RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

2001年宇宙の旅

アーサー C.クラーク、伊藤 典夫(編集)
早川書房、1977年5月1日、270ページ
ISBN=4150102430

> 10+1 DATABASE内「2001年宇宙の旅」検索結果 (4件)

[ラディカリズム以降の建築1960s-1990s 1]

ヴィリリオ/パランからジャン・ヌーヴェルへ──転回点としての一九六八年 | 五十嵐太郎

From Virilio/Parent to Jean Nouvel: Turning Point 1968 | Igarashi Taro

一九四五年、二〇世紀前半のテクノロジーを最大限につぎ込み、全人類の抹殺可能性さえも示すことになる第二次世界大戦が終結した。 同年、歴史上初めて光線兵器(原爆)が...ックコンサートホール案(一九八三)では『2001年宇宙の旅』のモノリス、「明日のベルリン案」(一九...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.213-224

[批評]

「第三機械時代」のアルケミー──白・銀・透明をめぐるサブ・クロニクル | 吉村靖孝

Alchemy in the "Third Machine Age": A Sub-Chronicle of White,Silver and Transparency | Yoshimura Yasutaka

「二〇〇一年宇宙への旅」に抽選で五名様を御優待! それは空想ではなく、現実の体験です。本物の宇宙旅行です。二〇〇一年より出発予定の人類最初の民間宇宙航行プログラ...1-743──投げ上げられた骨4──宇宙船 映画『2001年宇宙の旅』一九七二年七月一五日一五時三二分 銀の...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.242-248

[批評]

大地を刻む──ランドスケープからランドスクレイプへ | 五十嵐太郎

Carving the Earth: From Landscape to Landscrape | Igarashi Taro

down, down, down... 「もうどれだけ落ちたのかしら?」 兎を追っかけて、大地の穴に飛び込んだアリスは言いました。 母胎の亀裂 アルファベット...物と位置づける。これをキューブリックの『2001年宇宙の旅』風に展開させれば、メンヒルは大空を背景...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.88-99

[建築を拓くメディア]

建築系映像ランダム・ガイド | 五十嵐太郎

Random Guide for Architectural Videos | Igarashi Taro

建築系の映像といえば、デルファイ研究所からリリースされた「現代建築家シリーズ」が基本的なビデオといえるだろう。ロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウ...ーキテクチャー」(一九七四)がクール。『2001年宇宙の旅』と《サヴォア邸》をパロディ化したアニメ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.134-135