RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

グローバリゼーションの時代

サスキア サッセン, Saskia Sassen、伊豫谷 登士翁(編集)
平凡社、1999年5月1日、221ページ
ISBN=4582841910

> 10+1 DATABASE内「グローバリゼーションの時代」検索結果 (6件)

[建築を拓くメディア]

建築と思想の離接について:四つの系をめぐる八つのキーワード | 南泰裕

Disjunction of Architecture and Idea: The Eight Keywords for Four Systems | Minami Yasuhiro

...あるサスキア・サッセン編著による『グローバリゼーションの時代──国家主権のゆくえ』(伊豫谷登... ...る。 4──サスキア・サッセン編著『グローバリゼーションの時代』5──アントニオ・ネグリ+マイケ...

『10+1』 No.38 (建築と書物──読むこと、書くこと、つくること) | pp.106-110

[1990年代以降の建築・都市 3]

反フラット建築論に抗して | 五十嵐太郎

Agaist Anti-Flat Architecture | Igarashi Taro

フラット派批判 昨年末、飯島洋一が「反フラット論──『崩壊』の後で 2」という文章を発表した★一。この論は世界貿易センタービルの破壊に触れて、スーパーフラットの...図せざる共犯関係を指摘する。まず、グローバリゼーションの時代において資本は顔の見えない存在で...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.142-153

[Urban Tribal Studies 1]

アーバン・トライブとは何か?──グローバリゼーションとトライバリゼーションの往還の地平 | 上野俊哉

What Is Urban Tribe ?: The Interactive Horizons of Globalization and Tribalization | Ueno Toshiya

文化研究やメディア研究、都市研究の現状に満足できない者として、ここに別の視点からの提案をしてみたいと思う。いま、なぜ文化研究の状況に不満を感じるかについてはここ...比較的一般的なものであり、それは「グローバリゼーションの時代と社会は同時に部族化(tribalization)...

『10+1』 No.13 (メディア都市の地政学) | pp.225-234

[資料]

コンパクトシティを考察するためのブックガイド | 岡部友彦坂口祐山雄和真

Book Guide for Studying Compact City | Okabe Tomohiko, Sakaguchi Yu, Yamao Kazuma

古典 「EKISTICS - Science of Human Settle-ments」を主体とするドクシアディスの都市論をまとめたもの。体系的な科学としての...ている。[O] サスキア・サッセン『グローバリゼーションの時代』伊豫谷登士翁訳、平凡社選書、1999...

『10+1』 No.31 (コンパクトシティ・スタディ) | pp.165-168

[論考]

無印な風景──九〇年代、OMA/レム・コールハースのアーバニズム | 上原雄史

Generic Landscape: The Urbanism of OMA/Rem Koolhaas, 90s | Uehara Yushi

OMA(Office for Metropolitan Architecture)は、著作・建築・都市などジャンルを超えた創造活動を行なう建築家組織だ。彼らは、...1996. ★一〇──サスキア・サッセン『グローバリゼーションの時代──国家主権のゆくえ』(伊豫谷登...

『10+1』 No.19 (都市/建築クロニクル 1990-2000) | pp.165-172

[連載 7]

思想史的連関におけるル・コルビュジエ──一九三〇年代を中心に 7 | 八束はじめ

Le Corbusier in Relation to the History of Inteligence: The 1930s 7 | Yatsuka Hajime

16 一致することと相違すること 前回では「アテネ憲章」がCIAMの内部での総決算などではなく、ル・コルビュジエ個人のヴィジョンとしての側面が強かったことを見、...あり、「ジェネリックなものとしてのグローバリゼーションの時代に世界が描写された都市計画のシナ...

『10+1』 No.44 (藤森照信 方法としての歩く、見る、語る。) | pp.177-190