RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

ウィリアム ギブスン (ウィリアム・ギブスン)

(最終更新:2009年3月31日)

> 10+1 DATABASE内「ウィリアム ギブスン」検索結果 (7件)

[批評]

カリフォルニアン・イデオロギー | リチャード・バーブルックアンディ・キャメロン篠儀直子

Californian Ideology | Richard Barbrook, Andy Cameron, Shinogi Naoko

... Wing Populism & Scapegoatingを参照せよ。 ★三一──William Gibson, Neuromancer, Grafton, London 1984(邦訳=『ニューロ... ...しい説明はExtropian FAQを参照せよ。 ★四一──William Gibson, Neuromancer, Grafron, London 1984 Count Zero, Grafton, London ...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.153-166

[批評]

暴力のテクノロジー | M・クリスティーヌ・ボイヤー篠儀直子

Technology of Violence | M.Christine Boyer, Shinogi Naoko

...ピュータ サイバースペースの元祖であるウィリアム・ギブスンの次のような発言は、民衆的記憶のもろ... ...るのを辛抱強く待っている。 終わりに、ウィリアム・ギブスンからひとつイメージを引こう。『ニュー...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.123-136

[批評]

フィクションズ | ノーマン・M・クライン篠儀直子

Fictions | Norman M. Klein, Shinogi Naoko

...ハード』から抜け出たかのごとくにだ。 ウィリアム・ギブスンは『ヴァーチャル・ライト』の裏表紙で... ... York: Schocken Books, 1969; orig. 1955, p.255. ★一五──William Gibson, Virtual Light, New York: Bantam Books, 1993, pp.351-2, 77-9...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.167-179

[翻訳]

新加被歌的路(シンガポール・ソングラインズ)☆一──ポチョムキン・メトロポリスのポートレート あるいは 三〇年のタブラ・ラサ | レム・コールハース太田佳代子八束はじめ

Singapore Songlines: Portrait of a Potemkin Metropolis... or Thirty Years of Tabula Rasa | Rem Koolhaas, Kayoko Ota, Yatsuka Hajime

...ての小平のキャッチフレーズ。 原註 ★一──William Gibson,  “Disneyland with the Death Penalty”, Wired sept.-oct. 1... ...るに足らないミニスパルタに向けられている。ウィリアム・ギブソンはここを「死刑ありのディズニー... ...(シンガポール計画及び都市調査グループ)がウィリアム・リムとタイ・ケン・スーンによって結成さ...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.173-197

[批評]

非環境破壊性・複合性・サイバースペースに関する現代理論の収束──建築はどこへ行くのか | マニ・ラストラージ+横山亮

The Convergence of Contemporary Theories of Sustainability, Complexity, and Cyberspace: Where is Architecture Heading? | Manit Rastogi, Yokoyama Ryou

...ートン的でもユークリッド的でもない。ウィリアム・ギブスンによれば、それは「共感覚的な幻覚だ—... ...guin Books, 1994, p. 12. ★二四—— ibid. ★二五—— William Gibson, Neuromancer, 1984, p. 51 [黒丸尚訳『ニューロマン...

『10+1』 No.06 (サイバーアーキテクチャー) | pp.104-119

[建築を拓くメディア]

建築と思想の離接について:四つの系をめぐる八つのキーワード | 南泰裕

Disjunction of Architecture and Idea: The Eight Keywords for Four Systems | Minami Yasuhiro

...なった。 サイバースペースとは、作家のウィリアム・ギブスンがSF小説である『ニューロマンサー』(... ...していた、と見ることができる。 3──ウィリアム・ギブスン『ニューロマンサー』〈世界と経済〉の系...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.106-110

[批評]

サイバーシティという想像的な現実の世界──電子コミュニケーション時代の都市 | M・クリスティーヌ・ボイヤー毛利嘉孝

The Imaginary Real World of CyberCities: The City in the Age of Electronic Communication | M.Christine Boyer, Mori Yoshitaka

...ウィリアム・ギブスンが、そのディストピア(反ユートピア)的なSF小説『ニューロマンサー』(一九八... ...むこともできるかもしれない。 原註 ★一──William Gibson, Neuromancer (New York: Ace Books, 1984), p.51. ★二──M...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.92-108

>10+1編集部推薦

著書・関連書籍

ウィリアム・ギブスン(編集), 黒丸 尚(編集)『ニューロマンサー
(早川書房、1986年7月1日)