RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO
>

越後松之山「森の学校」キョロロ (エチゴマツノヤマ「モリノガッコウ」キョロロ)

手塚貴晴、手塚由比
研修施設|2003年

> 10+1 DATABASE内「越後松之山「森の学校」キョロロ」検索結果 (4件)

[自然─環境]

2:手塚建築研究所《越後松之山「森の学校」キョロロ》──ランドアーキテクチャー | 柳沢潤

Tezuka Architects, "Echigo-Matusnoyama Natural Science Museum "Kyo-roro'": Landarchitecture | Yanagisawa Jun

...と定義しておこう。 筆者作成  《越後松之山「森の学校」キョロロ》(以下《キョロロ》)はまさに... ...のではなかろうか[図4]。 4──《越後松之山「森の学校」キョロロ》筆者撮影「ランドスケープ(風...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.152-155

[鼎談]

建築の技法──つくることの楽しさへ | 今村創平南泰裕山本想太郎

The Art of Architecture: Pleasure of Creation | Imamura Sohei, Minami Yasuhiro, Yamamoto Sotaro

なぜ「技法」なのか? 今村──今回の「建築の技法」という特集は、建築について語る時、建築家によるコンセプトにそのまま寄り掛かるのではなく、また建築の技術について...倫理研究所》 ・手塚建築研究所《越後松之山「森の学校」キョロロ》 ・難波和彦《箱の家83》 ・苫田ダ...

『10+1』 No.35 (建築の技法──19の建築的冒険) | pp.72-87

[ポスト・ストラクチャリズムの建築 2]

観念的建築空間の不可能性、不可避性 | 丸山洋志

Impossibility and Inevitability of Ideal Architectural Space | Maruyama Hiroshi

ポスト構造主義の建築とは、建築言語における時間の空間化に向かうレトリカルな実践である……前回このように記したが、賢明なる読者は気づいている(何人かは、何をバカ言...く、実際に経験を通して語れるのは手塚貴晴・手塚由比両氏の作品ぐらいなものである。その彼らの作...

『10+1』 No.27 (建築的/アート的) | pp.21-23

[1990年代以降の建築・都市 6]

九坪ハウス考 | 五十嵐太郎

On "Kyutsubo House" | Igarashi Taro

...五十嵐久枝、小泉誠、佐々木龍郎、手塚貴晴+手塚由比、西森陸雄、橋本夕紀夫、山本健太郎である。... ...もっともルールを破っていたのが、手塚貴晴+手塚由比の《LGS Kit House》だ[図17]。組立てキットハウ...

『10+1』 No.30 (都市プロジェクト・スタディ) | pp.184-193

>10+1編集部推薦

関連画像

flickr, by demu

flickr, by demu