RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

錯乱のニューヨーク

レム コールハース、Rem Koolhaas(編集), 鈴木 圭介(編集)
筑摩書房、1995年10月1日、406ページ
ISBN=4480836241

> 10+1 DATABASE内「錯乱のニューヨーク」検索結果 (32件)

[都市の表象分析 16]

都市の伝記──自伝という死の訓練 | 田中純

Analyses of Urban Representation 16 | Tanaka Jun

...言うまでもない。レム・コールハースの『錯乱のニューヨーク』である。念のために、この伝記作家の... ...ースが勝手に付け加えた結末なるもの(『錯乱のニューヨーク』の補遺である「虚構としての結論」)...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.2-11

[鼎談]

アルゴリズムで表層と深層を架橋せよ | 柄沢祐輔南後由和藤村龍至

Cross-link between Superficial Layer and Deeper Layer with Algorithm | Yuusuke Karasawa, Yoshikazu Nango, Ryuji Fujimura

...るのではないか。レム・コールハースの『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、ちくま学芸文庫、一九... ...ています。 南後──コールハースは、『錯乱のニューヨーク』でマンハッタニズムおよびマンハッタン...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.62-75

[都市表象分析 6]

箱をめぐる戦略──都市のレディ・メイド | 田中純

A Strategy for the "Box": Urban Ready-Made | Tanaka Jun

...本主義に「エ$」と応じてみせたうえで、錯乱のニューヨークから、錯乱の深、錯乱のラゴスへと移動し... ...論文「ジャンクスペース」のテクストは『錯乱のニューヨーク』同様、産まれえなかった胎児のイメー...

『10+1』 No.24 (フィールドワーク/歩行と視線) | pp.2-10

[鼎談]

現代建築批評の方法──ジェンダー・人間中心主義批判・表象文化論・精神分析をめぐって | 土居義岳後藤武五十嵐太郎

Contemporary Methods in Architecture Criticism: Gender/A Critique of Anthropocentrism/Psychoanalysis | Yoshitake Doi, Goto Takeshi, Igarashi Taro

...としてスリリングなのはコールハースの『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五)... ...ならないのではないでしょうか。 僕は『錯乱のニューヨーク』を、これまた乱暴に一種の産業論のよう...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.62-81

[都市表象分析 7]

双子の死──パルチザン戦争の空間 | 田中純

The Death of Twins: Space of Partisan War | Tanaka Jun

...イライン」 出典=レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』 12──ヨーゼフ・ボイス《コスモスとダ... ...fultow.html ★一七──レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五)...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.2-11

[イントロダクション]

小論2:なぜ生える、高層ビル | 前川歩

Column 2: Why High-Rise Buildings Grow in ? | Maekawa Ayumi

...要である★一。 レム・コールハースは『錯乱のニューヨーク』において、マンハッタンの背後に潜む文... ...ある。 註 ★一──レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、ちくま学芸文庫、一九...

『10+1』 No.37 (先行デザイン宣言──都市のかたち/生成の手法) | pp.85-87

[批評]

保守主義、近代主義、戦争──戦前のル・コルビュジエ | 松畑強

Conservatism, Modernism, War: Le Corbusier before WWII | Matsuhata Tsuyoshi

...三頁。同様にしてレム・コールハースが『錯乱のニューヨーク』においてル・コルビュジエの都市計画... ...歩的なミスを犯している。コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五年...

『10+1』 No.10 (ル・コルビュジエを発見する) | pp.154-170

[映像のトポス 2]

群衆のなかの道化──『群衆』(一九二八)における言説とアレゴリー | 中村秀之

A Clown in the Crowd: Discourse and Allegory in The Crowd (1928) | Nakamura Hideyuki

...幣12──夜のルナ・パーク コールハース『錯乱のニューヨーク』p.39 13──『あれ(It)』 スカートを押... ...五頁。 ★一八──レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五)三...

