RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.14>ARTICLE

>
二元論と反復と逸脱の作法──戦後建築ジャーナリズムに見る建築批評の構図 | 田中禎彦
Forms of Binarism, Reiteration, and Deviation: Architectural Criticism in Post-War Architectural Journalism | Sadahiko Tanaka
掲載『10+1』 No.14 (現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築) pp.95-97

公開を制限しています

>田中禎彦(タナカ サダヒコ)

1969年生
近代建築史。

>『10+1』 No.14

特集=現代建築批評の方法──身体/ジェンダー/建築