RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

建築MAP東京

ギャラリー・間
TOTO出版、1994年8月1日、357ページ
ISBN=4887062206

> 10+1 DATABASE内「建築MAP東京」検索結果 (9件)

[非都市の存在論 3]

〈路上〉の系譜──バラックあるいは都市の〈忘我状態〉 | 田中純

The Genealogy of "The Road" : The Shanty, or the "Trance State" of the City | Tanaka Jun

...どのように変質したのか。われわれはそれを『建築MAP東京』という書物の構成のなかに読み取ることが... ...としての東京──『建築MAP東京』の都市表象 一九九四年に刊行された『建築MAP東京』は、一九八〇年以...

『10+1』 No.07 (アーバン・スタディーズ──都市論の臨界点) | pp.16-27

[1990年代以降の建築・都市 8]

白昼の怪物──彼岸と接続されるテレビ<個室<都市<テレビ | 五十嵐太郎

Monster in the Daytime: Connecting with the other World; Television-Private Room- City-Television | Igarashi Taro

...の発信源を参拝するために。 以前、筆者は『建築MAP東京』において、スタジオ・アルタの解説を書いた... ...デオ・ドローム』を挙げている。 ★八──『建築MAP東京』(TOTO出版、一九九四)。 ★九──作者のポ...

『10+1』 No.32 (80年代建築/可能性としてのポストモダン) | pp.219-229

[都市/テクスト]

九〇年代の建築/都市計画の文献をめぐって | 五十嵐太郎

An Introduction to Books on Architecture/Urbanism in the 90s | Igarashi Taro

...九七)は、カタログ的に「作品」を記述する『建築MAP東京』と違う都市認識を目指す。B・チュミも『建... ...ンタリズムが興味深い。34 ギャラリー・間編『建築MAP東京』(TOTO出版、1994) 「ぴあMap」的な見やすい...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.112-115

[現代建築思潮]

討議:建築家の有名性の生産、流通および消費 | 南後由和成実弘至日埜直彦今井公太郎今村創平吉村靖孝

Producing, Distributing and Consuming Architectural Fame | Yoshikazu Nango, Hiroshi Narumi, Hino Naohiko, Imai Kotaro, Imamura Sohei, Yoshimura Yasutaka

1日目:建築家の有名性──戦中・戦後の建築雑誌にみる丹下健三の表象 南後由和 南後由和──日本の建築家を取り巻く制度、建築ジャーナリズムの系譜を追いかけながら、...といった情報誌を活用する方法があります。『建築MAP東京』や『Casa BRUTUS』もそのような都市の遊び方の...

『10+1』 No.40 (神経系都市論 身体・都市・クライシス) | pp.27-44

[都市表象分析 32]

都市表象分析とは何か(二)──自註の試み | 田中純

What is the Analysis of Urban Representation? 2: Attempting Self-annotation | Tanaka Jun

1 写真論と路上観察 前回述べたように、「非都市の存在論」として始められた連載は、ベンヤミンの言う「弁証法的形象」としての両義的寓意を都市に発掘する作業へと重心...のイデオロギーは、一九九四年に刊行された『建築MAP東京』の都市表象が孕んでいた、文化的価値を平...

『10+1』 No.50 (Tokyo Metabolism 2010/50 Years After 1960) | pp.2-10

[批評]

他者が欲望する黒船都市、トーキョー──ねじれたトポロジーの表出 | 五十嵐太郎

The Other's Black Ship Tokyo: The Manifestation of a Torsional Topology | Igarashi Taro

1 錯乱のプロローグ 一九八×年:おそらく二〇世紀の「東京」。人々は平和を謳歌している。見慣れた渋谷や新宿の風景。どこにでもいそうな公園の男女。ダンサーを志望す...─建築書としては異例の売り上げを記録した『建築MAP東京』(TOTO出版、一九九四)のほか、松葉一清の...

『10+1』 No.12 (東京新論) | pp.80-90

[建築を拓くメディア]

建築ガイドブックガイド | 岡部友彦佐々木一晋田中陽輔山雄和真

The Guide to | Okabe Tomohiko, Sasaki Isshin, Tanaka Yosuke, Yamao Kazuma

建築ガイドブックのすすめ──総論にかえて 学生であろうとなかろうと、およそ建築を志すすべての人のなかで、建築を訪れ、巡り歩く(そう、まさに巡礼という言葉がふさ...四年、「建築MAP」シリーズのトップを切って『建築MAP東京』が発売されたことはひとつの事件だった。...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.136-139

[鼎談]

建築と書物──読むこと、書くこと、つくること | 隈研吾五十嵐太郎永江朗

Architecture and Books: Reading, Writing and Creating | Kuma Kengo, Igarashi Taro, Nagae Akira

建築と書物の親和性 永江朗──「建築家はどのように書物と関わるのか」というのがこの鼎談のテーマです。最初に素朴な感想をもうしますと、芸術家のなかで建築家ほど書物...)。 都市という書物 編集──五十嵐さんは『建築MAP東京』(TOTO出版、一九九四)という本をもう一〇...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.54-70

[対談]

交通空間から郵便空間へ | 田中純東浩紀

From "Communicative Space" to "Postal Space" | Tanaka Jun, Hiroki Azuma

〈線〉の思考あるいは「郵便空間」への接続 田中──本号の特集テーマには、面積をもたず、かつ点ではない、つまり運動の軌跡であり、明確な領域性をもたない非場所的な対...ば、とくに目にも止まらない。その意味で、『建築MAP東京』(TOTO出版、一九九四)のような本が必要と...

『10+1』 No.15 (交通空間としての都市──線/ストリート/フィルム・ノワール) | pp.74-91