『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) | pp.22-29

[キーワード]

90年代都市・建築キーワード/キーパーソン | 南泰裕瀧本雅志松田達

Urban/ Architecture Keywords and Key Persons of the 90s | Minami Yasuhiro, Takimoto Masashi, Matsuda Tatsu

...ダーティ)。そこには、コールハースの『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、ちくま学芸文庫、1999)... ...必要がある。 レム・コールハースは、『錯乱のニューヨーク』でダリのPCについて語っていた。自身の...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.68-87

[批評]

観測者のランドスケープ──離散性、あるいは不連続性と「形式」の問題 | 槻橋修

Landscape of the Viewer: A Problem of ヤFormユ Concerning Discreteness and Disjunction | Tsukihashi Osamu

...はないだろう。なぜならコールハースが『錯乱のニューヨーク』で発想したマンハッタニズムから、〈... ...ことができる。奇しくもコールハースの『錯乱のニューヨーク』の初版と同年の一九七八年に出版され...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.100-111

[都市/テクスト]

九〇年代の建築/都市計画の文献をめぐって | 五十嵐太郎

An Introduction to Books on Architecture/Urbanism in the 90s | Igarashi Taro

...者の新教祖はコールハースである。彼の『錯乱のニューヨーク』、『S,M,L,XL』、『アジアが都市を超える... ...なき探求の記録。16 レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、1995) 内部...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.112-115

[論考]

無印な風景──九〇年代、OMA/レム・コールハースのアーバニズム | 上原雄史

Generic Landscape: The Urbanism of OMA/Rem Koolhaas, 90s | Uehara Yushi

...しい公共空間を形成するとみる思考は、『錯乱のニューヨーク』において大都市に孤立する摩天楼、ジ... ...扱った都市性をひとまとめにする。既に『錯乱のニューヨーク』で確信していた都市の終焉、プログラ...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.165-172

[非都市の存在論 5]

逆説都市(パラドクシカル・シティ)──室内の幻像(ファンタスマゴリー)からノワールの宇宙へ | 田中純

Paradoxical City: From Phantasmagoria to the Noir World | Tanaka Jun

1 密室パラドクスと推理小説のエコノミー フレドリック・ジェイムソンは市民社会におけるブルジョアのプライヴァシーがもつ逆説的性格について次のように述べている。 ... of Noir,  p281. ★二二──コールハースの『錯乱のニューヨーク』は、いわばニューヨークという都市そ...

『10+1』 No.09 (風景/ランドスケープ) | pp.14-25

[建築の還元 2]

表現することの方法と基準をめぐって──建築的還元 | 南泰裕

On the Methodology and Criteria of Representation: Architectural Reduction | Minami Yasuhiro

1 社会的歪像としての建築 建築が、例えば社会といった言葉で代称されるようなシステム(あるいはシステム化された活動の集合形態)をその背後で認識するとき、ほぼ例外...一頁。 ★一五──レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五)三...

『10+1』 No.18 (住宅建築スタディ──住むことと建てることの現在) | pp.2-12

[レヴュー]

磯崎新の夢/レム・コールハースの現実 | 浅田彰

Review The Dream of Arata Isozaki/The Reality of Ren Koolhaas | Asada Asada

磯崎新の実現されなかったプロジェクトばかりを集めた「アンビルト/反建築史」展が開かれ★一、それに合わせて『UNBUILT/反建築史』(TOTO出版)という二分冊...混沌をあえて称揚してみせる──かつて『錯乱のニューヨーク』(筑摩書房)を称揚してみせた延長で...

『10+1』 No.23 (建築写真) | pp.32-35

[映像のトポス 1]

逃げ去る都市──遊歩の凋落と映画の出現 | 中村秀之

The Fugitive City: The Decline of the Flânerie and the Emergence of Cinema | Nakamura Hideyuki

映画、都市、ベンヤミン 映画と都市の関係を探究することがモダニティの理解にとって有効な戦略であろうということ、これは、ベンヤミンが晩年にその萌芽を示しながら自分...引用。 ★三八──レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、筑摩書房、一九九五)一...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.33-44

[グローバリズム 4]

アジアの〈栄光©〉と〈悲惨©〉 | 八束はじめ

Asian〈Glory©〉and 〈Misery©〉 | Yatsuka Hajime

1    東京  二〇〇三 vs 東京計画一九六〇 vs ドバイ二〇〇? 東京のど真ん中に誕生したばかりの新しい都市、「六本木ヒルズ」のそのまた中心を占めるタワ...高層ビルを可能にしたわけだが(これは『錯乱のニューヨーク』で出てくる指摘だ)、中国ではその設...

