでは現代思想随一の層をなしている。しかし...コラボレートしている。(『10+1』No.22、ペネロピ・ディーン「ワン・アーキテクチャー——建築的経験...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.150-153

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

Sylvia Lavin(編集), Helene Furjan(編集), Penelope Dean(編集)『Crib Sheets: Notes On The Contemporary Architectural Conversation
(Monacelli、2005年11月17日)