RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

乾久美子|そっと建築をおいてみると

乾久美子, 西沢立衛, 藤村龍至
INAXo、2008年、160ページ
ISBN=4872751515

> 10+1 DATABASE内「乾久美子|そっと建築をおいてみると」検索結果 (4件)

[ダブル・ストーリー 4]

生け捕りという手法 「無情の世界」と「安中榛名の小屋」 | 乾久美子

Capture Method: 'MUJYO-NO-SEKAI' and 'ANNAKA-HARUNA House' | Inui Kumiko

銀座に店を構えるギャラリーのオーナーが東京から車で一時間半ほどの場所に農家を購入し、ウィークエンドハウスとして利用したり、若いアーティストに製作スペースとして貸し出したりしている。敷地には母屋、離れ、蔵、作業小屋の四棟があって、すこしずつ改修しながら機能の充実をはかろうとしているのだが、次の改修の目標は規模に対して小さ...

『10+1』 No.47 (東京をどのように記述するか?) | pp.47-48

[ダブル・ストーリー 3]

意識と無意識のあいだをゆれている対象──「猫に時間の流れる」と「ハウスK」 | 乾久美子

The Object Swinging Between Conscious and Unconscious: 'Neko ni Jikan no Nagareru' and 'House K' | Inui Kumiko

デザイナーふたりのための計画をしている。敷地は大きな公園に面していてとても眺めがよいが、間口が狭く、細長い。ふたりはどちらも男性で、それぞれにキッチンやバスルームなどの水周りを占有することを希望しており、一世帯の共同生活というよりは二世帯住宅の暮らしのイメージに近い。各階平面はさほど大きくできないので、縦に積み上げたフ...

『10+1』 No.46 (特集=宇宙建築、あるいはArchitectural Limits──極地建築を考える) | pp.43-44

[ダブル・ストーリー 2]

視点の錯綜と親密さ──「噂の娘」と「T邸」 | 乾久美子

The Intricacy and Intimacy of Perspective: 'UWASA NO MUSUME' and 'T House' | Inui Kumiko

プランをマイクロソフトウィンドウズのロゴマークのようにゆがめてみること。四人家族のための住宅「T邸」のために、このような方法を試してみた。基本となるプランはグリッド状である。パブリックな性格をもつ場所を中央に寄せ、プライヴェートな個室などを周辺に配置している。きわめてノーマルなレイアウト。それ全体をゆるやかに揺らす。で...

『10+1』 No.45 (都市の危機/都市の再生──アーバニズムは可能か?) | pp.48-49

[ダブル・ストーリー 1]

否定からひろがっていくこと── 「奥村さんのお茄子」と「広尾アパートメント」 | 乾久美子

Expansion from Negation: 'OKUMURA-SAN NO ONASU' and 'Hiro-o Apartment' | Inui Kumiko

最近「広尾アパートメント」というプロジェクトが着工した。場所は六本木通りを広尾側にすこし入ったところで、周辺は暮らしぶりが想像つかないほど巨大な住宅と、裕福そうなマンションがぱらぱらと散在していて、のこりは敷地めいっぱいに建つ小さな住宅でうまっている。敷地はものすごく小さい(幅八メートル×奥行き六メートル)。その中に専...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.31-32