『10+1』 No.34 (街路) | pp.208-220

[建築の言説、都市の言説 1]

構築者のテクストまたはアーキテクトの罠──六〇年代を牽引したプロタゴニストの遍歴と漂着 | 大島哲蔵

Builder's Texts and Architects' Traps: Charting the Course of a Few Sixties Protagonists | Oshima Tetsuzo

建築家が書いた一冊の本が、膠着状況からいちはやく抜け出し、やがて大家となる著者の思想的基盤をも形成したとすれば、それは歴史的なランドマークとして繰り返しひもとか...る傾向が見られる。『多様性と対立性』『錯乱のニューヨーク』などだが、放っておくと必ず現われる...

『10+1』 No.05 (住居の現在形) | pp.28-29

[1990年代以降の建築・都市 3]

反フラット建築論に抗して | 五十嵐太郎

Agaist Anti-Flat Architecture | Igarashi Taro

フラット派批判 昨年末、飯島洋一が「反フラット論──『崩壊』の後で 2」という文章を発表した★一。この論は世界貿易センタービルの破壊に触れて、スーパーフラットの...か。それが彼の魅力である。 例えば、『錯乱のニューヨーク』(一九七八)では、資本主義の欲望のお...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.142-153

[1990年代以降の建築・都市 1]

アジアのジェネリック・シティとレム・コールハース | 五十嵐太郎

Rem Koolhaas and Generic Cities in Asia | Igarashi Taro

香港──一九九一年 ちょうど一〇年前、初めて香港を訪れたときのことだ。過度な疲労のために、中国から陸路で行くことを断念し、上海から香港まで三泊四日の船の旅を選ん...ハッタンだった。ここはコールハースが『錯乱のニューヨーク』の題材にした街である。そして二〇世...

『10+1』 No.25 (都市の境界/建築の境界) | pp.177-187

[論考]

現代建築におけるノーテーションの冒険──見えない建築へ | 八束はじめ

Notational Explorations in Contemporary Architecture—Toward an Invisible Architecture | Yatsuka Hajime

0 さしあたっては当然のことを言うなら、建築は目に見える秩序を扱う。特定の地点に特定の存在モードとしてつくられる建築は「見える」からだ。しかし、設計とはそれにつ...マ・プロジェクト「エクソダス」然り、『錯乱のニューヨーク』に付された図版「囚われの地球」然り...

『10+1』 No.03 (ノーテーション/カルトグラフィ) | pp.16-28

[論考]

東京のタイポ・モルフォロジー | 塚本由晴藤村龍至

Typology/ Morphology of Tokyo | Tsukamoto Yoshiharu, Ryuji Fujimura

このところ東京都心部では、「東京ミッドタウン」や「新丸ビル」等、大規模再開発による大型商業施設が続々とオープンしている。経済構造改革と連動した「都市再生」と呼ば...る★二。 かつてレム・コールハースは『錯乱のニューヨーク』(一九七九)で、都市空間の上部構造と...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.76-84

[論考]

都市計画──潜在性について | 後藤武

Urban Planning: On the Virtual | Goto Takeshi

都市を計画することの不可能性が繰り返し指摘されてきた。かつて磯崎新は早い時期に都市からの撤退を宣言し、都市を計画するという行為の代わりに見えない都市という概念を...ンハッタン・グリッドを導入している。『錯乱のニューヨーク』の読者ならばおなじみのあのグリッド...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.156-164

[建築家的読書術]

必読書をめぐって | 難波和彦

Essential Books for Architecture | Namba Kazuhiko

五年前、はじめて大学に研究室を持つことになったとき、研究室の方向性を明確に示すために「難波研必読書二〇」をリストアップすることにした。大学生にはちょっと無理かも...九七〇)。 一三、レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(鈴木圭介訳、ちくま学芸文庫、一九九...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.86-88

[制度─都市]

4:OMA「ホイットニー美術館」増築案──政治と芸術の境界線 | 末廣香織

OMA, NEWHITNEY: A Line Between Politics and Art | Suehiro Kaoru

美術館の変容とexperience(c) 美術館はそもそも絵画や彫刻などの収蔵品を永久保存して貯めてゆく性格のものだった。しかし伝統的なアートのカテゴリーは、時...もつ。彼の名を一躍有名にしたのが著作『錯乱のニューヨーク』(一九七八)であり、この街を研究す...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.144-147

[鼎談]

廃墟・建築・零年──建築家はいかにして可能か | 鈴木了二西谷修小林康夫

Ground Zero, Architecture, The Year Zero: How the Architects are | Suzuki Ryoji, Osamu Nishitani, Yasuo Kobayashi

