RUN BY LIXIL Publishingheader patron logo deviderLIXIL Corporation LOGO

HOME>BACKNUMBER>『10+1』 No.22>ARTICLE

>
表現することの方法と基準をめぐって──仮構の記述 | 南泰裕
On the Methodology and Criteria of Representation:A Description of Hypothetical Construction | Minami Yasuhiro
掲載『10+1』 No.22 (建築2001──40のナビゲーション) pp.210-220

公開を制限しています

>南泰裕(ミナミ・ヤスヒロ)

1967年生
アトリエ・アンプレックス主宰、国士舘大学理工学部准教授。建築家。

>『10+1』 No.22

特集=建築2001──40のナビゲーション