均質空間の崩壊 鈴木了二──「美術」と「建築」というテーマが設定されているようですが、建築には実は、どこからどこまでが建築っていうような枠組みはないんじゃないか...く好きなんです。レム・コールハースが『錯乱のニューヨーク』の一番最後で使った印象的な比喩であ...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.54-72

[論考]

いまなぜ「ビヘイビオロロジー(ふるまい学)」なのですか? | 塚本由晴南後由和

Why "Behaviorology" Now? | Tsukamoto Yoshiharu, Yoshikazu Nango

アンリ・ルフェーヴルとの出会い、 空間の実践と主体の召還 南後──本日は、塚本さんが最近実践されている「ビヘイビオロロジー(ふるまい学)」について、そこに通底す...とおっしゃっていましたね。 塚本──『錯乱のニューヨーク』がまさにそうでしょう。ニューヨークと...

『10+1』 No.49 (現代建築・都市問答集32) | pp.84-89

[論考]

陽のあたる洗面台──ジェンダーが裏返したプラン | 鈴木明

A Washbasin at Centre Stage: Planning; Reversed by Gender | Suzuki Akira

「Vertigo(眩暈)」の展覧会テーマに合う、現代の日本建築を教えてくれないか? と尋ねる英国人建築家へ返信のメール。 君もよく知っている妹島和世さんの集合住...コウワン嬢 出典=レム・コールハース『錯乱のニューヨーク』(筑摩書房、1995) マンハッタンにおけ...

『10+1』 No.26 (都市集住スタディ) | pp.108-115

[翻訳]

新加被歌的路(シンガポール・ソングラインズ)☆一──ポチョムキン・メトロポリスのポートレート あるいは 三〇年のタブラ・ラサ | レム・コールハース太田佳代子八束はじめ

Singapore Songlines: Portrait of a Potemkin Metropolis... or Thirty Years of Tabula Rasa | Rem Koolhaas, Kayoko Ota, Yatsuka Hajime

風水:もとの場所に居つづける限り地主の繁栄はつづくという古い中国信仰。 シンガポールのグリーンプラン:われわれはブルドーザを適正な場所に導きたい。 リー・クァンユー:シンガポールは多様で変化に富むものすごく大きな世界のなかのちっぽけな場所だから、機敏でなかったり、調整がすみやかにできなければ、消えるしかないだろうし、人...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.173-197

[翻訳論文]

ラ・ヴィレット公園 パリ 1982—1983 | レム・コールハース太田佳代子

Parc de la Villette, Paris 1982-1983 | Rem Koolhaas, Kayoko Ota

基本の仮説 図が示すように、はっきり「公園」と呼べるものを作るにはラ・ヴィレットの敷地は小さすぎ、逆に今回のプログラムは大きすぎる。公園というのは、公園としての楽しみを満たすのに最低限必要な施設を設けた、自然のレプリカになっているのが普通だ。ところがこの「ラ・ヴィレット公園計画」では、さまざまな社会機能が鬱蒼とした森の...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.105-116

[インタビュー]

La ville──三人の建築家へのインタヴュー:レム・コールハース | レム・コールハース+荒原邦博

La ville: Interviews with Tree Architecture, Rem Koolhaas | Rem Koolhaas, Arahara Knihiro

ロンドンとロッテルダムの都市建築事務所(OMA)の創設者、レム・コールハースは、"Delirious New York"の出版の年である一九七八年以来、都市について問いを発し続けている。彼がチーフ・アーキテクトを務めるユーラリールでの実験に、レム・コールハースは、都市の秩序を組織することは今や世界的に困難であるという一...

『10+1』 No.02 (制度/プログラム/ビルディング・タイプ) | pp.51-55

[論考]

アトランタ | レム・コールハース上田知正

Atlanta | Rem Koolhaas, Ueda Tomomasa

アルビンに初めて会ったときのことをお話ししたいと思います。その時彼はシカゴについてのレクチャーをしていました。彼は、詩人のように理想的にシカゴのスカイラインについて語りました。高架鉄道、つまりシカゴの鉄道システムについて話しだすと、彼の気分は高まり陽気になりました。そこから地面(グラウンド)に降りてくると、彼は歩行者と...

『10+1』 No.01 (ノン・カテゴリーシティ──都市的なるもの、あるいはペリフェリーの変容) | pp.224-230